ルンペン放浪記

ルンペン放浪記

労働者のありったけ


 

 

好きなように生きる――これが一番楽なように思えるが、実際はなかなかむずかしい。好きなことなど、そうそうないのである。

 

楽しいことも、おいしいものも、自然を愛することも、怠けることも、“やり過ぎる” と、どん底にたたき落とされる。

 

わかっていた。

 

それでもかまわず“怠けること”を暮れから一週間ほど無理矢理やってみた。

 

はらわたをさらけ出せ。ボロッカスだらけなんだから。

 

 

飲んだくれてはへべれけになり、血のような赤ワインをゲロゲロ吐いたり、呆け果て夢幻をさまよったりして、買いだめしたワインがなくなったその日、何とかよたよたしながら、無理をして近場へチラシ撒きに出かけた。

 

撒き終わってワインを2、3本買って帰るためである。

 

元気な頃は、テント野宿して、熟睡するにはどうしてもアルコールは欠かせなかったが、それでも体に良くないとわかっていたので何度となく“禁酒”を試みた。何度目かの沖縄行きで、思い立って禁酒し、滞在中の6日間つづけ通して、それが最長記録であった。

 

よたよたした足取りで、昔よく配っていた家々を一軒ずつ配っていると、なぜかおもしろくなってきた。

 

すべては終わっている。とっくの昔に。

それなのにまるで新しい何かが、始まっているみたいだ。

 

老いぼれた建て売りにはどうにも手のつけようもないあばら屋も目立が、大半は玄関口まで真新しい手すりがついている。

 

古ぼけた建て売りを抜けると若い夫婦と子供が住んでいる新築の建売住宅がベビーカーやアニメの飾り付けを並べている。

 

新しい建て売りにはかならず何軒かは、広告やチラシはお断りします、と貼られている。

 

何の希望もないのに何か別口の希望があるみたいだ。

 

――――そんなことを思いながらチラシを一軒一軒配っていくのはひそかに楽しく、1時間ほどで100枚の束を配り終えると、ふと、これっきり“禁酒”したらどうだろうと考えた。

 

 

それから14日が過ぎた。

 

 

紙を一時間がかりで買いに行って印刷を繰り返し毎日せっせとチラシ撒きを繰り返し、疲労困憊してダウンして、その日、危うく酔いの誘惑に負けそうになったが、暗いなかをすぐ近くの酒屋に行くだけの体力も気力もなかったので運良く飲まずにすんだ。

 

(印刷したビラの束1、300枚。すでに7、700枚印刷している。エプソンのインク代もB5の紙代もできるだけ安いところで手に入れている。)

 

 

昔、金のない家庭の子だけ入れる東伏見学生寮に入って、先輩に無理やり酒を飲まれてからというもの何十年も酒に入り浸って、まったくの中毒だったというのに。

 

いや、酒に入り浸ったおかげで、何とか狂わずに、生き延びてきたというのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

4つ、5つのちびの頃、九州筑豊で炭坑夫をしていたおとんが結核で倒れ、食えなくなったので鬼の木というど田舎の、爺さん婆さんの掘っ立て小屋に捨てられた。

 

その頃、カンテラの明かりで庭に作られた五右衛門風呂に入ると、いつも牛さんが寄ってきて最初は怖かったが、顔をこすりつけて目をとろんとさせて気持ちよさそうにしているのを見ると、可愛らしかったことを思い出す。

 

 

今年は、うし年だという。

 

 

素敵な詩だ!!

 



                    高村光太郎

牛はのろのろと歩く
牛は野でも山でも道でも川でも
自分の行きたいところへは
まっすぐに行く
牛はただでは飛ばない、ただでは躍らない
がちり、がちりと
牛は砂を掘り土を掘り石をはねとばし
やっぱり牛はのろのろと歩く

   牛は急ぐ事をしない
   牛は力一ぱいに地面を頼って行く
   自分を載せてゐる自然の力を信じきって行く
   ひと足、ひと足、牛は自分の道を味はって行く
   ふみ出す足は必然だ
   うはの空の事ではない
   是でも非でも
   出さないでは堪らない足を出す
   牛だ
   出したが最後
   牛は後へはかへらない
   足が地面にめり込んでもかへらない
   そしてやっぱり牛はのろのろと歩く

      牛はがむしゃらではない
      けれどもかなりがむしゃらだ
      邪魔なものは二本の角にひっかける
      牛は非道をしない
      牛はただ為たい事をする
      自然に為たくなる事をする
      牛は判断をしない
      けれども牛は正直だ
      牛は為たくなって為た事に後悔をしない
      牛の為た事は牛の自信を強くする
      それでもやっぱり牛はのろのろと歩く

