ルンペン放浪記

ルンペン放浪記

労働者のありったけ


デンバーから戻って2週間になろうとしている。


デンバーでは書くことがいっぱいあったが、ここに戻るとなぜかしら書くことがない。書くということは脳梗塞で飛んで行った喜怒哀楽を呼び覚ますリハビリの第一歩のように思えるから、毎日何とか書こうとして、何度試みても、やはり書けない。


選挙のことや政治、一日おきにやってくるホームレスの変化、基地拡幅反対の辻立ちのこと、散歩で見聞きすること……書くことはいっぱいあっても、やっぱり、そうなのか!


五臓六腑に食らいついている死神がどいてくれない限り、無理なのか。




(かつては近所のちびっ子たちとよく川遊びしたものだ。懐かしいなあ!)



死神は食らいついて離さない。


声帯に、みぞおちに、脳髄や心臓に、あるいはふくらはぎにかじりつき、寝起きのいちばん気の緩んだ瞬間を狙って、毎朝、午前4時にせっせと断末魔を撃ち込んでくる。


今度こそ、息の根が止まったか?コン畜生め!!

のたくってないで、さっさと逝っちまえ!


どうだ?

どかどかどか!!

もう我慢できんだろう?

ドカーン!!

参ったか!?


全身を硬直させ、七転八倒して逃げまわり、何とか死神を追っ払って、汗びっしょりの朝を迎える度に、どんなもんだい!一日儲かったぞ!!

それ、まだ生きてるじゃないか。

ざまを見ろ!!


誰にともなく、そんな風にほざきながら、棚からぼた餅みたいな儲けもんの日々が、まさかとは思うがおよそ330日も続いている。

1年近くも。


(100日目くらいの時――去年の12月――まったくの意識喪失、救急搬送、呼吸停止、集中治療室で偶然、奇跡的というのか、信じられないことに、なぜか急に息を吹き返した。)



納豆と味噌汁の朝飯を終えると、身のまわりをきれいに整理したり、小さな庭を片づけたりして、それから散歩がてらに買い物に行く毎日だ。行動半径が極端に小さくなったが、それ以外は以前とたいして変わりない、何の変哲もない日常だ。


絶望もない。希望も、勿論ない。

夢も。

悔恨も、嘆きも、金や愛のどんな小さな欲望からもすっかり見放されてしまった。


―――つまりは、何もない。すっからかんの空っぽだ。

それでも、すべてが鮮やかに輝いて見える。毒に汚れた川の流れも、そこで生きるカモたちも、スーパーに集まってくる人たちも、延々と続く梅雨も、カビも。



鴨atGatewayPark
(デンバーの鴨たち at Gate Way Park)


多分、腐乱した死骸からむっくり立ち上がった亡霊が見るように、すべてを見ているからに違いない。










ホームレス (デンバーのホームレスatダウンタウン)



デンバーから戻って来て何日過ぎたのか、何時戻ってきたのか、わからなくなってしまった。


買い物にも行っていない。

庭一面に生い茂った雑草もほったらかしのままだ。


すべてを放り出し、夢中でパソコンをいじっていたら、ここに来てやっとインターネットに接続できるようになった。

まだ危なっかしいが。


それから、Windows8.1をダウンロードして、パソコンをセットアップして、電子メールもブログもツイッターも何とか使えるようになった。


悪戦苦闘して何とかしなくてはならないほどネットは生活に欠かせないものらしい。


昨日はひと月ぶりに産業文化センターへ「スタンディング」に行った。そして、初めて選挙ポスターの掲示板を見た。


今日は長年付き合っているホームレス(浅見さん)が訪ねて来たので、デンバーの教会でもらった缶詰と千円を渡した。


明日は留守中に猫にボロボロにされた障子紙を何とか、貼り直せるだろう。

脳梗塞でやられた言語障害、半身不随と何とか正面から付き合わなくてはならない。こうして、あまり芳しくない日常がまた始まろうとしている。


ふぅ。


※※※※※※※※



インターネットの接続がダメになるのでいろいろやったが、いろいろやっているうちにいろいろなことを知った。そして、何とかなりそうだと思っていたらまたどうしようもなくなってしまった。

