浮雲屋ジョリーロジャー
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

温かい日になりました。

昨日の四月十日、四十二歳を迎えた。

 

SNSを通じて本当に沢山の方から祝福の言葉を頂きました。

個別にお礼も言わせて頂きましたが、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

 

本当にありがとうございました。

 

めちゃくちゃうれしかったです!!

 

 

 

いやぁ…今年の頭には、(これはきっと世界中の誰もがそうであろうが)まさかコロナ禍の真っ只中で誕生日を迎える事になるとは夢にも思っていなかったなぁ…。

 

でもね。

世界的な疫病の蔓延というショッキングな状況下においても、それでも人々の営みは続いているんだなぁって、昨日思いました。

 

病気と闘っている人々の隣りで生まれてくる命があって、

誕生日を祝ってる人々の後ろで亡くなった方を想って泣く姿がある。

 

きっとそれは平穏な暮らしの中でも、

少し視野を広げれば同じ景色だったはずなのに。

平和ボケと、バタバタと忙しない生活の中で、

生と死が隣り合わせである事を忘れて、

気づかないふりをしていた事に…

大事なことを見ない日常を過ごしていた事に…。

 

気づいた。

気づいてしまった。

 

気づいちゃったらもう、どうにも自分の誕生日すら祝ってはいけないムードの様なものに飲み込まれてしまって、自分から「誕生日です!」という例年の(笑)アピールはしないつもりでいました。

なんたって舞台も映画もストップしちゃったしね…お祝いされてる場合じゃないよね…なんて自分に言い聞かせて。

 

それでも誕生日を覚えてくださっていた方や、プロフィールから誕生日をお知らせしてくれるSNSの機能のお陰で、お祝いの言葉を頂き、改めて自分の言葉で報告をさせて頂いた次第です。

 

お陰様で温かい気持ちで誕生日を過ごすことができました。

 

今回のことを通じて思ったのは、震災や豪雨被害の時に、被災して大変な方がいるんだからと「幸せ」や「楽しい」を自粛しようとする傾向が強い日本社会の中で、自分も知らぬ間にどっぷり浸かっていたのだなぁという事。

そして、その自粛は、無理にしなくていいんだなぁという事。

 

誰かの死を悲しむ気持ちと、自分の誕生を喜ぶ気持ちは同居できるし、

誰かの誕生を喜ぶ気持ちと、自分の不運を嘆く気持ちも同居できるのだ。

 

人間は、一つの感情でしか物事を捉えられないわけじゃない。

だから、喜びの自粛はやめよう。

 

こんな時でも、誰かが自分の誕生日をこんなにも祝ってくれるのだ。

こんなにも温かい気持ちになるのだ。

だから俺も、誰かの誕生日は全力でお祝いすると決めました。

 

思いっきり叫びます!!

 

今日お誕生日の皆さん!!

あめでとうございますっ!!

生まれてきてくれて!!

ありがとうございますっ!!

だから俺は…

act#013の千秋楽で喉元辺りまで来てたけどこらえた言葉があって。
きっと泣いちゃうだろうなと思ったから口にしなかったのだけど。

『生きててやぁ!!』って。

簡単に言ってないからさ、約二年、本公演をしないよって。
今、現時点ではまた逢おう!!って思ってるし、その為にバリバリ力付けてる。復活は全く疑ってない。

でも。

まさかってのは本当にあって。
二十年前に父親が息を引き取った時に分かってたはずなのに、やっぱり時間が少しその辺を曖昧にさせて来てた所、去年あいつが突然この世を去ってから、やっぱり永遠は無いって事を目の当たりにしちゃったわけで。
保証なんて何処にもなくて、ある日突然何かが起こるかもしれないから。
約束ってか、ハッパかけるってか
そういう意味で。

『みんなー。生きててやぁ!!』

本気で思ってる。
口約束でいい。みんな、生きてて欲しい。


今関わってる『壬生狼ヤングゼネレーション』は、そんな事を何も考えてない、ダラダラと青春時代を過ごす若者が主となり、現実を知り、大人の階段を上っていく、そんな物語。

ある日突然何かは起こるんだよ。

悪い事ばかりじゃなくて勿論、いい事も。

生きてるだけで丸儲けってさ、いい言葉だよね。
生きてる俺が、先に進んだ人達の想いも背負う。

だから俺は…生きる!!
そして彼らを生かせる!!