    何処までも歩く
    自然を信じきって
    自然に身を任して
    がちり、がちりと自然に突っ込み食い込んで
    遅れても、先になっても
    自分の道を自分で行く

       雲にものらない
       雨をも呼ばない
       水の上をも泳がない
       堅い大地に蹄をつけて
       牛は平凡な大地を行く
       やくざな架空の地面にだまされない
       ひとをうらやましいとも思わない
       牛は自分の孤独をちゃんと知ってゐる
       牛は喰べたものを又喰べながら
       ぢっと淋しさをふみごたへ
       さらに深く、さらに大きい孤独の中にはいって行く
       牛はもうとないて
       その時自然によびかける
       自然はやっぱりもうとこたへる
       牛はそれにあやされる
       そしてやっぱり牛はのろのろと歩く

     牛は馬鹿に大まかで、かなり無器用だ
     思い立ってもやるまでが大変だ
     やりはじめてもきびきびとは行かない
     けれども牛は馬鹿に敏感だ
     三里さきのけだものの声をききわける
     最善最美を直覚する
     未来を明らかに予感する


    見よ
    牛の眼は叡智にかがやく
    その眼は自然の形と魂とを一緒に見ぬく
    形のおもちゃを喜ばない
    魂の影に魅せられない
    うるほひのあるやさしい牛の眼
    まつ毛の長い黒眼がちの牛の眼
    永遠を日常によび生かす牛の眼

      牛の眼は聖者の眼だ
      牛は自然をその通りにぢっと見る
      見つめる
      きょろきょろときょろつかない
      眼に角をたてない
      牛が自然を見る事は牛が自分を見る事だ
      外を見ると一緒に内が見え
      内を見ると一緒に外が見える
      これは牛にとっての努力ぢゃない
      牛にとっての当然だ
      そしてやっぱり牛はのろのろと歩く

        牛は随分強情だ
        けれどもむやみとは争はない
        争はなければならない時しか争はない
        ふだんはすべてをただ聞いてゐる
        そして自分の仕事をしてゐる
        生命(いのち)をくだいて力を出す
        牛の力は強い
        しかし牛の力は潜力だ
        弾機(ばね)ではない
        ねぢだ
        坂に車を引き上げるねぢの力だ

    牛が邪魔者をつっかけてはねとばす時は
    きれ離れのいい手際だが
    牛の力はねばりっこい
    邪悪な闘牛者(トレアドル)の卑劣な刃にかかる時でも
    十本二十本の鎗を総身に立てられて
    よろけながらもつっかける
    つっかける
    牛の力はかうも悲壮だ
    牛の力はかうも偉大だ

         それでもやっぱり牛はのろのろと歩く
         何処までも歩く
         歩きながら草を喰ふ
         大地から生えてゐる草を喰ふ
         そして大きなからだを肥やす
         利口でやさしい眼と
         なつこい舌と
         かたい爪と
         厳粛な二本の角と
         愛情に満ちたなき声と
         すばらしい筋肉と
         正直な涎を持った大きな牛
         牛はのろのろと歩く
         牛は大地をふみしめて歩く
         牛は平凡な大地を歩く


 


 

 

 

 

かつて、高江のテント小屋に野宿していたとき、夜になって豪雨が来るというのでテント小屋のまわりに排水孔を掘ってくれた重機のようなおっさんたちが2、3人いたが、手慣れていて屈強で、素早く、あっという間に深い溝が掘りあがった。

 

 

その中のひとりがブログ『海鳴りの島から』をあげている目取真俊(1960年、今帰仁村生まれ)であったことを今でもありありと覚えている。

 

最近、その彼が毎日のようにびら配りをしているのを知って親しみを覚えた。

 

 

彼は雨の日も様子を見い見い配っているらしいが私は雨の日はもちろん風の日も寒い日も休む。

 

15、6年前私は、月に100部ほどのびら新聞を出していて、人気が出てくると近くの河原で暮らしている野暮らしたちの手を借り、毎月8000部から1万部を配布しつづけた。大多数の野暮らしたちがいなくなり、金も続かなくなったので途絶したが、去年の暮れからまた自分で印刷し、ひとりで配りはじめた。

 

 

別に初心に戻ったわけではないが、一軒一軒配っていると、玄関の飾り付けや自転車の様子、乗用車の汚れぐあいや植木や花で住んでいる人の日常が見えてくる。

 

この十数年のうちに人々の暮らしは、目に見えて悲惨になっていった。他人をおもんばかる余裕がなくなってしまった。

 

自分さえ良ければよい、仕方ない! という考えに凝り固まって隣人の不幸に手を差し伸べることも出来ない。毎年2ヶ月保養に出かけるコロラド州デンバーの住宅街では考えられないが、誰も住まなくなった廃屋が売り買いもままならず年々増え続けている。

