1-3月期の日本のドラマで楽しんだものに『不適切にもほどがある!』以外にもいくつかありました。


久しぶりのピュアラブストーリー?『eye love you』
主人公の2人可愛いなぁ と 保護者目線で童話みたいな展開で楽しみましたラブラブ ておくん可愛かった飛び出すハートLINEスタンプも。

そして『不適切~』 と同じくおじさんが主人公で世の中の色々を考えさせられた『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』

スタートして3話目くらいから、弟から見ている。と聞いてみ始めました。Tverで1話目から見ることができてよかったです。

こちらのドラマは『不適切~』のようの派手さ、エンターテイメント感はなかったのですが、見終わった後のほっこり感というか清涼感というか しっくり感がありました。

狭い世界が舞台ながら様々な個々の価値観と社会の認識のズレの中で足掻く登場人物たちの戸惑いと心の動きと変化を、とても丁寧に作り上げられていてよかったです。

同じ時に似たようなテーマに主人公もおっさんだけど、仕上がりはかなり違うテイストだったなぁと面白く感じました。
同じく「婚活ものも」2つあったし。これもテーマが被っているとはいえ、大分中身が違って面白かったです。

それにしてもいつの間にかすっかり俳優さんとしての存在感が強いよね?の原田泰造さんがいい味出してたなぁ。

最近はアクの強い嫌な感じのおじさん(サラリーマン)役が多かった気がしますが、今回は嫌な上司役、家族の皆んなから無視される父親というところからスタートして 最後はいい雰囲気の柔らかい人にまでアップデートされた主人公役でした。


雰囲気が、ドラマ中とはいえ、最初はいやらしい表情の嫌な感じだったのが、最後はほんわかな雰囲気な人に見えるから役者さんとしても素直にすごいなぁと思っちゃいました。

 

ロサンゼルスランキング
ロサンゼルスランキング