瀨戸一平の琵琶ブログ

瀨戸一平の琵琶ブログ

日本古来の楽器『琵琶』。今では弾く方が少なってきましたが、琵琶の事をいろんな方に知っていただきたいです^^
出張演奏のご依頼も承っております。お気軽にお問い合わせください。

荒神琵琶はお経を唱えながら琵琶を弾くのですが、その際弾く曲を仏奏曲といいます。

琵琶だけの仏奏曲を一通り通せるようになったので、これからは音のクオリティを上げていこうと思いますグー

荒神琵琶は、薩摩や筑前と違って、琵琶を横に構えるのと(縦に構える方もいらっしゃいます)、薩摩とは撥の大きさが全然違うので、まだちょっとバランスが難しいですタラー

しかし、これ弾きながらお経唱えるのはむちゃ難しそうなんですが…ニコニコ


先日、荒神琵琶を習いに福岡に行ってきました。

荒神琵琶というのは、九州に残っている琵琶で、法要の時や、荒神さんや地神さんに対する祈祷の際、唱えられるお経とともに演奏される琵琶です。

九州各地に荒神琵琶はあるのですが、私が習ったのは玄清法流(筑前琵琶の元)の琵琶です。









天台宗玄清法流の妙音寺さんで、毎月18日に行われる護摩供法要に参加させていただき、その後お稽古をつけていただきました。

始めたばかりですが、興味深い事ばかりで今後も楽しみです。

新たな琵琶がやってきました。
筑前琵琶(四弦)です。

私が普段弾いている薩摩琵琶と比べると、二回りくらい小さな琵琶です。撥も小さい。

素材は、胴の裏面と竿、糸口と糸倉と糸巻は桑。
胴の表面は桐でできています。
駒の表面は煤竹(すすたけ)を貼っています。

この琵琶で、新たに荒神琵琶を習おうと思っています。

詳しくはまた!