1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-11-22 19:06:12

なんでそんなにセコイのか、M$・・・

テーマ:時事ネタ
金持ちはケチ、とは言うけどねぇ・・・。

「PowerPointが7980円──使用期間1年限定で」

1年間しか使用できないくせに、価格は7980円とお試しにしてはお高い。しかも「インストールはPC 1台に限定している上、アンインストール後に別のPCへのインストールができず、第三者への譲渡も不可能」ときたもんだ。

この企画担当したヤツ、何がしたかったわけ? 目先の小銭に目がくらんで企業イメージという大事な資産を毀損する典型的なケースだと思う。

パワポごとき、Officeにたまたまくっついてるから使ってるだけで、別段、キレイに印刷して製本するわけでもないから大して互換性を気にすることはない。お手軽プレゼンが売りなのに腰据えてマクロを組むようなプレゼン阿呆なんかもいるわけなし。となると、実は旧OfficeやサードパーティのOffice製品でも全然、良かったりするわけで、むしろ「7,980円」が「通常版の3分の1程度」程度とは、実はパワポって随分、高いんだなぁ、というネガティブキャンペーンをやっているとしか思えないよ・・・。

レイアウトを人質に取れるワードや、鉄壁防御のマクロ王国を築いているエクセルなんかと違って、パワポみたいなソフトこそ、たぶんGoogleあたりの侵略の足がかりとしてはちょうど良いわけで、ただでさえ来年のOffice大幅バージョンアップによってユーザー離れが懸念される中、そんなのんきなことやってて良いんでしょうかね。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-11-20 14:45:14

祝!高橋尚子復活!

テーマ:時事ネタ
範馬Q子 復活!範馬Q子 復活!範馬Q子 復活!

と、思わず連呼したくなる独走劇!

いや~、やっぱり高橋尚子選手が強いと良いっすね。背負ってる看板が先物とかだと、なかなか応援する気持ちにも複雑なものが芽生えてしまいますが(笑)、高橋さんだと素直に応援できて良いっす。(どんな理由やw

最近はちょっと無理した笑顔ばかりが映されて、高橋選手が取り上げられたニュースを見るのは相当、ツライものがありました。強い女性の強くない姿を晒されるのは、個人的にはかなりキツイんですよねぇ。テレビの中の人たちって、そういうの好きで、本当、趣味悪いよな~、といつも思うんですが、これでまた安心してテレビが見られる、というものです。

にしても、どうでも良いんですが、「止まった時間を動かす」とか「暗い状況の人を勇気づける」とかっていう番組コンセプト。ニートの応援かなんかなんですか?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-18 20:36:11

成果が得られなくても努力をすべきだと思う

テーマ:雑記
Cazperさんのところで、2ちゃんねる管理人のひろゆきさんの話として

・努力をして、成果が得られる
・努力をして、成果が得られない
・何もしないで、成果が得られる
・何もしないで、成果が得られない

を順位付ける、という話を見掛けた。

ひろゆきさんの意見では、「努力」というコストを支払った上で何も得られない「努力をして、成果が得られない」が最悪なので、

1位 何もしないで、成果が得られる
2位 何もしないで、成果が得られない
3位 努力をして、成果が得られる
4位 努力をして、成果が得られない

という順番なんだそうだ。

まあ、「何もしない人たちの王様」たるイメージを維持しなくてはいけないひろゆきさんがパブリックにこういうポーズを取るのはごく自然なことだし、状況によって正解は異なるだろうから、話の流れをよく知らないので他の人の考えをとやかく言うのはヤボだと思う。しかし面白い話題なので、一般論として、私もネタを拝借させて頂こうかと思う。(というか、勝手に拝借させて頂きました)

もしあなたが利益を最大化するのが美徳である、という価値観の住人で、しかも結果論の世界に住んでいるのであれば、上記の順位に異論はないだろう。

ただ、利益至上主義の世界の住人ではあっても、未来を見通すオラクルを得られるのでもなければ---つまり、結果論ではなく、私と同様に現在から未来を手探りする世界に生きているのであれば---経験則から言って、成果を得られない努力が持つ可能性を軽視すると後で手痛い目に遭うことも多い、ということを知っているだろうから、上記の順位付けは相当に難しくなるとは思うが・・・。




さて、今度は、もしあなたが努力を最大の美徳と考える人であったとしよう。その場合は、成果を得るということは努力の報酬を与えると同時に努力の対象を失う、ということも招きかねないので、こういう順番が正解になるのではないか?

