2品目。

 

非常食用にストックしてあるカップラーメンの賞味期限がもう間もなくだったので、本日食べてしまうことにしました。

 

それがこちら。

 

 

日清食品 カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム。昨年の秋ごろに販売されたような気がします。このシリーズにはもう一つ、フカヒレを使ったバージョンがあって、それは過去に実食済み(その時の記事はこちら)。クリームというから洋風なのでしょうが、そこで何故に「松茸」なのか、激しく疑問に思いながら買ってみました。

 

 

カップの側面です。「3種のチーズを加えた濃厚なホワイトクリームスープに "松茸" の芳醇な薫りが特長の香味油を加えることで、『カップヌードル』史上最高級の贅沢な味わいをお楽しみいただけます。」との事。

 

 

調理前はこんな感じ。フィリーズドライされた茸の軸のようなものが見えます。

 

 

3分後。いい感じにふやけていて、かなーりチープな、人工的な松茸の香りが結構します。永〇園の松茸のお吸い物とまではいきませんが、あれに近い香りです。具材は茸以外はブロッコリーも入っていて、お野菜のみでたっぷり。肉系のものは見当たらず、そういった意味ではちょっとヘルシーかも。

 

 

別添えの香味油。食べる直前にかけてください、という指示あり。

 

 

かけてみました。もっと強烈に松茸の香りがするかと思ったのですが、意外と抑え目でした。準備は整ったし、さて、お味はどうかな?

 

では、実食!!

 

 

麺のアップです。麺は通常のカップヌードルと同じです。食べてみると、クリームスープはかなりドロッととろみのある仕上がりなので、麺とよく絡みました。ポタージュよりも濃度はなく、スープパスタのスープよりもトロっとしていました。最近はやりのベジポタラーメンぐらいかもしれません。

 

スープはチーズが使われているので、肉系のものが入っていなくても、きのこなどのうまみがあるので、美味しく仕上がっています。その分、塩分は強めですが、そもそもカップラーメン自体が塩分高めなので、まあ、いいか、と。

 

生クリーム系よりも牛乳系の方に近いので、それほどコッテリとはしていないので、クリーム系のパスタよりも重たさはなく、そこはラーメンなのかな、と思いました。

 

でも、クリーム系なのに松茸・・・。なんで松茸にしたんだろう??ポルチーニとか、トリュフの方が全然合うのに、あえて松茸をチョイスした意味がわからない・・・。いや、松茸でも思ったほど合わなくはなかったですが、ベストかと言われると、そこは微妙で・・・。

 

松茸はリッチだけど、このチープな松茸の香りと味わいを、果たして「リッチ」と言っていいのかどうか?何をもって「リッチ」とするのか、ちょっと悩んだ一品でした。

 

でも、面白い商品だったので、そういう意味では満足です。また面白そうなシリーズが出たら、食べてみようと思います。

 

さて、明日はブッフェ♪楽しみだな!!

 

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

 

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログ 冷菓子・アイスへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。ポチっと押していただけると嬉しいです。

 

↑お気に召していただけましたら、読者登録をぜひ♪

AD

ようやく寒さが一段落して、少し春っぽさが感じられた一日。夜から風が出てきたけれど、今のところは冷たくなかったので助かりました。でも、また明日には冬に逆戻り。長続きしないですね。

 

そんな中、所用のため武蔵小山へ。ついでに晩御飯もその周辺で食べることにしました。晩御飯を食べる時間帯にはほんとんどいないエリア。何を食べようか、色々とリサーチをしました。

 

明日がデザート系を含むガッツリ系になりそうなので、今日は軽めにしよう、とその辺りで模索。そういえば、ムサコはラーメン屋さんがなにげに多い、と思ったので、美味しそうなラーメンを食べることにしました。

 

そこで探していたら、元フレンチのシェフがラーメンを作っているという面白いお店を発見。興味が湧いたので、そのお店に行ってみることにしました。

 

向かったのは武蔵小山の駅から5、6分のところにある、麺や 一途。ラーメン屋さんにしては小洒落た外観で、「ラーメン」という幟がなければ、割烹屋さんと間違えてしまうような感じでした。

