京都・氏政クリーニングのシミ抜きブログ

クリーニング人生35年
経験と技術を生かしたクリーニング実績事例をはじめ、日々の仕事で気づいた事や、感じた事、個人のちょっとした出来事など、
色々な事を紹介していこうと思います。


テーマ:

6年位前から弊社直営店をご利用頂いている50歳前後の奥様からの御依頼です。

 

数ヶ月に一回位のペースで細長くご利用頂いているお客様です。

 

受付スタッフ、『こんにちは、夏物衣類の仕舞い洗いですか?』

 

お客様、『毎年衣替えの時にクリーニングして片付けているんですけれど、このジャケットはよく着てるから、黄バミの上に黄バミが重なってきてるみたいで、、、!』

 

受付スタッフ、『そうですね、エリの黄バミは通常のクリーニングでは落ちないと思いますが、、、黄バミ漂白処理をされるのが良いかと思います。』

 

お客様、『この夏、よく着たので汗もかいてます。お任せしますので、できる限りキレイにしてもらえますか』

 

受付スタッフ、『分かりました。』

 

  

綿51%、麻31%、絹18%の混紡素材です。

 

植物性素材(綿・麻)と動物性素材(絹)の混紡は、酸素系漂白剤の選定が難しく、これといって根拠があるわけではないのですが、永年の経験と勘が頼りの漂白処理となります。

 

エリまわり (シミ抜き前)

エリまわり(シミ抜き後))

 

(仕上がり)

 

後日引き取りに来られ、

 

受付スタッフ、『こんな感じです、どうですか?』

 

お客様、『ありがとうございます。 来年も着ます。』

 

無料相談フォームは←コチラから

 

遠方から宅配便をご利用の方は←コチラから

 

正絹着物の丸洗いと特殊シミ抜き←コチラから

    

氏政クリーニングPC用HP(スマホ対応)は←コチラから

 

 

ランキング参加中です

クリックよろしくお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

氏政 保一 (シミ抜き実績事例)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>