第二十回 旧神戸居留地から発掘された地下水渠 | ユージーのブログ

ユージーのブログ

ユージー技建㈱のスタッフブログへ
ようこそ!!

 

 

 

 

みなさまこんにちはビックリマーク

 

岡山県では早くも梅雨入りし、連日雨が続いていますが

みなさまいかがお過ごしでしょうかあじさい

 

 

 

 

 

 

建築士 児玉博文による UG建築トピックス 音譜

 

第二十回目の今回は、こちらですにひひ

 

 

 

 

 

 

旧神戸居留地から発掘された地下水渠

 

 

 

 

 

明治5年(1872年)頃、神戸旧居留地に

造られたレンガ作りの下水管渠(かんきょ)

 

 

 

 

 

下水施設、最初期の煉瓦造構造物のひとつ。

 

 

 

 

 

 

レンガ造の水渠(すいきょ)断面詳細

(近代文化遺産:国登録有形文化財)

 

 

 

 

 

同発掘水渠

断面は卵型と円形の2種類がある。

(★横浜でも卵型管が発掘されている)

 

 

 

 

 

 

 

 

写真・文責  児玉 博文

 

 

 

 

 

※ 下水管渠(げすいかんきょ)

下水を流下させる、管を用いた円筒形の地下水路。適切な勾配(こうばい)をもち,よどみなく下水処理場まで下水を送る。

 

 

 

 

 

 

 

建築士 児玉博文の個人ブログ

↓ 『日本建築見聞録』はコチラ♪ ↓

 http://ameblo.jp/hirofumikodama/

 

 

 

 

 

次回もお楽しみに音譜

 

---------------------------

 

 

岡山県瀬戸内市牛窓町鹿忍4544-5

TEL 0869-34-4561

 

建築事業(住宅・店舗・オフィス) , 福祉施設リフォーム事業 ,

土木事業 , 不動産事業 , アメニティ事業

 

HPをチェック♪

 

---------------------------