ウルトラ再放送のニュースです | 今だから話せるウルトラクイズ裏話

今だから話せるウルトラクイズ裏話

17年にわたって放送された「アメリカ横断ウルトラクイズ」。構成作家として最初から最後まで関わってきました。放送出来なかったエピソードや裏話を思い出すままに綴っていこうと思います。


テーマ:
メリカ横断ウルトラクイズは70年代の後半に始まって、17年間に亘って放送された番組です。
番組が終了してすでに20年以上も経っている番組ですが、何と未だに番組を懐かしんで下さる方、また番組は見た事が無いけれども、噂で聞いて興味を持って下さる方が実に多いので驚かされています。
番組の最初から最後まで、スタッフとして関わった私がブログを書き始めて、その反響の凄さに一番びっくりしています。
この様な古い番組、新しい物が好きなテレビ視聴者から見れば骨董品のような昔の番組の話を書いて、どれだけの方が興味を持って下さるか、全く予想外の反響に仰天です。
改めて、あの番組の持つパワーの凄さを再確認させられました。

の様に話題の番組が、何故日本テレビで再放送されないのか、不思議に思っていました。実は、日本テレビでも、現在の社員の方達が理解していないのかなあ、と思っていたらそうでもなかったようです。
何故なら数年前からウルトラクイズのグッズが発売されたり、ウルトラ関連のイベントが開かれたり、静かな動きがありました。
そして、今度は他のCS放送で再放送が決まったのです。

ロゴ


これはすでに挑戦者のブログで発表されていますので、ご存じの方も多いと思いますが、詳しくお伝えしたいと思います。
実は4月30日に、私もCSファミリー劇場の担当プロデューサーに招かれて、番組の打ち合わせに参加いたしました。
というのは、ウルトラクイズ第12回本編の他、番組宣伝のための、座談会番組が3本制作され、その内の1本に私も出演する事になったのです。
他の2本は、ウルトラハットを制作した美術スタッフ、それに12回の挑戦者の皆さん数名で、司会は小倉淳さんで、これから収録されます。

放送媒体は、CSファミリー劇場です。
放送日は2014年6月から1年間(放送回数は期限内無制限)つまり、第12回が何回か放送されるというお話です。
おそらく、反響次第で他の回も放送の可能性があるのでしょう。
では、何故再放送が第12回なのか、という疑問が湧いてくると思います。
第12回は北極圏から南極圏まで、南北アメリカ大陸縦断という破天荒な企画でした。
それで、選ばれたのかと思いましたが、実はもっと別の理由があったのですね。

年は、ワールドカップサッカー、ブラジル大会が行われます。
世界の目がブラジルに向かうので、ブラジルを舞台にしたウルトラクイズは12回だったので、それが理由だったのです。


テレビは常に世の中の動きに敏感な業界なので、この理由は多くの人が納得すると思います。
6月からスカパー「ファミリー劇場」で再放送される第12回「アメリカ横断ウルトラクイズ」、どうぞご期待ください。
今日は番組宣伝 でした。

tsutomuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス