京都・氏政クリーニングのシミ抜きブログ

クリーニング人生35年
経験と技術を生かしたクリーニング実績事例をはじめ、日々の仕事で気づいた事や、感じた事、個人のちょっとした出来事など、
色々な事を紹介していこうと思います。


テーマ:

3年ほど前から弊社直営店をご利用頂いている30歳代半ばの奥様からのご依頼です。

 

日頃はほとんどご利用が無く、年に1~2回程度のご利用で、毎回やっかいなシミ抜きのご依頼が多いお客様です。

 

受付スタッフ、『こんにちは』

 

お客様、『Gパンの腰回りが赤く染まっているんですよ!真っ白に戻りますか?』

 

受付 スタッフ、『これは、どうされたんですか?』

 

お客様、『赤い上着を着てたら、その色が移ったと思います。』

 

受付スタッフ、『革の上着でしょうか?』

 

お客様、『違います。ポリエステルです。』

 

受付スタッフ、『ええ!ポリエステルでも色が付きますか!?』

 

お客様、『普通のポリエステル100%のジャケットです。』

 

受付スタッフ、『そうですか!移染落としは落ちる場合と落ちない場合があるので、やってみないと分かりませんが、ご了解くださいね』

 

お客様、『分かりました。よろしくお願いします。』

 

 

綿99%、ポリウレタン1%の混紡素材です。

 

移染落としで一番難しいのが、水洗いで洗って染料が移染した場合です。

 

今回の事例の様に、着用摩擦で付いた移染は繊維の表面にだけしか付いていないので、比較的落としやすいシミ抜きです。

 

シミ抜きの難易度にかかわらず、シミの種類を問わず、シミ抜きの手順は油性処理から行います。

 

今回の事例でも、油性処理で90%以上落とすことができました。

 

残ったシミは水性処理と水洗いで落とすことができました。
 

      →   

左側 前ポケット口周辺 (シミ抜き前と後) 

 

   →    

右側 前ポケット口周辺 (シミ抜き前と後) 

 

(仕上がり)

 

後日引き取りに来られ、

 

受付スタッフ、『真っ白に蘇ってますよ』

 

お客様、『うわツ! 家で洗わないで(氏政に持って来て)よかった!』

 

受付スタッフ、『また履けるようになってよかったですね』

 

お客様、『ありがとう』

 

無料相談フォームは←コチラから

 

遠方から宅配便をご利用の方は←コチラから

 

正絹着物の丸洗いと特殊シミ抜き←コチラから

    

氏政クリーニングPC用HP(スマホ対応)は←コチラから

 

 

ランキング参加中です

クリックよろしくお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

氏政 保一 (シミ抜き実績事例)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>