 

そして、人々の情報源は隣近所からではなく、TVや仕事先から仕入れたものになってしまった。

 

すべてが怪しい。

 

新聞もテレビも、専門家も会長さんも、平等も差別も、大統領も自治会も、市長も総理も、博愛も虐殺も、コロナも戦争も平和も、地球も宇宙も、原発も辺野古も……つまり、一切合切が眉唾物だ。

 

われわれは眉唾物のなかで生きている。嘘八百のなかで。そいつを拒絶しても、やはり、眉唾物のなかだ。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

去年の暮れから新年にかけて身のまわりが急変した。

 

死につつあるときは、夢を見るときも、ひっくり返りながら歩くときも、口からこぼして食べるときも、海に飛び込むように風呂に飛び込んで入るときも、縁起を担いで“死”を避けようと必死で呪文を唱えていたが、思いっきり杖を捨てて思いっきり外歩きをするようになってから、徐々にすべてが変わっていった。

 

年には勝てない。

 

それはわかっていたが、ほんとうは死にたくなかった。

「黒い雨」(井伏鱒二)に出てくる、医者からも近親者からも見捨てられて被爆死をさまよう骨皮筋の土左衛門のように。

 

●輸血とビタミンCの大量補給と桃と生卵を食べること。

●怠けると達観すること。

●それと、旺盛な闘病精神。

                                         ――岩竹博の手記より――

 

 

 

どうして生き返ったのか、それともある日ぽっくり息を引き取るのか、まだ予断を許さないが、食べるものが変わったことだけは、ここで語っておきたい。

 

 

 

家族が節句とか誕生日とか、祝い事があるときは、出前寿司を取る。私は海産物がどこでとれ、米はどこ産かわからないので決して食べない。

 

それが2、3ヶ月前、何かの祝い事で寿司を取り、みなが食べ残した残がいのすみっこにキュウリ巻き(カッパ巻き)がふたつみっつあったので、一つつまんでみたら、これがとてもおいしかったので、汚染されていない米を炊いて、自家製のキュウリを海苔に巻いて毎食のごとく食べるようになった。

 

カッパ巻きを作ることは何回やってもなかなか面倒である。

 

 

やがて、カッパ巻きよりちらし寿司の方が楽だし、汚染されていないエビ、たこ、イカ、ホタテなど海産物を選び、キュウリや海苔、絹さやで色づけして、朝昼晩と食べるようになってしまった。

 

味噌汁もやめて、百円から百五十円の鯛の頭で、四、五食分のおすましを作り、すするようになってしまった。

 

それまでは食べ物など大して意識していなかった。長いこと、朝は赤だしと自家製漬物、納豆、昼はバター付きトースト一枚と自家製ジュース、夕食は牛肉としらたき、野菜の自家製炒めものとワイン1/2から1本が定番だったが……。

 

貧富の差によって、年齢によって、個々の健康状態によってその時々の食べ物は違うのだろうが、私の場合、どうやら最後にアルコール類は一滴も飲まないで済むちらし寿司にたどり着いたようだ。

 

(自家製ちらし寿司)

 

 

大変遅くなったが、新年明けましておめでとう。実際はちっともおめでたくないかもしれないが……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月下旬から撒いている。

 

700枚刷った。

あと500枚刷り、駅頭で呼びかけながら配布する。

 

まだ嫌がらせは受けていない。

毎日が緊張していて、楽しい。

 

 

 

――――記――――

 

 

 飯能市(および大和ハウス関連会社&体育会系利権屋)は加治丘陵の自然を破壊するな!! 

 

以前、飯能浄水場のそばが巨大なメガソーラー場になっていることに驚いたが、まさか、加治丘陵の西側が東京ドーム3個半分のメガソーラー墓地になるとはつい11月まで知らなかった。

 

現市長を筆頭に彼らは10数年前から計画し、20億で阿須丘陵七国コースを買い占め、すでに工事用道路を完成した。

 

メガソーラーが出来てしまえば、おしまいだ。大量の除草剤で大地は死に、山崩れ、地滑り、環境破壊と、おそろしいことにさらに電磁波障害で付近の住宅地は人も動物(犬や猫も)も逃げ出さなくてはならない。

 

まず大和ハウスをボイコットしよう。ついで、次回の選挙(来年8月)で現市長にNoを突きつけ、自然を愛する飯能市民、近隣市民の力を集めて、メガソーラ建設を撤回させよう!

 

          田中冽 レツ(入間市野田712-3 04-2932-4828)                                                         2020年12月記。

 

 

 

 

なお、昨日わかったが昔良く所沢や新座のデモで一緒になった伊藤岳(現参議院議員)が来年の国会で質問してくれるそうだ。