2品目。

 

ラーメン屋さんにはもちろんデザートはなかったので、別の所で食べることにしました。

 

武蔵小山に来たらどうしても食べてみたかったジェラートがあったのですが、よくこの地に来る火曜日はお店の定休日で、他の曜日に来ることがあっても、その後に別の場所でガッツリ系のご飯を食べることが多く、なかなか食べる機会に恵まれませんでした。

 

でも、今日なら行けるかも!!

 

と、いう事で、急いでお店へ移動しました。

 

向かったのはムサコの商店街パルムの中ほどにある、タケヤ・デザートイン。本来は学生服を売っている洋品店なのですが、その傍らで自家製のジェラートを販売しています。ご主人がジェラートが大好きだったので、奥様が作り始めたそうですが、そのご主人は数年前に他界。でも、いまでもお一人でジェラートを作り続けていらっしゃっています。

 

所用の前にお店に寄って、フレーバーと営業時間を尋ねて確認。18時までとのことだったので、急ぎ足でお店に向かうと、ギリ3分前に到着して間に合う事ができました。

 

でも、アイスケースを覗くと、ほぼ半分は既に売り切れ。食べようと思っていた2つはなく、がっかりしましたが、仕方がないです。

 

それでも一番食べたかったものはラスト一個分というところで残っていたのでまだ救われました。トリプルまでOKなのですが、食べたいのは2種類ぐらいしかなかったので、ダブルでオーダーしました。

 

そうして手渡されたのがこちら。

 

 

バナナ(左)・甘酒(右)。トップのチョコレートは、チョコバナナにして食べたかった、という話をしたら、チョコレートの入っていたバッドから頑張ってかき集めてのせてくれました。おばちゃんの優しさに感謝しつつ、モリモリのジェラートはとっても美味しそう♪

 

では、実食!!

 

まずはおまけのチョコレートから。カカオではなく、溶かしたチョコレートを練り込んで作られたジェラートはしっかり濃厚で、生チョコテイストなお味です。ほんの一口程度の量ですが、チョコレートの味わいと風味がしっかりと感じられました。もっといっぱい食べたかったなあ、とすごく残念。今度はたっぷりと食べたいですね。

 

続いて甘酒。本当はさつまいもが食べたかったのですが、生憎売り切れ。その代わりに、おススメだというこちらを食べてみることにしました。甘酒ですが、アルコール度はなく、お子様でも大丈夫。甘さが控えめで、あのベタベタした甘さはなく、すっきりとした仕上がりです。甘酒が苦手な人でもこれなら食べられそう、という感じ。あまりないフレーバーなので珍しくてよかったです。

 

最後にバナナ。一番食べたかったのがコレで、かろうじて残っていてくれてよかったです。食べてみると、バナナの甘味と風味がお口に広がってすっごく美味しい♪素材の良さを生かして作った、というような、ほんとに手作り感が一番感じられたフレーバーです。お砂糖は使っていない、というのですが、使ったぐらいの甘さがありました。これでも若いバナナなのよ、とおばちゃんは言っていましたが、そうとは思えないぐらいの甘さ十分なバナナジェラート。久しぶりに美味しいバナナジェラートが食べられたなあ、と思えた一品でした。

 

滑らかさというのはないですが、手作り感満載の、おばちゃんの人柄が出ているような美味しくて優しい味わいのするジェラートでとっても美味しかったです。近くでないところが非常に残念。また必ず食べに行こうと思います。

 

さて、明日は久しぶりのパンケーキ♪楽しみだな!!

 

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログ 冷菓子・アイスへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。ポチっと押していただけると嬉しいです。

 

↑お気に召していただけましたら、読者登録をぜひ♪