りゅうおうのおしごと!舞台探訪記録報告 第2回 福島周辺その1聖天通商店街編 | ~~宇治川橋梁物語~~

~~宇治川橋梁物語~~

関西を中心に舞台探訪をしている者です。
京アニ中心にアニメ見てます。
超不定期にブログの存在に気がついて、気が向いた時に更新するかもしれません。程度です。


テーマ:

先日(3月10日)、りゅうおうおしごと舞台探訪に行ってまいりました。

今回は第2回目です!!

便利な使い方

記事中のIDは Google マイマップ で私が放送に合わせて随時製作しております、

「りゅうおうのおしごと! 舞台探訪マップ」IDに対応しております。あわせてご覧ください。また、IDは、マップの検索機能検索することができます。半角でご入力ください。 例)OSK-0001

 

マップを掲載しておきます。

実際に探訪に行かれる場合などにぜひご利用ください。

 

 

今回は、梅田から福島方面へと進み八一の自宅があるJR大阪環状線 福島駅裏手の聖天通商店街です。

この商店街は、自宅の近所ということもあり度々登場しています。

なお、朝と晩の2回訪れておりますので両方の写真を織り交ぜていきたいと思います。

では対局探訪開始。

 

 

 

 

 OSK-0004 福島聖天通商店街入口

 

 

 OSK-0011 マンホール

 

 

 OSK-0010 立ち飲み屋の前を曲がって自宅の方へ

カット合わせずに323を撮ろうとしているw

 

 OSK-0012 自宅を望む

 日中 

 

 夜間 

 

 真下から 

 

 

 

 

あまりカット合わせを出来ていません。。。

 

第11局で登場したこのシーン。中まで再現されてるのでしょうか

 

 

 OSK-0013 夜の架線柱と電柱

以前撮影したものをもう一度掲載します。

 

 

 OSK-0047 八一があいを見つける

<11局追加分>

 訪れた日の後日に放送された、第11局は商店街内の新しいカットが思いのほかあったので、

とってた写真の中から近そうなものを貼っておきます。

 

 

 

原作に登場するスーパーも撮っていました。原作では、カレーの具材をここで買って帰るシーンがありました。

 

 OSK-0020 OP立ち飲み屋前

 

 OSK-0008 OPなにわ筋 梅田貨物線浄正橋踏切

この踏切より新大阪方は

JR東海道線支線(梅田貨物線)地下化・新駅設置工事(2022年度完了)

により地下に潜っていく構造に変更されます。

この辺りの風景も変わっていくようです。

 

 

<おまけ>

阪神高速と環状線と貨物線がこう交わる感じ好きです。この曲線(笑)

 

 

聖天通商店街編は以上です。順番がぐちゃぐちゃになってしまい申し訳ありません。

今回はここまでとします!!

次回は、「福島周辺その2将棋会館とその周辺編」 です。

お楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

、終わろうと思ったんですが、このままやると、長命湯(延命の湯)の出番がなくなりそうなので、ここで一緒に書いちゃいます。

 

この銭湯に実際に入浴して、内部が一致してるのか確かめました。

料金は大人400円です。

 

場所は福島駅からなにわ筋を南下して約5分のところです。道路西側の歩道を歩いてください。

ファミリーマートが見えてきますのでその脇の狭い路地に入ります。

 

 OSK-0008 延命湯(長命の湯)

狭い路地を入っていくと印象的なコンクリート打ちっぱなしの建物が現れます。

この銭湯、徳島県出身の建築家 竹原義二氏がまだ無名の頃に建てたそうです。

 

 内部はアニメとは全く異なり、アニメで温泉・銭湯といえば定番の女湯男湯が上部で繋がっている構造ではないので、女湯からいろいろ物が飛んでくる心配はなさそうです(笑)。曲線が印象的な作りの浴槽です。この銭湯、飲食街の中の狭い敷地にも関わらず、なんと露天風呂まであります。

 

 大阪駅からほど近いところに銭湯があり露天風呂もあるという不思議な感覚を味わえました。都会のど真ん中にいながら非常にリラックスできる空間です。一日歩いて疲れていたので非常に気持ちよかったです。是非一度行ってみてください。

 

情報をこちらにまとめておきます。

 

延命湯

住所:

 大阪市福島区福島5-12-5

営業時間:

 15:00~24:00

定休日:

 火曜日

料金:

 大人 400円 子供 150円

設備:

 超音波ジェットバス、スチームサウナ、露天風呂、露天水風呂

その他:

 タオル類、シャンプー類は番台で販売されているようですが、持って行っておいたほうが良いでしょう。ドライヤーは、有料で利用できます(設置台数 男湯には1台)。

 

 

 

今度こそ!!以上で今回の記事を終わらせていただきます。

次回は、「福島周辺その2将棋会館とその周辺編」 です。

お楽しみに!!

この記事では アニメ 「りゅうおうのおしごと!」 の一部画像を比較研究目的のために引用しております。
これらの画像の著作権はすべて © 白鳥士郎・SBクリエイティブ/りゅうおうのおしごと!製作委員会 にあります。

 

宇治川橋梁さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス