今だから話せるウルトラクイズ裏話

17年にわたって放送された「アメリカ横断ウルトラクイズ」。構成作家として最初から最後まで関わってきました。放送出来なかったエピソードや裏話を思い出すままに綴っていこうと思います。


テーマ:
メリカ横断ウルトラクイズの第12回がCSのファミリー劇場で、再放送されました。
その番宣番組として「今だから話せる裏話」という、10分ほどの短い番組が3本作られ放送されました。
その第2話で、当時の美術スタッフの黒木遠志さんが出演した時のエピソードで「黄色のハットが立たない」というエピソードを紹介しましたが、番組の中ではその顛末が良く理解出来ないうちに、別の話に変わってしまい、そのエピソードをもっと解りやすく紹介して欲しいというリクエストが私のブログにありました。

こで、私の知る限りの思い出を書いてみたいと思います。
この事件が起こったのは第14回でした。
この回は、アメリカ大陸を西海岸から東海岸まで、全ての行程を車で移動してクイズを行うというスタッフにとっては体力的に一番ハードな回でした。
その中の3番目のチェックポイントがソルトレークシティーでした。
この地はその昔、大陸横断鉄道が東西から工事を開始し、中間点でドッキングした記念するべき場所だったのです。

大陸横断鉄道


ところでアメリカの貨物列車は日本と違って運行が実に不定期なのです。
1日に2~3本しか走らない時もあれば、10数本立て続けに走るなどバラバラなのです。

しかも、車両が50輌、60輌、中には100輌と言ったように長ーいのが特徴です。
距離にすると延々1km以上もある車両がガッタン、ゴットン時間をかけて走って行きます。
踏切でこの様な列車に遭遇したら、通過するまでどのくらい待たされるか解りません。
我々はこの長い貨車を使ってクイズを行う事にしました。
題して「空席待ち列車タイムショック・クイズ」です。

大陸横断鉄道の線路の脇に、早押し解答台が3台用意され、あらかじめ並ぶ順位を決め12人の挑戦者が3列に並びます。
そして大陸横断鉄道の先頭車両が目の前を通過した瞬間にクイズが開始され最後尾の車両が通過し終わった時点で終了します。
この間に先頭の3人がクイズに回答し、誰か1人が正解すると残りの2人は席を離れて最後尾に並ばなければなりません。
この様に回答権が次々と後ろの人にバトンタッチされ、列車が通過し終わるまでに何問正解するかが競われます。
その間の総合得点で、成績の悪い2人が敗者になるというルールでした。

大陸横断鉄道2


我々スタッフは全ての準備を終え、後は列車の到着を待つ体制に入っていました。
何時、列車がやって来るのかは鉄道会社に問い合わせても正確な時間は解りません。
そこで耳を線路に押し付けて、線路の音でそろそろやって来るだろうと待ち構えていました。
かすかに線路に振動が伝わってきたので、間もなく列車がやって来るだろうと判断したその時です。

「そろそろ始まるので最終確認!」
という声が響きました。
そこで、ウルトラ・ハットの電源は通じているか最後のテストが始まったのです。
すると美術スタッフのS君が、真っ青な顔で絶叫しました。
「黄色のハットが立ちません!」
「バカヤロー!それじゃクイズが出来ないぞー」
本番前にウルトラハットの調子が悪くなるなどという事は、過去13年間に1度もあった試しがありません。
美術スタッフは総出で配線のチェックを始めたのですが、別に不具合も無いようなのです。

「間もなく列車がやって来まーす!」
線路の振動は次第に大きくなってきました。
「S! どうするんだ? 別のハットに交換しろ!」
と叫んだところで、そのような時間はありません。
可愛そうにS君は全スタッフの冷たい視線を浴び、オロオロするばかり。
結局、寸前でハットの不具合が解消して、クイズは通常通り実施されました。

もし、このまま立たなければ、クイズは中止せざるを得ませんでした。
列車はその後いつやって来るか全くわからないのですから、その責任は美術班にやって来るでしょう。
これを称して、ウルトラの美術班では
「黄色いハットが立たない」
という言葉が、呪いの言葉になったのだそうです。
黄色と言えば「幸福の黄色いハンカチ」という高倉健さん、倍賞千恵子さんの名作映画が思い浮かびます。
黄色は幸せの色、とばかり思っていましたが呪いの色とは黄色にとっては迷惑な話です。

大声クイズ

AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

tsutomuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。