1位 努力をして、成果が得られない
2位 努力をして、成果が得られる
3位 何もしないで、成果が得られない
4位 何もしないで、成果が得られる

断っておくが、私はこういう努力至上主義な価値観を揶揄するためにこのようなことを書いているわけではない。いや、むしろそういう努力至上主義な価値観は、見掛けの愚鈍さとは裏腹に極めて高等な価値観である、と思う。これに比べれば利益至上主義など、人間の持つものではなく、動物の価値観にしか過ぎないのではないか、とさえ思う。

たとえば、あなたは「ゲーム」をするだろうか?(ただし、「エロゲ」は「ゲーム」とは認めない、真剣な意味で) では、何らかの「遊び」はどうだろう?

と、書けば、すぐに書かんとすることが分かってしまうと思うのだが、要するに、こういう疑問だ---世間の人はそんなにも「忙し」く、「退屈」と「倦怠」から無縁な存在なのであろうか? また、本当に、そこへ至る過程ではなく、そのもの自体に至高の価値のある聖なる目的を抱えているような存在なのだろうか? その目的は、単なる飢えや恐怖を回避するための手段、あるいは、よく考えれば手にしていてもいなくても大差はない空虚なる声望とは異なる、生き急いでまで実現しなくてはいけない崇高な使命なのだろうか?

現在、巷には「金持ちになろうよ」本、「いや、力を抜こうよ」本---要するに、「あなたを生きることの苦痛から解放します」本---が溢れているわけだが、生きることの苦痛から解放されてしまった先にある世界を思うと、何だか恐ろしくなってくるわけである。

え、私・・・?

もちろん、生きることの苦痛から解放されてしまったことによる苦痛を考える苦痛を楽しんでいますよ(笑)。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-11-12 12:26:26

渡辺淳一は「虚無と熱情」にこそ挑むべきではないのか

テーマ:雑記
一時、展開の急変ぶりから少年ジャンプばりの打ち切りが危惧されていた「愛ルケ」こと「愛の流刑地」だが、そんな愛読者の心配をよそに今日も元気に日経朝刊最終面に不動の地位を占めている。最近の展開を軽くおさらいすると、プレイの度が過ぎて「うっかり」ヒロインを殺してしまって以降は、獄中での一人エッチが主人公の日課になっているわけで、そのささやかな日課の意義と効用について一日を費やして延々と語るような、ネタが尽きたからなのかネタが尽きないからこそなのか、ともかく迷走というか暴走というか、ストーリーは進まないがウォッチャーを飽きさせない趣向は盛りだくさんという相変わらずの巧みな話運びとなっている。物語そのものではなく、物語の斜め上を楽しませる、という最近の若手の商業小説の芸風を大ベテランにもかかわらずいち早く完璧に自分のものにしているのはさすがは御大である。展開がぐだぐだだとか、話が進まない、なんて古くさい批判をする読者は御大を批判する前に時代のはるか斜め上空を突っ走る御大について行けない自らをこそ恥じるべきであろう。

さて、それはともかく、一見、いつもと何ら変わらないような地味な装いを見せながら、今週は重大な展開が見られた。そう、今や、あの暗黒の魔導書、ラブクラフトの「ネクロノミコン」に勝るとも劣らぬとさえ噂される謎の作中作、「虚無と熱情」にいよいよスポットライトが当たり始めたのである。「虚無と熱情」は、「愛の流刑地」の中では、主人公とヒロインの(無駄)死を賭して誕生した最凶に不憫な子供であり、本作の中では最重要な役割を果たすと思われる書物であるのだが、それにしてはこれまで今ひとつ、その内容は(単なる人妻との不倫日記を綴ったエロ小説とどう違うのか、とか)よく分からないものがあった。