act#013後記②

『蝶ヨ舞ヱ、躑躅咲ク春ニ』『桜舞う夜、君想ふ』後記②

前回の後記を挙げてすぐ、「あ、馬鹿!!」と思いました。

今作を語るのに絶対に言わなければいけない事。
それは…楽曲。
ひょんな事から知り合ったヌビアさん。この方に作曲をしていただいた事。

内部的な話をしますと。
浜口は多角的に物事を見ます。
俺は作品の事しか考えません。
それはもう本能の様な感覚の話。

当時の俺は、いや今も。
STAR☆JACKSが次のステージに行く為には絶対に必要だと感じていたオリジナル音源の壁を越える為には作曲家さんは必要不可欠な方でした。

結果的に見て本当に!!ヌビアさんにお願いして良かったー!!
更に楽曲に参加してくださったのは鞘音さん、しゃみおさん、IMAJOさんという盤石の布陣。
俺の描きたい世界観を想像以上に色濃く描いてくださった。
感謝しかございません。
本当にありがとうございました。
そして『桜`15』で、いや、言うなればSTAR☆JACKSメンバーの為に書きましたって言ってくれたRock`in Chairの『i shine』にも、今回も本当に助けられました、
ありがとうございました。

本当は全曲。
全曲オリジナルにしなければ。
STAR☆JACKSは次のステージには行けない、俺はそう思ってる。

だからこそ今作。
お客様に満足して頂き、且つ満足して頂けないという矛盾したものを感じていただけなければ、と思うのです。
俺はまだ満足出来ないから。

勿論、現段階で選曲してくれた須川にも最大の賛美(あ、自分にもちょっと…)は送ります。
でも。
創作者にとっての満足は、後退と同じだから。
俺は、まだまだ上だけを見続けたい。
だからこそ、その先を見たい。

とは言え。
弟子として今回感じた事を話すならば。

師匠は沢山のお客様を引き連れて観劇に来てくれた。
だけど、その全てが『蝶』だった…。

師匠にとってはいつまでも子供同然である俺は、やっぱり十五年前のガキんちょだった俺のままで。
そのガキんちょが十五年経って、どんな成長を、いや、もしかしたら後退を見届けてやろうって所だったのかもしれない。

だけど、それが嬉しかった。
心地よかった。

終演後すぐに仕事の為に上京した俺に、言葉は少ないながらも最大限のエールを送ってくれた師匠に。
そして今まで応援してくださった方に。
俺は、遠くにいてもみんなが分かるぐらいに活躍したいし、しなきゃいけないという変な使命感が湧いてくるんです。
それは、簡単に言えば全国区になるって事なんでしょう。
でも、これだけグローバルに、多面的になった世界で、一番いい方法なんて決まるのはナンセンスかもしれない。
だから俺は、身近な人が俺の活躍を分かる程度でいい。

と、思います。

これは今だから言える事。

二週前の俺の気持ちは。

父親の居ない俺からしてみれば、本当に嬉しい、承認と未承認の狭間を歩んでいるような気持ちだった。
俺はもっとデカくなるから!!
ごめんなさい!!

って。

出来ない事は諦めたくないよ。
やっぱり死ぬまで成長したいもん。

武者修行期間を無駄にしたくない。
今は。
そんな気持ちです。

act#013後記

『蝶ヨ舞ヱ、躑躅咲ク春ニ』『桜舞う夜、君想ふ』後記

今更ながら #蝶桜後記 書こうかなと思います。
時期は大いに逸した感はありますが(笑)

改めまして、大変多くの方のご来場、誠にありがとうございました。
また、ご来場頂けなかったけど、沢山の応援メッセージも頂き、大変励みになりました。

舞台俳優としての原点である『森の石松』※石松役をやったのは師匠
時代劇俳優として生きていこうと決めた『清水の次郎長』※次郎長役をやったのは自分

この二人を主軸にして二作の物語を紡げた事が本当に幸せでした。

良くも悪くも、これが現時点での俺の全力です。
でも次に書く時には…きっと、もっと。

今回気を付けたのは二作品のリンク、進化。ざっと挙げるとこんな所か。
・『桜』プロローグで久六を斬ったのは石松だけど『蝶』を観ると仇を取ったのは次郎長である事が分かる
・『蝶』の物語の進行上、鎌太郎の家に寄っていたエピソードを加えた。『桜』の三回忌のシーンで鎌太郎は自分のせいだと責めている事で、『蝶』に出ていない鎌太郎の存在を知って貰った。
・『桜』の三回忌のシーンでは謎の存在だったお蝶と豚松の存在が『蝶』にとっては非常に重要な役割。おゆりとおすぎの悲しみも初っ端から出せる様になった。
・『桜』では石松は桜があまり好きでは無い。『蝶』で桜の舞う中、亡くなったお蝶を思い出すから。
・『蝶』では吃音で話す石松。久六に眼を斬られた瞬間から『桜』に至るまで吃音を克服している。
・『蝶』で黒駒一家の傘下に入ったばかりの都鳥一家は名を上げるチャンスを得る前に、ステージを上げる直前に次郎長一家にご破算にされた恨みを『桜』の世界、頭から持てる様になった。
・『蝶』の劇中、大政と小政から槍術と居合術を教わる石松。『桜』の大殺陣の中でも後ろ姿を。
・『桜』の最期、次郎長の幻に話す「親分…俺さ…親分みてぇな日向を歩く男に…なりてぇんだ」は『蝶』で次郎長の目指した姿であり、『桜』時点でも次郎長はそうありたいと思っている。それを知っていて慕い続けている石松の、心から出た言葉。
・『桜`15』『桜`16』と今回の違い。石松が見る次郎長一家の幻にメッタ刺しにされる。

