移ろい行く季節に思う。

テーマ:
皆様、お疲れ様です!


ご無沙汰しております。
皆様、お変わりありませんか?


久々のブログ、今感じることを書いてみたいと思います。


文章を書き始めて日付を確認して気がついたのですが、今日は3月9日なんですね。この数字を見ると今の時期が卒業シーズンであることを改めて感じます。


咲いては散り、散っては咲く。出会っては別れ、別れては出会う。
この時期が一番、自然と人間との関わりの深さを感じるというか、、、人間も、生きとし生けるものとして自然の秩序の中に生きていることを実感させられる気がします。


物事には
変えていくもの、変わっていくもの、変えてはいけないもの、変わらないものがある。


季節を通じて、移ろい行く「時」を見つめたとき、人生の先輩から教わったこんな言葉が頭に浮かびます。


季節に出会い人に出会っても、あるいは出会わなくても、また逆に季節に別れ人に別れても、あるいは別れなくても、その現象に対して何かを感じたり考えたりして前を向いたときに必ず出会うのは、「新たな自分」です。
そんなことを思うと、自分の命を含めた全ての存在に感謝したい気持ちが込み上げます。


そしてこれから先また新たな自分に出会うチャンスが沢山待っていると思うと、ワクワクしてなりません。


また、このワクワクをエネルギーにして人をワクワクさせる人間になれるように頑張りたいと思います。


皆様とも、常に、新たに出会った新たな自分で出会いたいと思っています。


これからも宜しくお願い致します!


写真は、先月大阪松竹座で勤めさせていただいた「連獅子」の仔獅子です。


{D708B3F8-D57B-4A27-80F0-E9F9C5C71929}


いつも有難うございます!