だが、しかし、このところの展開で、これはさすがに渡辺淳一が、畢生の超大作だの、愛を賭した名作だの、じつ~にイイ!小説だの、さんざん自画自賛で煽りまくるだけのものではある、ということが分かってきたように思う。御大のこの作品に関する絶賛ぶりは実に念が入っていて、本作の宣伝の煽り文句が、「死を賭けて女を愛した作家の、畢生の大作」と付されたこと(その売り文句を考えたのももちろん御大自身なのだが)に対して、それは正確さに欠ける、実際は「女を愛しすぎた結果、死を賭けることになった」である、と訂正を入れるなど、随所に小技を効かせているのがニクイところだ(もっとも、そのように訂正したところで、それすら甚だ正確さを欠いたものに思えるのは私だけではあるまいが)。

作家一生の大作である「虚無と熱情」のテーマは、どこかの脱線しまくりの経済誌連載エロ小説などとは違い、ずはり真っ直球で「男女の愛」そのものである。女性の愛は男性からすれば恐ろしいまでに燃え上がる炎である。それは自分を燃やすことでさらに温度を上げ、そうして相手をもその贄として燃えさかる祭壇に捧げることを要求する恐ろしい熱情である。「いや、実際は男性のストーカーの方がタチが悪いんじゃ?」とかヤボなことは言ってはいけない。男と女の愛を見つめ続けて何十年?の御大が鋭い洞察力をもって決めつけているのだ。少なくとも恋愛小説の1ページ2ページやエロ小説の1000ページも書いたことがなければ反論は許されまい。男性は愛ゆえにその熱情についていくべく必死になるものだが、やがてはどんなに努力してもそこには超えられない壁があることを悟り、虚無に陥る。愛が深まれば深まるほどに虚無が広がっていくのだ。もちろん、「じゃあ、虚無が広がる前にはそこには何かマシなモノがあったの?」なんて、身も蓋もない問いを男性に投げかけるようなことは決してしないように。虚無を別の虚無で埋めていく学習しない生き物なのだから。

さてさて、そんなにも壮大なテーマを、ウッカリとは言え一人の女性を死に至らしめるほど強烈な実体験を元に偉大な純文学としてまとめあげたのが「虚無と熱情」なのであるが、そこでどうしてもある疑問を御大に対して問わずにはいられなくなるのである。

なぜ、「虚無と熱情」を実際に書かないのか?

低俗で飽き飽きしているはずの連載小説なぞ書いている暇があるなら、とまでは言わないが、「虚無と熱情」こそが、本当は御大が書きたかったものではないのだろうか? 全くもって大きく余計なお世話だが、いかに齢70を超えてなお性愛小説のネタが尽きないほどのエネルギッシュな大作家とはいえ、そろそろこれを書き上げたらもうこれ以上書きたいものはない、というような作家の卒業作の完成を目指すべき時期なのではなかろうか。売れっ子作家だとか、女を分かってる作家だとか、そんな凡俗な称号に今さら興味があるわけではあるまい。作中作という卑怯な形で構想を妄想し、自身による解説で絶賛するようなことで良いのか? 今さら欲しいものも失うものもないだろう。なぜ、正面からぶつからないのか。

いや、それとも、それは私のような小物のいらん心配で、御大はこれからさらに「愛ルケ」の連載を2~3年くらい継続し、いよいよ「虚無と熱情」の全文を上梓するのかもしれない。クトゥルーの神々でさえなし得なかった作中作の完成という偉業を達成し、真の神として後世の人々に長くその名を残すのだろう。
私は冗談で言っているのではない。真剣に、そんな「ドグラマグラ」的な驚愕の展開がこれから見られることを期待しているのである。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-11-11 17:34:07

銀行騙り詐欺に引っかからないためには CD-ROM と CD-R を見分ける目が必要!?