 

引き戸を開けて入店。カウンター席が15席前後でしょうか。端の席に誘導されました。

 

食券制ではなくオーダー式。テーブルに置かれたメニューを早速閲覧すると、ラーメンには女の子の名前みたいなものが付けられていて、一つずつラーメンの内容が事細かに書かれていました。確かにフレンチ出身というだけあって、その片鱗が見えるサレオツ系です。

 

どれもなかなか面白そうで悩みましたが、カレーうどんならぬ、カレーラーメンというものがあったので、それを食べてみることにして、他にサイドメニューなどをオーダーしました。

 

そうして待つ事5、6分。サイドメニューからではなく、いきなりラーメンからの登場でびっくりでしたが、それがこちら。

 

 

麺 途(みち)。「飴色になるまで炒めた玉葱の旨味とオリジナルブレンドして生まれたカレールー。カレー風味の麺です。カレールーをそのままではなく、フォンドボースープの中で溶かし込んでいくことによって味わい深いサラサラとした風味を味わえるラーメンです」との事。

 

着丼すると、カレーのいい香りがします。具はほうれん草、玉ねぎ、豚のチャーシュー×2、鶏チャーシュー×2と至ってシンプル。スパイシーな香りが食欲を刺激して、とっても美味しそう♪

 

では、実食!!

 

 

まずはスープから。レンゲが木のものなので、スープの色と同化してしまってちょっと色が分かりづらいですね。飲んでみると、スパイスがしっかりときいていますが、カレーライスほどの辛さはなく、ちょうどいい辛さです。カレーうどんよりもスパイスの辛さはマイルドでしょうかね。カレーうどんのようなドロッとしたスープではなく、サラサラしています。ベースが鶏ガラなどのスープではなくフォンドボーなので、コクが深いです。カレー風味のスープ、と言った感じで、とても上品。塩分も控えめなので、きっちり飲み干しても体に悪そうなことはなさそうでした。

 

 

麺のアップです。麺は細麺のストレート麺。つるんとした喉越しのいい麺です。サラサラ系のスープにこのストレート麺って大丈夫なの?と思いましたが、こちらが思う以上に、きちんと麺にスープが絡んでくれました。スープが上品で繊細なものなので、これぐらいの細い方がスープとあっていいですね。元々細麺が好きなので、これはとても好みでした。

 

豚のチャーシューは肉肉しさはあるものの、豚の臭みがなく、鶏チャーシューはしっとりとした仕上がりでどちらも美味しかったです。

 

ジャンキーなイメージのラーメンですが、こちらのは一つのお料理、といった感じのラーメンで、イタリアンのスープパスタとも違う、また別ジャンルのラーメンです。好みや賛否が分かれそうですが、これはこれでアリだなあ、と思いますし、美味しかったです。

 

 

ちなみにこちらはツレがオーダーした、有希という名前の味噌ラーメン。オリジナルブレンドの味噌ラーメンで、ちょっとクリーミーな味わいでした。味噌のパンチ力が控えめなので、コッテリ味噌ラーメンが好きな方には物足りないでしょうが、私はこういうタイプの味噌ラーメンの方が好きです。なにげにカレーのものよりもこちらの方がよかったかも。

 

そして、同時に怒涛の如くやって来たサイドメニューたち。

 

 

ベジー。「キャベツや白菜・もやし等と下味を加えた彩り野菜のセイロ蒸し。彩り野菜は出来てからのお楽しみです。人気の一品です。」との事。お野菜代わりにオーダーしました。お野菜はキャベツ、もやし、白菜、人参、ブロッコリー、カブ。ほどよい食感が残っていて、ほんのりと塩味がついていたのでそのままでも美味しく食べられましたが、スープの上に浮かべて食べたら、スープがドレッシング代わりになって、それはそれで美味しく食べられました。

 

 

フライドポテト。「麺や一途のフライドポテトは一味違います」との事。こう書かれてしまうとオーダーせずにはいられません。マック系の細いタイプのポテトで、揚げたてアツアツなのが嬉しい♪ほんのわずかに砂糖のような甘味を感じましたが、「一味違う」と豪語するほどではなく・・・。まあ、普通のフライドポテトでした。