やるだけのことは全部やったのだからやはり最初に疑ったケーブル端子の不具合だ。何しろ何十年も使い古しているのだから。


それでもう一度、黒テープでぐるぐる巻きにして固定してある端子をほどいてあれこれやってみたらやっぱりビックリマーク

この二月から五カ月の間振りまわされ続けたインターネット接続の不具合があっという間に解決した。

まったくだ!!

あっという間だビックリマーク



何も難しいことではなかったのだ。

単純至極。

それで、重く沈んでいた気持ちがやっと晴れた。


万歳 ! ! !


今回の選挙も、ひょっとして、思った以上に「単純至極」かもしれない。













 


出発の遅れた成田行きのユナイティドを待っていると、日本人の会社員たちが4、5人やって来て何でもないことをぺちゃくちゃやりはじめた。


一流企業の上司と部下たちだ。


流れるように、面白くもおかしくもない話題をさも面白そうに、おかしそうに、いかにも楽しげに語り合っているではないか。

嘆きもおべんちゃらも、不満ですら長い年月の会社暮らしの中ですっかり角が取れ、すっかり磨かれ、清流に洗われた小石みたいにすべすべしている。そんなやつらが日本のいわゆる上流階級、エリートさんどもだ。



まさか、デンバー空港のゲートでそんなやつらと遭遇するなんて予想もしていなかったので、急いで、席を遠くに移した。


まったく、いやなやつらだ。


会話から身なりから笑顔まで綺麗に、すべてがすべすべするまで、明るく、軽やかに精錬されていて、それが上流階級の金バッチらしい。地金を見せないようさらさらと関心を示し、さらさらと感想を言い合い、さらさらと笑いあう。


どこか遠い宇宙からやって来たような、純金のエリートさんたちだ。メッキじゃない。ぜんぜん、まがい物じゃない。おぎゃーと生まれ落ちた時から、純金に囲まれ、純金とともに育ち、純金を食べ、純金のくそを垂れ、つばも小便も血も汗も純金のしずくだ。


ひけらかさなくても、純金は生まれながらに彼らの血管を流れていた。


気味が悪いったらありゃしない。


予定より大幅に遅れて厚い雲に覆われた成田に着くと、純金一族のボンボンどもの微笑みがいやでも目についた。広告塔も、駐車場も、嘘っぱちも、死刑も、選挙も、田舎町も、食い物も、汚物も、汚染も、どしゃぶりも、噴火も、何から何まで、ボンボンのものだ。

犬も小鳥も風景も。


デンバーで過ごした借金まみれの新居もひどいが、食うや食わずの、こっちのあばら家暮らしもひどすぎる。


何とかしなきゃと思ってもどうにもならないが、まず、半身不随に鞭打って、ポスター貼りだ!!




山本太郎



隠蔽、ごまかし、嘘八百でやり繰りしているうちに徹頭徹尾異論がないほどとち狂ったものらしい。

 

狂えば狂うほど、きちがいであればあるほど、破廉恥であればあるほど尊敬を集め、のし上がっていけるとなれば、そうでないものは勢い片身の狭い思いをするものだ。選挙なんてきちがいの祭典、デタラメの最たるものだ。

 

まわれ、右🤛!

逃げるがサンジユウハツケイ!

 

成田からユナイテッドで10時間、格安運賃往復141.000ドルの大枚をはたいてデンバーのはずれ、砂漠のど真ん中に逃げ込んできたというのにやっぱりここでもそいつが、政治のクソ野郎が手ぐすね引いて待ち構えていたなんて!

 

ちびちゃんにせがまれて散歩に出ようとしたところをとっ捕まった。

お隣さんの、兵隊さんに。

 

ばーさん夫婦にねーさん夫婦にかーちゃん(イタリア出身)の爺さん婆さんがフロリダから来ているそうな。一番上の7歳のちびっ子を先頭に十数人が入り乱れて、誰が誰やらわかりゃしない。

 

ばーさんは那覇出身の71歳、入間市の隣町・福生の基地にも住んだことがあるそうな。

タコス(メキシコ料理)を食い、ビールやワインをやりながらワイワイギヤーギヤやっているうちはよかったが、そのうちトランプ支持派の男性陣とアンチ🦹‍♀️🦹‍♂️トランプ派の女性陣が喧喧諤々の言い争いをおっぱじめて、パンケーキは飛ぶ、ケチャップは飛ぶ、ジェラード(イタリアのデザート)は飛ぶ。終いにはビールのシャワーで泡まみれだ。

 

一歳半のチビから三歳、四歳、五歳、七歳のちびっ子たちが逃げまわり、滑って転んで大はしゃぎだ。

 

負けてはおられない!

 

お国では革命さ、ビンボー人がお金ザクザクをコテンパンにやっつけているんだよなぁ、れいわ新選組さ、山本太郎というにーちゃんがゲバラだぜ。トランプなんて目じゃないね、フン!

 

ヨイヨイにドン底にシングルマザーの天国さ!ホームレス様様さ!派遣バンザイさ!弱いものイジメの変態どもがみーんな、尻尾を巻いて逃げてるぜ!

 

 

ホームレス(デンバーのホームレスatダウンタウン)

 

 

どんなもんだい!!

 

 

「放射能がね……」沖縄から来たばあさんが溜め息をついた。「どうしようもないよ。バキュームカーでかき集めて、宇宙にでも撒き散らすのかね?」

「うー」

「それとも、じーと我慢するのかね?」

「うー」

「こん畜生!、だよな」

「うー」うなるしかない。「うーぅっ」

「でも那覇にいる妹たち5人に山本太郎さんを頼んでおくよ、福生の知り合いにも。ひょっとしたらひょっとだからね」

「うむ、うむ ! !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜日(デンバーは6日)に朝早くから無料食品配布所の教会へ行った。

その規模といい、安定感といい、豊富な食品群といい、量の多さといい、まさに低所得者層……とりわけうちの娘のような、不安定労働圏を渡り歩くしかない人びとにとっては生きるために無くてはならないものだ。

 

たとえ1ダースの家族がいても食うに困らないだけの牛肉のかたまり、手羽先、小麦粉の袋詰め、玉ねぎ、レタス🥬、マカロニ、りんご🍎、トマトジュースの缶詰、クッキーに大豆、エビ、タラ、油、それに種々雑多な調味料と何でも貰える。

「もう十分よ」と断る事は出来ても「もっと頂戴」とせがむ事は出来ないけれど、どれもこれもあり余るほど十分すぎる量なのである。

 

 

来場者は身分証明書や免許証を提示して赤い番号札を貰うと、カートやカタカタ、段ボール箱、荷車と思い思いの容れ物を持って順番に品物を受け取って山盛りいっぱい運んで行く。渡しているボランティアもちびっ子から老人👩‍🦳まで種々雑多で、受け取ってる方も人種から年齢まで種々雑多だけど、皆、笑顔に溢れている。よろこびにあふれている。

 

私が住んでいる埼玉のはずれで「無料食品配布」をやれば大勢の人たちがあふれるだろう。それほど食うや食わずの生活にみんな苦しんでいるのだ。

 

脳梗塞で倒れて以来、どんなにリハビリに励んでも手が動かない。歩くとひっくり返る。言葉がまったく飛び出して来ない。

 

それでも、何とか言語障害だけでも克服して、食品会社やスーパー、ボランティア団体と交渉してなんとか「無料食品配布」所をやつてみたい。

 

自分の食べものを手に入れるためにも。