てなわけで、日本から帰って来て早々に

ポルトガルはリスボンへ行って来たので、
その記録。私的メモなので悪しからず。
 
二泊三日。
ベビーカーありのリスボン旅行記也。
 
 
 
おにぎおにぎおにぎおにぎ
 
 
土曜日。
ロンドンの南、ガドウィック空港発。
早朝便の為、ミニキャブで向かう。
荷物はスーツケース小などを持って行ったが、ベビーカー以外は預け入れはせず。
 
 
ターミナル内でサンドイッチ等、朝食。
その後搭乗。航空会社はLCCのmonarch。
スタッフ対応とても良かった。
遅延して10:15頃出発。
 
 
12:30頃、リスボンの空港到着。
パスポートコントロール、激混み。
娘を抱っこして待っていたら、スタッフに娘の年齢を聞かれ、
2歳ちょいと答えたらプライオリティレーンに通してもらえた。
あっさりポルトガル入り。
ベビーカーはバッゲージクレームの端にベビーカー等特別荷物のみを集めた場所があり、そこでピックアップ。
 
 
空港のインフォメーションコーナーでリスボアカード(リスボンの主要公共交通機関と一部の観光地無料)を48時間分購入。
それ買っといてなんなんだが、公共交通機関ではない
city busという観光バスがホテルの目の前まで出ていたのでそれに乗る。
だってインフォメーションセンターのお姉さんがあんたらのホテルやったらこれが楽やよってオススメしてくれたんだもん。
料金は2.5€。安い。
が、結局一駅乗り過ごしたんで楽ではなくなった😭
ホテルにチェックインするもまだ部屋には入れなかったので荷物だけ置き、昼食へ。
 
 
 
{99968363-FA7A-4567-A023-D66F1FC633B1}

↑たこやわらかー。
有名人と思われる人の写真がたくさん貼ってある店に入ってみたのだけど、
高級店だったみたいで、単価が高い!
男の人はTシャツとかもいるが、女の人は結構お洒落して来ていた。
オススメのシーフードパエリアを食べたが、
おいしいけど、おいしいけど、まあそんな高くなくても良くない?って感じ。
たこは柔らかくて美味しかった。
面白いのが、席に着くとテーブルには生ハムの盛り合わせと、
パンとチーズとバターとオリーブがもう綺麗に置いてあるとこ。
勝手に食べてもいいが、それは無料ではない。
オーダー時にいらなければ下げてもらう。
これが子連れには辛い。目の前にあれば、そりゃあ手を伸ばしちゃうわな。
要らないなら早いとこ撤去してもらうが吉。
 
 
 
{5ECF74CF-D97A-48E8-8848-7453561B6C7F}
↑電車かわゆいなー。オモチャみたい。
 
ロシオ広場から海の方へテクテク。
ロシオ駅を最初教会とまちがえて、
わー教会なのに一階にスタバ入ってるわイカすー
とか言ってたら、駅だったの普通の。
こっちの建物はえらいなんでもかんでも凝ってて凄いねー
 
ところでこの日はとても曇っていたのだけど、
 
{FC4BD8CA-2FC8-4DCB-B9E3-710D44F68749}

↑ストーリーセンター前のカフェでアイスコーヒー飲んでたら晴れてきた。
そこのカフェでオムツ変えたいって店員に言ったら、
この店にはなくて、奥の別の店のトイレを借りるのだが、1€払わなきゃ使えんと言う。
その時手元にお金がなかったので席に取りに戻ろうとしたら、
その店員が私の手に1€握らせて、アイギブアコイン!と言う。えー優しすぎやろ。
無論チップで倍にして本人に返したが。
 
 
 
{0CD95706-8BDF-42E6-BFEC-11FC352A8625}

↑バイシャ地区を抜けつつ、サンジョルジュ城を目指す。
ベビーカー押していったが、正直要らんかった。
2歳前後ならエルゴのみでいい。
坂道がキツすぎる。路面電車やバスを使うのが賢い方法で、
それを駆使するならベビーカーでもいいだろうが、
この時は街全体が混み合っていて、電車は常に満杯。
ベビーカーを畳んで乗り込むのも面倒に感じるほどキチキチいっぱい。
(乗車拒否されたりするわけではない)
それで私達、ベビーカー押しつつ結局オール徒歩で登っちゃった。
リスボアカード持ってるのに〜アホ〜!
そもそも城へ向かう道以外も、細かいとこ階段だったりするし舗装凸凹だし、
まあともかく、エルゴ+路面電車あたりが1番楽な
子連れでのバイシャアルファマ攻略法ではないかと思う。
町中の目抜き通りはベビーカー全然大丈夫だけどね。
 
 
 
{22254A4A-3A82-4BE8-AF42-9268AF91726C}
 
{8CF61F98-3B5D-4D12-BB15-963CC1427D97}

↑やっと城についた。
リアルドラクエ、ふっふー。
何故かこの周辺に放し飼いの孔雀がいて、
木の上にとまっていた。
娘がそれに気づいて、目を丸くしながら大声で
「えーどうゆうことー?どうゆうことなのー?」
と疑問を呈していた。どういうことだろうね本当に。
 
 
 
 
{3B3864B9-58BB-42AA-8245-0FFB9CED28D5}
 
{D5F6C7CF-0045-4A26-A194-676CCF3B123B}

↑歩いてる時はあまり意識しないが、上から見るとオレンジ色の街。
 
 
 
{290397E8-EA17-4564-A356-B37BEB4DF96F}
 
{2A8C738D-40CD-4DBA-BEC2-06179E512EAE}
 
{31003B59-126E-4688-84E0-A4C97F015EA1}

↑教会見たりしながら街に戻る。
城への登り道のせいで疲れ果てていて、
もはや何の教会を見たのかわからん。
でもちゃっかり途中で有名な缶詰屋で魚の缶詰を買い込み、
地球の歩き方に載っていた食器屋(明らかに他の店より趣味よし)でお椀などを買う。
その食器屋、入口が分かりにくくて、
夫がそのへんをぐるぐるぐるぐる回って、
ようやく見つけ出してくれた。ありがとう。
 
 
 
 
{D1ED830E-CE80-4E65-91C5-3E27A68FB845}

↑エッフェル塔のデザイナーの弟子が作った有名なエレベーター。
サンタジュスタのリフト。乗るのに物凄い並ばされた…
でもまあリスボアカードあればタダなんでね。乗りましたけどね。
おしゃんでレトロ。上った先の風景が良かった。
 
 
 
{1FE71D47-7CED-4DAC-86B8-A6A16CD39DBF}
 
{F2A73C96-C80D-4E03-A2F0-B8E23740BFB9}

↑夜になっちゃった。
絵みたいに素敵な坂の町。
 
 
 
 
{70608FE4-B541-4C2E-BE08-5CD5C19F6328}

↑お夕飯。
友人オススメの坂の上の上の上の方のお店で。
岩塩で焼いたお肉や魚介に、コリアンダーを合わせたの。
すっごく美味しい。シンプルなのに。
岩塩+コリアンダーは、今度家でもやってみようと思う。
フィッシュリッチスープなる、魚介のスープもおいしかった。
娘は主にパンとハムを食べていた(例の最初からテーブルの上にある前菜)
ていうか、安い。
あの昼の店は一体何だったのか…
8時ごろでまだまだ空席ある感じだったが9時ごろには満席になった。
人気店のようだ。満足してホテルに帰る。
 
 
 
 
おにぎおにぎおにぎおにぎ
 
あれー写真枚数が規定数行っちゃったので、
つづきます。