朝から気温が上がって、真夏日となった一日。照り付ける日差しはまさに夏そのもので、今が5月半ばとは思えないぐらいでした。ほんと、夏はどうなってしまうのかしら。

 

そんな中、華道家元池坊がプロデュースしているイケメン華道男子グループ「IKENOBOYS」の記者発表会へのお誘いがあり、時間的に都合がついたので、そちらにお出かけ。向かったのは、御茶ノ水にある、池坊会館。以前、別の件でお誘いのあった方から、グルメネタではないですが、ぜひ来てください、というお誘いがあって、華道はさっぱりな私ですが、それでもどうぞ、とご返答いただいたので、行ってみることにしました。

 

お約束通り道にちょっと迷い、ギリギリぐらいに会場に到着。記者会場は入口すぐのエントランスに設けられていました。

 

 

会場には「IKENOBOYS」の方の作品が飾られていて、とても見事です。

 

 

会場の全体像です。派手過ぎず、奥ゆかしい檀上になっていて、心が和むようでした。

 

定時なると会見が始まり、次期家元の池坊専好さんのご挨拶です。

 

 

世界を視野に入れた次世代への華道継承活動の一環として、東京五輪800日を機に、東京の公共スペースやオフィス、店舗を華道で彩る「華道でおもてなし活動を行っていく、その意味合いやこれからの華道に対する次期家元の思いが語られ、興味深かったです。

 

そして、本日の主役、「IKENOBOYS」の登場です。

 

 

23歳~42歳までと幅広い年齢層で、本職も短期大学の専任講師、薬科大学の学生さん、研究員、フォトグラファー、美術館の学芸員、と様々な職業です。正直、華道をされている方というと、もっと草食系で女性的な感じかな、と思っていたのですが、意外と普通の男性の方なんだなあ、と思いました。

 

ちなみに「IKENOBOYS」は「イケてるメンズ華道グループ」という意味合いではなく、「華道の心と技を伝えていく『イケメン=いけるメンズ』」の集団の事で、華道の家元である「池坊」を学ぶ男子=池坊男子=IKENOBOYS、なのだそうです。

 

 

でも、皆さん、イケメンですよね(笑)

 

「華道でおもてなし活動」は、「華道おまかせプログラム」と「心と技を伝授プログラム」の2つのプログラムが用意されています。「華道おまかせプログラム」はその名の通り、規模や場所に最も適した作品を提供してくれ、「心と技を伝授プログラム」は華道家を、希望する団体や会社、店舗に派遣して、いわゆるミニカルチャースクールのような事をするプログラムだそうです。

 

もちろん、これにIKENOBOYSを呼んで、パフォーマンスをしてもらうことも可能です。華道に今まで興味のなかった方でも、イケメンに会える!と思えば、ちょっとはやる気になるかもしれません^^でも、きっかけはどうあれ、新しい趣味に出会うことができるかもしれませんよ♪

 

ご興味を持たれた方は

公式インスタグラム:https://www.instagram.com/ikenoboys/

公式WEBサイト:http://ikenobo.jp/ikenoboys

ヘアクセスなさってみてくださいね。

 

 

帰りにこんなお土産までいただいてしまいました。楽しみに食べようと思います。

 

なかなかこういう機会というのは縁がないので、貴重な体験が出来て面白かったです。またお誘いがあったら、行ってみようと思います。

 

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

 

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログ 冷菓子・アイスへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。ポチっと押していただけると嬉しいです。

 

↑お気に召していただけましたら、読者登録をぜひ♪