第四十三回 横浜に残る我国最古の荷物用エレベーター | ユージーのブログ

ユージーのブログ

ユージー技建㈱のスタッフブログへ
ようこそ!!

 

 

 

 

みなさま、こんにちは晴れ

11月に入り、暦の上では冬も目前となりました雪の結晶

 

 

 

本日の UG建築トピックス はこちらです目

 

 

 

 

 

横浜に残る我国最古の荷物用エレベーター

 

 

 

 

横浜赤レンガ倉庫(近年お洒落な観光スポット)に残る

「我国最古の荷物用エレベーター」

〇印:エレベーターシャフト

 

 

 

米国オーティスエレベーター製、

建設当時3基設置。

そのうちの1基を展示・保存中。

(横浜市認定歴史的建造物)

 

 

・横浜税関新港埠頭(保税)倉庫として建設された。

 

・往年の日活映画のアクションシーンには

常連の舞台。派手な銃撃シーンが

演じられた映画の聖地。

 

 

 

展示用に色々な安全対策がとられており、

古い面影が残っているので見学必見!

明治末から大正初期の荷物用エレベーター。

 

 

 

今でもヨーロッパの古いアパートメントでは

「蛇腹付エレベーター」が現役で使われている。

紹介するのは荷物専用で乗用禁止。

勿論、稼働はしない。

展示用に危険と思われる数々の部品も

撤去されている点を考慮した上で

見学するのがおすすめ。

 

 

 

本来のモーター設置位置ではない。

また、危険防止の観点から

ワイヤーは完全に撤去されている。

 

約90年昔の施設であることを考えると、

建築設備としては超近代的であったことが

よく分かる。(近代産業遺産認定)

 

 

 

写真:エレベーターシャフトのヘッド部分の見上

カウンター用バラストに注目。

 

2004年 BCS賞

2007年 アジア太平洋遺産賞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真・文責  児玉 博文

 

 

 

 

※ BCS賞

一般社団法人日本建設業連合会により、日本国内の優秀な建築作品に与えられる賞。

わが国の良好な建築資産の創出を図り、文化の進展と地球環境保全に寄与することを目的に毎年表彰される。

 

 

 

 

 

 

建築士 児玉博文の個人ブログ

↓ 『日本建築見聞録』はコチラ♪ ↓

 http://ameblo.jp/hirofumikodama/

 

 

 

 

 

次回もお楽しみに音譜

 

---------------------------

 

 

岡山県瀬戸内市牛窓町鹿忍4544-5

TEL 0869-34-4561

 

建築事業(住宅・店舗・オフィス) , 福祉施設リフォーム事業 ,

土木事業 , 不動産事業 , アメニティ事業

 

HPをチェック♪

 

---------------------------