 

 

天使の味玉。「白醤油で味付けしたポーチドエッグの味玉は白い味玉です。白くて天使みたいですね。と高評価をいただいております。売り切れごめんの味玉です。」との事。ラーメンに玉子がなかったので、しっかり追加。売り切れでなくてよかったです。ラーメンに乗せてちょっと温めました。

 

 

ガブっと断面です。ちょっとぼやけてしまってすみません・・。かなりの半熟加減で、黄身がとろーりと零れ落ちそうになりました。白醤油で漬け込まれているので、見た目は白いですが、ちゃんとお醤油の味がついていました。でも、しょっぱいほどではなく、ラーメンと一緒に食べてもちょうどいいぐらい。好みのゆで加減で美味しかったです。

 

創作系のラーメンは外すとイタイですが、こちらのはフレンチの手法がみごとにマッチしていてとっても美味しかったです。他のラーメンも気になりますし、こちらではラーメン屋さんなのに、フレンチのコースも食べられるそうなので、また機会を見て伺おうと思います。

 

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログ 冷菓子・アイスへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。ポチっと押していただけると嬉しいです。

 

↑お気に召していただけましたら、読者登録をぜひ♪

AD

駅チカでラーメン@仙満亭

テーマ:

いつもよりも寒さが和らいだ朝だったけれど、日中はそれから気温が上がらなくて、結果的には寒かった一日。今日は節分。おうちで豆まきをしました。福が来てくれるといいな。

 

そんな中、今日は帰宅途中でランチ。デザートの予定を組んでいたので、食べるものは控えめに。と、いう事で、手っ取り早く、駅の近くでサラッと食べることにしました。

 

向かったのは、駅からほど近くの所にある、大衆食堂の仙満亭。中華屋さんなのか、お蕎麦屋さんなのか、今を以って何屋さんなのかはわかりません。とにかくいろんなメニューがラインナップされているので、何かしら食べるものにはありつけます。

 

ランチ前に到着できたので、店内は比較的空いていました。大テーブルしかないので、4人掛けの席に座って、置かれていたメニューを早速閲覧。寒かったので温かいものを、と探していたら、冬季限定だというラーメンがあったので、それを食べてみることにしました。

 

それほど混んでいないし、ラーメンだからそれほど時間はかからないだろう、と思って待っていたのですが、何故かなかなか料理が来ず・・・。

 

で、結局15分ほどして、ようやく運ばれてきたのがこちら。

 

 

塩バターラーメン。塩ラーメンに、コーン、ネギ、チャーシュー、胡麻、ワカメ、メンマ、それにバターの欠片が2つ乗っかったもの。特別なものは何一つなく、何故ラーメンに15分もかかるのか、バターだけなのに、なんで冬期限定なのか、激しく謎ばかりですが、とにかく食べましょう!

 

では、実食!!

 

 

麺のアップです。麺は中太のぢぢれ麺。もっちりとした麺で、食べると結構お腹に溜まります。塩なので、かなーりあっさり。悪く言えば旨味もへったくれもあまりない・・。もうちょっとスープに旨味が欲しかったかも。ただ、バターが入っていたので、足りないところはそれでかろうじてカバーできていたかな、という感じでした。あっさりしたラーメンは大歓迎ですが、これはそういうレベルではなく、ちょっと失敗・・。

 

でも、それ以上に納得いかなかったのは、ラーメンなのにスープがぬるかったこと。よく言えば火傷しないでガツガツ食べられますが、フーフーしないで食べられるラーメンって、それってどうよ??って思うのです。最低限、アツアツ状態で出してほしかったです。

 

何度か食べたことはあります(その時の記事はこちらこちらこちら)が、今日はちょっといろんな面でひどかったかな。安かっただけが救いと言えるかも。しばらくは利用を控えようと思います。

 

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログ 冷菓子・アイスへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。ポチっと押していただけると嬉しいです。

 

↑お気に召していただけましたら、読者登録をぜひ♪

AD