新作である『蝶』はラストに久六との対決を描く事以外ほとんど制約なく好きな様に書けたので、『蝶』を書き終えてから『桜』の改訂を行いました。ただの辻褄合わせにならない様に気を付けながら。浜口オーダーは『桜』は変えないで。という事でしたが、んなこたぁ出来るはずもなく(笑)
実は『桜`11』の時に七五郎を若いのと老いたの、二人でやろうかとも思っていたのに実現しなかったので、次回はそこも変化させようかな…なんて。
何回やるつもりだよって話か(笑)

でも、こうやって考えると尽きないですね、一つの作品でもやりたい事。
一体いつ完成するんでしょうか(笑)
これは…あれだな。サグラダファミリアみたいなもんだな。
創作意欲が尽きたら俺の心臓は止まって死ぬんだ、きっと。
だからこそ、常に進化出来るよう精進するのみ。

えと。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが。
我々STAR☆JACKSは2020年いっぱいは本公演をしません。
各々の武者修行期間。
言ってしまったからには一回りも二回りも大きく、一段も二段も高く。
それが、今まで支えて下さった皆様への恩返しだと思うから。
全員が成長した姿となって皆様と再会できる日を信じて、今日も東京で #武者修行第一弾 頑張ります。




ゆく年くる年2018>2019

一晩中起きている時の明日はいつなのかな…。
昨日が終わって今日が始まるのか、今日が終わって明日が始まるのか…そんな曖昧な時間が実は俺も結構好きだなと、こないだ読んだ小説の一節で気付きました。
最近は年齢のせいか、そんな時間まで起きてられないけど(^^;;

もうすぐ2018年が終わりますね。

今年は『月刊コント』のカウントダウンイベントに呼んで頂けたので年越しは沢山の方と過ごす事が出来ますが、冒頭の様な事をたまに考えている俺は、実は日付けの変わる0時0分という時間に執着が無くなりました。昔はあったんだけどね、すごく(^^;;
(結婚当初はそれで妻と喧嘩した事もアリます…)

でも今はね…夜明けと共に明日は来る。でいいじゃないと思ってる。
曖昧でいいじゃない。
各々の感じ方でいいじゃない。

今年は色んな事があり過ぎて、少しメンタル食らったままの年越しになりそうですが、これからは、また会いたい奴には「また会おうな」って約束をして別れたいなと思います。

例えそれが口約束だとしても。
俺はもう一度そいつに会う為に一日でも長く生きたいなと思います。

全ての事を当たり前と思わない。

コレが年末から俺の人生観に加わったからこそ、俺は俺の人生観、死生観をコレから創る作品に反映させていきたい。
明日やろうじゃダメなんだって、そう思います。

今書きたい事を今書く。

でもね、明日本番がある、明日お客様に観てもらえるっていう約束もね、今の俺には必要です。

矛盾してるけどね。

今と明日を生きてるんですね、結局。

少し話が変わる(?)かな…。
最近、辞世の句を考えたんです。

今、俺が死んじゃったとしたら。
今の俺の死生観は。
人生観は。

それを遺しておきたいなと、急に思い立ってね。

あ、コレは(多分)ネガティブじゃない方の感情から生まれた句だと思うんですが…ね(^^;;

月は月
眩き光り
放てずとも
人の標に
なりし輝き

訳:月はどれだけ頑張っても太陽にはなれないけれど、人の指針となる光りを放てる。太陽を目指さなくても、太陽の様な人に輝かせてもらえる人間になれれば、誰かの役に立つことも出来るんだぞ。

ゐまほしく
そうは願へど
ゐるべからず
風に押されて
泳ぐ浮き雲

訳:人生は、留まりたいと願っても留まることは出来ない。空に浮かぶ雲が風に流されるのと同じ様にただ時の流れに身を任せる事しか出来ないけれど、雲は焼け付く光を和らげてくれる事もある。だから腐るな。

そんな意味が込められております。
この二句は短冊にでも残さなきゃな…。

話を戻し(?)ます٩( 'ω' )و 

俺の生き方。

俺は(基本的には)剣戟作家だから、主に過去に起こった出来事や人々を描いておりますが、過去の出来事や生きた人々の想う未来が今に続く様に。
明日に希望を持てる様に。
そんな作品にしたいなと常々想ってます。

いや、そうじゃなきゃ俺が描く意味は無いんだ。
そうじゃなきゃダメなんだ。

だからこそ、言いたい。

みんなー!!
良いお年を!!
そして、また会おうな!!

PS 早く言いたい案件もあるし、もっともっと仕事のオファー待ってますし!!
俺は『生』に執着するよ、これからも!!

生き長らえさせてくださいm(_ _)m
ありがとう2018年、よろしく2019年m(_ _)m

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>