テーマ:時事ネタ
ネットバンキングを悪用されて勝手にお金を引き出されてしまう事件、オレオレに次ぐブームになりそうな感じですねぇ・・・。とりあえず、千葉銀行の名前を騙ってウィルス(ちょっと違うけど)入りの CD を送りつけたりしてた人?は捕まったような感じですが、オレオレみたいに演技の練習なんかをしなくてもPCが勝手にお金を盗んできてくれる手口の簡単さを考えるとまだまだ出てきそうです。企業の情報漏洩は内部犯行対策が何よりも重要でしたが、いよいよ家庭でも、自分の家にあるPC(そして将来的には他の家電からも!)の内部犯行で情報が持ち出されないように気をつけないといけない時代がやってきた感があります。

しかし、この自分のPCから情報が漏れない(勝手に持ち出されない)ようにする対策、非常に厄介なんですよね。私は、一応、仕事柄、それなりにこういう危険性を認識してそれなりの対策はやってはいますが、それでも正直に言って、それで大丈夫かあまり自信はないです。ましてや、定年後に株をやるために初めてPC買ってみた、みたいなユーザーがそんな対策を完璧にできるわけないですよ。「普通にPCを使う」ということが、決して「ルータの設定を理解してまずそこで侵入および侵出を防止し、PC自体にも他のソフトの利用に影響が出ないように適切にファイアーウォールとウィルス対策ソフトをインストールして、さらにそれらをそれなりのランニングコストを支払って維持していく」ということを意味しない以上、この手の犯罪の被害にあってしまったとしても、その全責任をユーザーに押しつけるのは間違っているような気がします。無免許の中学生にバイクを乗らせておいて、事故ったら知らんふりするようなものじゃないですかねぇ。

と、思いきや、そんな清く正しい考えを軽く吹っ飛ばすようなオモシロイ主張を見かけました。

「CD-ROMとCD-Rを見分けるリテラシー」

ははは・・・。

いまどき、CD-RとCD-ROMの見分けもつかんバカは、カモられて当然。
ネットの方が安全なんだよ。URLさえ正しければ完璧、安全なの、分かる?
え?SSL?証明書? 何だよ、それは。しらねーよ、んなの。
とにかくダウンしたもの以外はインスコするな、これ最強。


あまりに面白かったので勝手に違訳させて頂きました。(もちろん、記事に書かれている話はもっとモデレートな話ですので、誤解なきよう、、、)

いや~、何か良いっすねぇ、そういう考えも。
弱いヤツは氏ね!の北斗の拳ワールド、といったところでしょうか。
そこに自分が住みたいとは思いませんが憧れますね~w。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-11-07 23:55:06

ひな人形にも著作権・・・

テーマ:時事ネタ
今日の日経で、ひな人形のような人形も著作権で保護しよう、という業界団体の動きが取り上げられていた。業界で、JASRACのような著作権取り扱いの専門団体を作るんだそうだ。

何だかねぇ・・・。気持ちは分からなくはないけど、伝統工芸で著作権保護とかマネは許さんとか、何か、直感的には明らかに変じゃないですか? 自分たちの「伝統」というものの成り立ちを根本的に否定しているような気がする。過去の無形の知的資産を今の代の連中で独り占めしようとする拝金主義に毒された狭量な利己主義が見え隠れするような気がするんだけど・・・。

確かに、伝統工芸とはいえ、否応なしにグローバル経済という土俵に乗せられ、昔とはマーケットも異なるし、それゆえ工夫だとか発案を昔のようなゆったりとしたスピードで伝播していくことは難しく、そうした創意工夫に対する先行者利益を制度的に守るようにしないといけないのではないか、という問題は、当事者以外が安易に口出しできるような軽いものではないんでしょう。また、ヘタすると3次元スキャンとかで、コピー機でコピーを取るかのように簡単に工業製品としてコピーも可能になっている、という技術的な環境変化も忘れてはいけない。

でもそれにしても、そういう目には目を的な方向性の解決策しか本当にないものか、どうにも気持ちの悪い思いが残りますねぇ。そもそも理想論から言えば、そういう伝統工芸が現代的な資本主義マーケットに乗っかっていること自体が間違っている気がするのですが、まあ、それは誰にもどうにも変えようのないことですし。

欲望の交通整理としてのみ社会制度が存在するような資本主義の恩恵を最大限に享受しつつもそれに異を唱えるのは甘ちゃんだとは思うけど、何となく何か言わずにはいられなくなるような話です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-07 02:52:16

神よ、我だけ守り珠恵!

