後輩に指導しているのか?教育をしているのか?

 

何気ない教え方ですが意味が違います。

 

薬のことから少しズレますが、社会人薬剤師に「教える」をテーマにした記事を書いてみます。

 

薬剤師にも認定制度があります。

通常、認定薬剤師になって、専門・指導薬剤師になるというのが一連の流れです。

認定薬剤師と専門・指導薬剤師の規約上の大きな差は論文発表をしているか?していないか?の話になります。

しかし指導薬剤師には認定薬剤師の育成・指導まで求められています。

 

よく考えてみると、教育薬剤師とは言われませんね。

 

指導と教育は似た意味合いで使われる事もありますが、実際には意味が異なります。

 

教育が主に使われる場面は義務教育・学校教育など学校・教育期間で使用されることが多いですね。つまり学生を対象としています。

 

指導は義務指導とか言われないですね。義務教育過程で指導というワードはあまり聞かないかも知れません。

 

ただ予備校になると個別指導とか指導というワードがちらほら出てきます。

 

また、社会人になると後輩をきちんと指導してくれ、企業理念を達成するためにしっかり指導していこう。などと言われることがあると思います。

 

では、指導と教育は何が違うか?

指導:ある目的・方向に向かって教え導くこと。

教育:教えて知能をつけること。

 

指導には明確な目的がありますが、教育には明確な目的はないです。一般教養を教えて知識をつけさせることが義務教育ですが、明確な目的は?と言われると大学に行きたい人もいればスポーツ選手になりたい人など人ぞれぞれで明確な目的はありません。

 

予備校で行う指導とは、明確な目的があります。それが大学合格です。

また、指導において重要なことは、指導する側(指導者)と指導される側で明確な目的・目標が一致しており、協働してその目的を達成していくことです。

予備校であれば塾教師も学生も大学合格という明確な目的に向かって頑張っていきますね。

だから、大学合格したときに予備校の先生も学生も嬉しいでしょうね。

 

では社会ではどうでしょうか?

社会の目的・目標はいろいろあります。

病院薬剤師の社会で働く上の目的は、

①国・社会が望む薬剤師の専門性・目標を達成すること。

②各施設の理念、薬剤部の理念を達成すること。

③個人目標を達成すること。

の3つになります(通常企業では①と②はほぼ同じ内容になってくると思います)

 

②に出てきた理念とはなんでしょうか?

理念:事業・計画などの根底にある根本的な考え方

つまり理念はその企業が達成すべき目的をまとめたものです。

 

社会人として最も重要なことは、理念を達成することです。

 

理念がない企業、各社員が理念を理解していない企業は企業としては成立しません。

 

なので、社会においては理念(目的)を指導するために指導が必要となります。

 

後輩に教えるときには理念を達成できる後輩を育てるために指導する必要があります。なので理念を理解していない人は社会において本来は指導者にはなれません

社会においては明確な理念・会社目標を達成することが最重要です。

 

病院薬剤師の理念はおそらく以下の4点が多いと思います。

①pharmaceutical care(薬剤師の視点から患者QOLの改善)を実践する。

②地域医療を支える。(薬薬連携)

③理念を実行できる薬剤師の育成・指導を行う。

④上記を通じて病院経営に貢献していく。

 

今、後輩に教えていることで上記の理念を達成できますか?

 

何度か講演の機会をいただいておりますが、自施設の薬剤師以外に教えるときには、例え施設が違ど上記の理念を達成できる一つのきっかけとなれるような内容を目指して話しています。

 

ただ、指導者と指導される側(後輩)がともにコミュニケーションを取り、理念の達成を協働して行う環境がないと指導が成立しなくなります。

 

指導者が頑張っても後輩があまり理解してくれない。

自分(後輩)はやる気があるのに、指導者側の指導が十分ではない。

指導者を指導する人がいない。つまり代々同じレベルで指導を実施するという習慣がない、または指導者の育成が行えていない。

などなど、本来の指導が成立することは実は非常に難しいです。

 

ただ、企業の理念以外にも個人的な目標もあると思います。

認定取りたい、この領域に関わりたなど・・・

企業の理念ほど大きなものではないですが、目標の達成には重要なことです。指導者も後輩も後輩が認定と取得したなど個人目標が達成できれば嬉しいものです。

 

指導は非常に難しいことです。

指導と教育の違いについて書いてみましたが、

後輩に教えているときに少し意識すると何かが変わって面白いかも知れません。

 

以上です。

 

ランキングに参加しています。クリックお願いします。

 


薬剤師ランキング

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村