ホイール加工に伴う説明 NO2

先日紹介したエスカレードのホイール加工ですが、最終的なおさらいをしてみましょう

そのブログ知らない って方はコチラ ⇒ こんなんしました♪

上の添付したブログの最後の方に書いていたハブボルトのM14 M12の違いによる穴の問題の事を書きます

どんな問題かと言いますと…

 
加工したホイール

純正のHEX21(貫通タイプ)のナットを入れると…

 
この画像では、あまり解らないと思いますので角度を変えて見てみると

 
テーパー部分にスッポリとナットが入っちゃうんだよん これでは心配

貫通ナットで無くても
 
HEX21だと同じ結果ですね 当たり前ですよね

で、テーパー部分が大きなナットを探して

 
入れてみると…
 
テーパー部分いっぱいになりました

もう少し大きな物があれば良いけど、どれも”どんぐりの背いくらべ”みたいな物ですから良しとします

タイヤはまだ履いてませんが車両にあてがってみると
 
200系ハイエースのラインとホイールがマッチします

カッコイイ

肝心なOFFSET加工(7.5J+31 ⇒ +34)の差は-3mmですが成果は
  
 タイヤ組んだらツライチなはず タイヤサイズは215/60/R17くらいかな 

225/55/R17だと太いからボディからタイヤが出る可能性が高くなりますからね 

実際に取付したら、見せに来てくれるとの事ですので期待して待ちます   

楽しみ

ハイエース専用設計のホイールを履くのが常識ですが、たまにはこんな一手間掛けたカスタムって大事と僕は思います
 
あなたはどう思いますか

では、また

名古屋店より かみむら
AD