ぼくたちに、ユノが必要ないわけがない。

テーマ:

 

 

 

 

あんにょん。

 

 

結乃です。

 

 

 

 

 

{9B27DB40-F9E7-40E8-8641-63D35A9360E6}

 

 

 

 

 

 

 

 

チャンミンの今日のインスタ。

 

 

 

何とも言えない感情になった…。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、その…

 

チャンミンがあげてた本。

 

 

 

 

 

仕事帰りにインスタを見てその足で本屋へ直行。

 

 

 

 

 

購入。

 

 

 

 

 

 

 

そして読み終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうね、、、この本は

 

 

 

 

 

 

買ったほうがいい。

 







もとい、








読んだほうがいい。


マ ジ で 。








 









 

本も一期一会。

 

 

 

 

 

いくら良書でも読者側の読むタイミングによって

 

「響く、響かない」があると思うから

 

 

 

自分で読んで

 

いい!と思った本を薦めるのって難しかったりする。

 

 

 

だけど!

 

 

 

 

 

今の…

 

 

 

 

少なくとも私のこのブログを読んでくださってる読者様には

 

 

 

「響く」と思う。

 

 

 

 

 

チャンミンの人間性を垣間見た気がした。

 

 

 

 

そして

 

読んでるとユノさんを思い浮かべること何度か。

(空目じゃないよ←)

 

 

 

 

 

それに…

 

 

 

海外で翻訳されてる本は

 

良書なので胸を張ってお勧めします。

 

 

 

 

…しかもこちらの本は

 

去年出版されてもう韓国語に訳されてる…。

 

 

 

 

 

 

{93C39CA7-3926-4C8E-B7F8-E05E135F90E3}

 

 

 

なんだけど、海外のものを訳してあるものは、

 

やっぱり国の背景があったりするから

 

自分には「う~~ん…」てこともある。

 

 

 

 

だけど逆にそれでも

 

「心が浄化される」と

 

この本を紹介してくれたチャンミンの気持ちを考えると

 

胸がギュッとなります。

 

 

 

 

 

いったいどこまで

 

日本のファンに寄り添おうとしてくれてるのか…(泣)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日のタイトル。

 

 

 

 

 

前記事であんなタイトルを自分でつけたくせに

 

 

なんだか…

 

 

 

「打ち消さねば」と思っちゃって。

 

 

 

 

 

 

 

そのユノのことなんだけど、

 

 

ユノは…ビギアゲのライブで

 

 

 

「みなさんは僕たちのプライドです!」って

 

言ってくれたんだよね。

 

 

 

 

今の韓国での人気を考えると

 

ユノがユノであるため…

 

 

ユノが東方神起であるためには

 

 

私たちビギ…日本のファンがいなければ

 

「東方神起」としての活動が難しくなると思っているんじゃないかなと。

 

 

 

 

それだからの

 

「東方神起を守ってください。

 

そしたら皆さんをまもるから。」

 

なのかなって。

 

 

 

 

 

こんな事態を予測してたとは言わないけど

 

 

 

 

ユノとチャンミンが

 

 

今まで背負ってきたもの

 

 

これからも背負っていくもの…

 

 

 

 

想像を絶するなとふと思ったんです。

 

 

 

 

 

 

 

私にとっての東方神起は

 

ユノとチャンミンへの想いは

 

 

 

昔の

「お願いだからこれからあうことができなくたっていいから生きて。」って思ったことが

 

心の奥底の底辺にあるから…

(いや、、、ユノとチャミに「生きて。」は、今思うとゴメンナサイ!って感じだけど。)

 

 

 

 

 

まあ、

 

だから何があってもファンをやめるって観念はないと思ってる。

 

 

だけどファンでいられる…活動を応援できるのは

 

 

そんなの当たり前と思うかもだけど

 

ユノとチャンミンが東方神起として活動できなければ

 

応援もできなくなるんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんなことが起きるたび、

 

 

 

考えれば考えるほど、

 

トンへの想いを再確認して

 

さらに思いが強くなるっていう状態を繰り返してる。

 

 

 

 

 

皮肉なことに、いろんなことが起きるたび

 

 

ふたりはどんどん「強く」なっている気がしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

…って、

 

なんだか押しつけがましく聞こえてたらゴメンナサイ。

(ほんと、、、だからなんだって話ですよね。)

 

 

 

 

 

 で…

(もうちょっとだけ続きます。)

 

 

 

昨日の話にも通じるんですけど

 

 

 

やっぱり

 

東方神起でいてくれてありがとう。って

 

結乃は思うんですよ。

 

 

 

 

韓国でも日本でも人気絶頂だった頃より

 

今の状態を考えるとどう考えても…。

 

 

 

それなのに、

「もっともっと」と欲が出てきちゃうのことも多いのが人間なのに

 

 

それに慣れず、

 

 

飽きずに

 

東方神起でいてくれて。

 

 

 

 

それでもって

 

今日のそのチャンミンの読んだ本です。

 

 

 

 

 

この本をチャンミンが読んだかと思ったら…

 

 

ちょっと安心もできた。

 

 

 

安心…というか

 

日本のファンへの想いに嘘はないんじゃないかっていう

 

自分の中の気持ちの裏付けかもしれないけど。

 

 

 

 

 

 

 

ユノは…

 

 

 

 

 

今何を思っているのかな?

 

 

 

いろいろ思い巡らせた結果、

 

 

やっぱり私は

 

日産で

 

ユノの想いを自分なりに受け止められればいいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

カムバでめちゃ熱くなってた自分はどっかへ行ってしまったけれど

 

 

 

 

 

 

 

静かにふたりを見守ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

{318AA0B8-7A54-4DBE-B4DC-27DCBA774DD0}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユノ…

 

 

 

 

ユノとチャミへの思い

 

ユノとチャミへの距離

 

 

 

 

 

人ぞれぞれでいいよね。

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

 

今日も結乃の想いを

読んでくださって

 

感謝いたします。