なおちんのキン消しバカ一代準備室

ブログの説明を入力します。


テーマ:

おひさでございます。

シルバーマンは絶賛製作中ということでご勘弁を。


今回は久しぶりにキン消しネタをまとめておきます。本来ならHPに載せる内容なんですがまあ雑文でお目汚しを。


さてキン消しは通常肌色、赤、青、黄色、緑の基本五色の商品であり後の段において様々なイレギュラーカラーが挿入された、ことになってるんですけど実は本弾パート1は新発売時においてのちの基本五色とは異なっていました。


のちの人気カラーである肌色は透明感のある硬質素材のみであり

赤、青、黄色、緑の4色に加えカーキベージュ(北斗の拳消しのカラー)もスタンダードカラーとして挿入されていたようなのです。


このことに気づいたのはHPを立ち上げてほどなくの頃だったんですが掲示板で話題にした記憶がありますが記事として残してはいません。


「シリーズ当初の肌色は硬質塩ビだった」という投稿が話の端緒でした。

なかなか確認ができない話だったんですが当時彩色した自分の当時ものコレクションはあきらかに初版弾で入手したものだったことを思い出しまして、

その塗膜を剥がしてみるとなんと肌色硬質塩ビ、カーキベージュの消しが現れた、のです。


のちの人気カラーである肌色旧素材が当初はなかったことはショックなことなんですが

よくよく考えてみればキン肉マン以前の人気タイトルDrスランプにおいて肌色は全て透明感ある硬質塩ビなのです。

Drスランプにおいて肌色は、地を生かして彩色を楽しむ成型色として想定されていたようですから

キン肉マンにおいても当初彩色を前提されていたのが肌色であり、それゆえ硬質塩ビ素材であったのではないかと思われます。


実はこの話、間接的に確認できる物証があります。

それはいわゆるチビ消し。とんとん相撲サイズのアレですね。

あのシリーズの当時ものをお持ちの方、肌色は硬質素材じゃありませんか?カーキベージュは混ざってませんか?

おそらくポピー製で20円同時発売であったであろうこのシリーズにその成型色が存在することが一つの証拠になろうかと思われます。


肌色硬質素材のキン消し。実はもう一つ当時の商品があります。

店頭売りのプラケースに入ったキン消しセット商品なんですがバンダイ製ではなくポピーのブランドで発売されています。

ポピーがバンダイに完全統合されて商品からその名を消すのはキン肉マンのアニメ放送開始前後のことですからこの商品は最初期に世にでた商品ということになります。


さて試行錯誤が垣間見える本弾パート1。

その台紙(ディスプレイ)も変則的で3種確認されています。

おそらく主要都市での先行販売用と全国販売版、であろうということまでは推測できるのですがもう一種がよく判りません。

管理番号は同一なのですがどうものちの再販用である可能性があるのです。

そのような弾の再販の事実が当時あるのか良く判りませんが、ともあれ現物が存在する以上いつかなにかわかるでしょう。


ということでGWでなければ書けない雑文でした。

興味ある方がいらっしゃれば画像も交えてHPでまとめます。

余談ですが肌色硬質塩ビ、パート1だけでなく2もそうだった、という証言もあるんですが確認が取れないため余談として留めておきます。


うーん。書いてて日本に何人くらい興味がある話なのかとても不安(汗)。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさまあけおめことよろでございます。

年末年始私にしては一気呵成の造形でしたので

ここいらでブログにもまとめさせて頂きます。


私のこのモチベーションの高さ、尋常じゃありません(笑)。

みなさん御同様だと思いますが今回のシリーズ、

シルバーマンがどうやって復活するかワクワクしていました。

旧シリーズではスグルの肉体を借りて肉声を出していたので

実体化には憑代になる超人が必要でキン肉族ならなおよしみたいな。

そうするとキン肉星にはアタルがいるはずで

アタルがマスクを被ることでシルバーマンが実体化する、とか。

まあ実際はプロセスすっ飛ばしましたけど(笑)。


そもそもシルバーマンをとりまく始祖たちが印象的です。

ミラージュマンのみならずサイコマンが恋する乙女状態。

このフリだとサイコマンvsシルバーマン近しですね♪


という訳で個人的にもたいへん盛り上がっております。

登場のインパクトが残ってるうちに造形してしまおう、というのが眼目。




ネット連載時点ではプリントするしかありません・・・。





マスクの造形時の画像。

額に「銀」を造形するのでアタマはやや大き目に造ってます。

とはいえこれがスタンダードなキン消しバランス。




ショルダーを盛ります。

ゆで先生の画稿を拝見するにこの程度の太さが

適当だと判断していてあとは微調整ぐらいだと考えていましたが・・・



正面から見ると全然細い。この画像ではさらに外側に盛り足してますが

上にも盛り足して1.5倍ぐらい盛り足さないとバランス悪い。


カラダに対しては最初の太さで充分なんですけど

アタマがデカいのがキン消しなんでアタマに併せてデカく太く調整します。


そうすると必然的に腕も当初の骨格から外に太く張出していくことになります。






この二枚が盛りっぱなし状態。

次がカリカリ削って整えた画像。現時点です。



あ、盾忘れてました。まあ腕の状態が判りやすいしOK。


このあと最難関であるローマの剣闘士風の腕、スネ飾りを造形します。

あの交差デザインが二連続く模様は圧縮されたキン消しの手足には酷なんですが

どうにかならないか試してみます。

デザイン上手足バラバラにしないといけないんで

暫く過程はお見せできないかも。

バラバラの状態って想定した影が出来ないので写真撮影しても

良く判らない画像になっちゃうんです。


それではあと一時間強で「キン肉マン」が更新されます。

シルバーマンがマントを脱いでくれると嬉しいんですけど。

リングに上がるまではそのままでしょうか・・・。

マフラーをフライング造形しちゃおうかなー。


という訳でまた次回!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

レリーフで武道の字が収まるか懸念してましたが

何とか読める字で収まりました。


まずは写真から。









結局担ぎポーズにしました。

おさまりイイみたいですね♪











防具の前垂れ自体の大きさは変えていないんですが

縁取りのワクを造形したため

厚み分外に張り出しています。

その結果前垂れと袴のラインが繋がらなくなってしまいました。

袴の外側に若干薄く盛り足す必要があるような。


というわけで武道の山はひとまず越えました。

このあとは微調整になりますー。


さて武道ができるとラージナンバーズの

初期メンバーを揃えたくなりました。

そろそろ彼らに再びスポットを当ててみたいと思います。

その前に始祖最後の一人ですかね?ニャガニャガ。

頑張れ私。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。