テーマ:雑記
地震予知ネタで、のりあきさんからコメントを頂きまして(のりあきさん、サンクスmuchosです!)、レスを書いているうちにふと恐ろしいことに気付いたので、こっちに書きますね。

地震予知でHDD保護できればイイっすね~、というようなコメントを頂いたわけなんでして、確かに私も最初、HDD保護、イイ!じゃん、と思ったのですよ。しかしですね、よく考えるとですねぇ、取引先・競合みんなこの技術のおかげで地震なんか屁でもない状態の中、ローテクなわたしんちだけHDD死んで業務ストップなんかした日にはマズーなわけですよ。

携帯もそうなんですけど、新しい技術で確かに便利にはなるんですけど、「自分だけ」が優先的に便利にならない限り、かえってその便利に乗り遅れないようにコストがかかるか、世間様の便利に乗り遅れて相対的には不便になってしまう、という大変、パラドクシカルというか、怠け者にはツライ世の中になってしまうんですよね・・・orz。

オレだけ 8 days a week♪欲しい!って思ったこと、ありません???
ま、私の場合、増えた一日は間違いなく愛のためではなく、くっだらねぇことやって浪費をするのが見え見えなんですが・・・。

大体からして、電気の無かった時代(そんなのつい最近のことですよ!)には夜中に働く人なんていなかったわけで、テクノロジーがこれだけ発達しているにもかかわらず、全然、僕らは終身ニートになれそうにもない、っていうのは、どういうわけですか??? 一部のIT長者がセミリタイアとかフカしてますが、マジにそれ、引きこもりとどう違うのかワカリマセン。山口もえゲットしたからっていい気になんなよ!くっそ~、ウラヤマシイじゃねぇか・・・。って、全然、違う話ですか、そですか・・・orz。

願わくば神のご加護は人類あまねく等しく平等院鳳凰堂に降り注ぎますように。
でなければ、オレだけ助けてくんない?マジでw
ちょっと藤原不比等な気分で・・・って意味和漢ね、忘れて紅?

すんません・・・次は酔いを覚ましてもちっとマシなこと書きます、たぶん。

全然、関係ないんですが、今、NHK付けたらメチャクチャ画質悪くて、電波出力落として放送してるらしいんですが、そもそもそこまでして放送する意味あんですかねぇ??? うちはいつでも電波MAXでお届けしますよ!えぇ、いつでもあなただけのバッキーコ○状態で。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-06 03:02:58

暴論ですが、和泉元彌こそ真の狂言師だぁっ!!

テーマ:時事ネタ
いやいや、インリン様が男女混合のプロレスを仕合(注:たたかう、と読む)ったそうじゃないですか。

ブラックエンジェルスの平松センセの代表作「リッキータイフーン」(笑)で、少年時代にミックスなプロレスが強烈なトラウマとなってしまったUジローとしては、Gyaoで放送されるらしいので楽しみにしていたんですが、一足先にブロードキャスターでそのイベントを取り上げてたのでワクワクして見てたんですよ。

・・・

対戦相手の「フォー!」な人はやっててもインリンでてこねぇ・・・ orz

それはともかく、その同じイベントで、あの狂言師の和泉元彌がプロレスに出る!?っていうじゃないですか。しかも相手はアメリカンレスラーの鈴木健想!!!

と、驚いてみせつつ、まあ、男同士のマッチョな肉体のぶつけ合い「ショー」に喜ぶ趣味はないので、スルー、と思ったんですが、そうは言っても、やはりあの細身の和泉元彌がどんなプロレスを見せるのかは気になる・・・。いくら根は同じ肉体労働者とはいえ、やはりアメリカンレスラーの体と狂言師の体じゃあ、ショーにすることすら難しいのでは・・・と危惧をしながら、結局、そのままチャンネルを変えずに見ていたのですが、、、

元彌やるじゃん!?

