こんにちは、笑顔を創造するKAIZENです。


さて、今日もブログ書いていきましょう~~(^^♪


あなたは、
整体施術の後は、『スッキリ』している(感じる)ものだと思っていませんか??

また、身体も気持ちも『シャキ~~ン』として、『ハレバレ』しているものだと考えていませんか??






必ずしも、そんなことばかりがイイわけじゃないんだよ~ん(^^♪


その説明始めるよ!!



まず神経の種類には、【自律神経】ってのがあるんだけど、その自律神経もさらに2種類に分かれるんだ

それが、【交感神経】【副交感神経】ってやつ





働きは、簡単にいえば


【交感神経】は、

●興奮状態の時(闘争の時や逃走の時) ●ストレスを感じれいる時 ●緊張している時   などに、優位に働き
●血圧は高くなる ●動悸が激しくなる ●脈拍も上がる ●血管が細くなる  

などと言った反応を体に起こすんだ




一方、【副交感神経】は、

●リラックスの時 ●寝ている時 ●好きな音楽でも聞いてノンビリしている時 ●食後消化している時  などに、優位に働き
●血圧は下がる ●心拍も低下 ●血管は太くなる ●眠たくなる

などと言った反応を体に起こすんだ




それで自律神経ってのは、ニコイチで働き
一方が良く働いている時は、もう一方の働きは低下する、って関係性なのよ

つまり、シーソーみたいな感じ

両方が活発に働くことも、逆に両方が同時に働かないこともないんだ




それでそれで、良好な身体の状態ってのは、
そのシーソーシステムが時と場合に応じてちゃんとギッコンバッタン上がったり下がったり出来る状態なのね




一方が上がりっぱなしで、もう一方が下がれない状態
一歩にジャイアン、もう一方にタラちゃん、、、これじゃ動かないわな(笑)

そんな状態は、身体の問題を起こすことになっちゃうわけ



交感神経が上がりっぱなしだと、

×肩の強張り ×イライラ ×食欲低下 ×寝られない~、眠りが浅い~ ×頭を輪っかで締め付けられてる感じ~(悟空のアレ) 

などの症状を引き起こす可能性が出てきて



副交感神経が上がりっぱなしだと、

×うつ状態 ×やる気が出ない(無気力) ×貧血傾向

などの症状を引き起こす可能性が出てくるんだ





と、ここで、日常の生活でどちらの身体の不調を起こすことが多いか??症状の例から推測できるでしょ



そうなのよ~~
前者ね、前者!!


多くの場合、交感神経が高ぶり過ぎて、下がることができなくて、(つまり、副交感神経が上がってこれなくて)起きている身体の不調が多いわけ





じゃもう一つ質問するよ


初めに書いた、施術後に『スッキリ』とか『シャキーーン』『ハレバレ~~』みたいな状態って、
どちらの神経が高ぶている(上がっている)状態か考えてみて





はい。時間で~す




答えは、交感神経が興奮状態の時。
その時に、『スッキリ~』『シャキーーン』ってなるんだ




はい。ここで、整理してみます




肩の強張りやイライラ、不眠に浅い眠り、頭を悟空の輪っかで締め付けられてるような状態で、お悩みを訴えて来られた時
施術後にどんな状態になっていることが、身体の治癒力を引出し、改善(元気な状態に)に促されるか??



もうお分かりですよね。

そうです。


交感神経が高ぶり下がることができない状態で、不調を抱えて来られた時は、

施術後に副交感神経が活発に働き、交感神経は低下して落ち着いていることがイイわけです



つまり福交感神経が上がっている状態というのは、 
血管が太くなり、心拍が低下し、血圧が低くなる。気持ちもノンビリ、ゆったりリラックス。



その状態というのは、少し身体が重く感じたり、気怠かったり、眠かったり、スッキリ、シャキ~~ンじゃないってこと


安全に家に帰って、さっさと布団に入って寝るに限る
自己治癒力が高まっているので、睡眠中にグングン身体の修復が行われる





とまぁ~長くなってしまったけど、


言いたいことは、施術後『スッキリ』『シャキーーン』『ハレバレ~~』ってなることばかりがイイわけじゃない

少し重怠くて、気怠くて、眠くて、、、


って状態でいいんだよってことを今日は伝えたかったんだ(^^♪





それでは、今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。


☆健やかで幸あふれる健幸な人生を☆