ぼくたちに、もうユノは必要ない。

テーマ:








あんにょん。




結乃です。









{8E71359F-2783-48DA-B1CA-DBBBBA6386E5}



過激なタイトル失礼しました。






タイトル、ここから引用致しました。

私が最近読んだ本。




⬇︎






{F21E6279-2DBC-48C2-BF65-60701FA0BC90}

何か悩み始めると何かを求めて本屋に行く結乃。
(何もない時でも本屋には行ってるけどw)


その答えを見つけたいわけじゃない時も多くて
全然関係ないものを買って帰ってきたりします。。。



で、ここ最近のこともあり

モヤモヤしながら
本屋に行ってふっと目に入ってきたんですよ。



え?!
「もう「ユノ」は必要ない」?!



2度見しましたよw


空目(空耳ではなく空目)もいいとこですよね。



だけど手にとってパラパラすると面白かったので
お持ち帰りしました。






お持ち帰りして読んだのはいいけど




本の文中にでてくる

「モノ」という単語を

何度「ユノ」に空目したことかw





もうこれは病ですよね(笑)








すみません、

前置きが長くなりました。
(前置きだったんかい)









今回のモヤモヤ…




私の中でぎゅっと、

こんがらがってしまっていた糸を緩めてくれたのは

親友が教えてくれた…

チャミちゃんの桜のインスタの件でした。



#용서해주세요
「許してください」




これがMVのことを指してるのか
そうでないのか。


真実はわからないけれど。







わからないけれど

気になったので調べました。




용서해주세요の「용서」は

「許し」という名詞なんですが



この単語に当てはまる漢字が

「容恕」

だそうです。
(韓国語にも漢字語があります。
…というかハングルができる前までは漢字しか使ってなかったんですよね。)







この「恕」は




他人の立場や心情を察すること。

また、その気持ち。思いやり。

とがめず思いやりを持って許すこと。


という意味があるそうです。




韓国語での「용서해주세요」は

日本語では

「許して下さい」

に訳されるのかもしれないけれど




自分たちの使っている感覚とはまた違ったニュアンスの言葉なのかもしれません。





「言葉は文化」と何かの本で読んだけど



ほんとに…



言葉を学ぶのにはその国の文化、

背景を知らないと

いけないなと改めて思いました。







あと…




少し気持ちが冷静になってから
気がついたんですけど

チャミちゃんの桜のインスタ、

反転してますよね?


本当はこうだったかと。







⬇︎







{E55C8E54-4D98-4892-A455-CF1FE0758DFA}








{4CB95CB8-80C4-45E5-9E25-1B8AF00341DC}

何で反転させたのかな?



それこそ


そんなのわからないよ!


って感じだけど。







チャンミンのことだからもしかしたら…

何か意味してのことかな?


なーんて深読みしすぎる結乃は思ってます。









そうそう、




私の読んだその


「ぼくたちに、もうモノは必要ない」ですが、



なんで人は
モノを次から次へと買ってしまうかというと

「飽きて」しまうからと。




その飽きることに唯一対処できることが

「感謝すること」。



そして感謝することは

「肯定すること」なのだと。



コップに水が半分入ってたとして

半分「もある」と思うか、

半分「しかない」と思うか。






実は結乃、

すごく飽きっぽいですよ。



その私がなぜ9年もずっとトンを好きでいられたか。





東方神起でいてくれてありがとう。



日本語を勉強してくれて
日本を理解してくれてありがとう。



素敵な歌をありがとう。



命を削るパフォーマンスをありがとう。




きっとずっと感謝してきたから



2人が感謝させてくれるような

尊敬できる人であったからかな。







またユノもチャミも考えたら

いつも感謝の言葉を忘れないんですよね。
(しかも90度のお辞儀付き)




どんなにファンが増えようとも


大きなキャパでできるぐらい

どんなに人気が出ようとも

いつも感謝してくれた。



感謝するどころか

嫌な思いもたくさんしてきただろうに。









今回の件で、

まだモヤモヤしてる方も
大勢いらっしゃるかもしれない。




だけど私は今、

ユノチャミに

こう伝えたい。











ユノ、


チャンミン、



「飽きずに」

東方神起でいてくれて

ありがとう。