ちょっぴりと見直しました。
狂言師からこんな人が出るとはねぇ・・・みたいなコメント付けてるおばさんがいましたが、おいおい、藻前は狂言師に何を期待しているのか、と。元彌氏も言ってるけど、狂言って、しょせん(と、あえて言わせてもらうけど)エンターテイメントでしょ。しかも、元々格調うんぬんというようなネタのエンターテイメントじゃなくて浮き世のものでしょ?

だったら、元彌氏と同世代の我々は、よっぽどこっちの方が楽しめました。ということで、元彌氏サイコーでいいじゃん(笑)。いや、実際、むしろこういう妙竹林な試みをする人が今まで全く出てこなかった、ということの方が(一応)エンターテイメントな分野としては異常なわけで、狂言業界は埃を被ったちっとも面白くもない骨董品みたいな伝統をエンターテイナーにはあるまじきくそ真面目さで固守し続ける方々なんかよりも、こういう奇人をこそ大切にしていかなくてはいかんのでは?と、狂言なんかみたこともないくせに偉そうに考えてみたりしたのですが・・・。

でもホント、大真面目に、ある種の様式に従って客を楽しませるアメリカンプロレスと元彌みたいなんは合うのかもしれない。プロデューサー的な役回りをやれば、真剣に面白いんじゃないかなぁ。そのためにも、1回くらいはやはり自分で舞台に立っておくことは重要な経験だったのではないか、と思うのです。

いや、半分くらいはインリン様を見せてくれなかったTBS由来の八つ当たり批判なんですがねw。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-06 02:27:58

Fさん、まさか下請けの呪いですか?

テーマ:時事ネタ
そういや、今度は名証が止まってしまったらしいっすねぇ・・・。
で、またFさん・・・。

これ、真剣に下請けをイジメすぎたツケが回ってきたんじゃあ?と、邪推したくもなります。ITバブル崩壊後、問答無用の発注額定率カットとか、結構、話題になりましたからねぇ・・・。

公共事業のゼネコンへの発注についてあまりにもコスト意識がない、と批判されたとき、ゼネコン業界から「ある程度、贅沢にカネ貰わないと良い仕事ができねんだ」と開き直りとも思える反論を聞いたことがありますが、その気持ちはかなり理解できるんですよ。まあ、銭だけの問題ではないのですが、銭を叩かれた仕事というのは、大体からして銭以外の面でもいろいろとうるさくて、ヤル気ゼロにさせるような、士気が上がらないことが多いんですよね。

コンクリなんかは、まだ、「モノ」ですから、適当に流せば固まってそれなりにはなりますが(って、こんなこと書いたら、コンクリなめるな!って怒鳴られますなw)、ソフトとか、ホント、あれはほとんど人に依存するもんですから、現場の士気の低下は即、質の低下につながります。それも致命的なほどに・・・。その辺がソフト開発の難しいところなんですよね。予算少ない→雰囲気悪い→士気下がる→うまくいかない→ますます予算圧迫→・・・みたいに、うまくいかないときは加速度的に泥沼化しがちで。

プログラマったって、一応、人間なんでっせ。人語は喋りませんがw
って、それはどうでも良いですが、「一般論」として、現場を軽視して経営者だけがビジネス誌に派手に踊っているような状態だけは避けなくてはいけないですな。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-11-06 02:13:11

ドライブ中にブログ書きの夢にまた一歩!

テーマ:時事ネタ
車にPC積んで音声入力なんてしちゃった日にはブログを書く環境には持ってこいなんでは? なんて思いつつも、車どころかメカものには全然、詳しくないUジローは、そういうのを妄想するしかなかったのですが、なんと! 車載PCが新たな自作ムーブメントになる可能性が出てきたそうな!!!

車載PCもついに自作可能に、車載用液晶とHDDも近日発売

まあ、最初のうちは熱対策や振動対策の甘さ等々でほとんど使い物にはならんのでしょうが、GPSとつないでお手軽自分専用仕様カーナビが作れちゃう?とか、いろいろ遊べそうなシロモノです。これで地図作ったりとかもしてみたいですね~。

今後、車載用のモニタも出るらしいのですが、個人的にはカーナビモニタみたいに、普段は格納されていて、ボタンを押すと出てくる薄型キーボードとかも、ギミックとして欲しいところですな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。