ソフトパックティッシュ「場所に合わせた3つの使い方」 | ufufu blog *整理収納からもったいないゴミを減らすufufu Osaka*

ufufu blog *整理収納からもったいないゴミを減らすufufu Osaka*

ufufu osakaのメンバーがモノとの付き合い方をテーマに想いを綴ります。

 

このブログは

 

『整理収納からもったいないゴミを減らすufufu Osaka』(うふふ おおさか)のメンバーである、

 

整理収納のプロたちが、「モノとの付き合い方」について綴る リレーブログです。

 

 

今回のメンバーは ■ 山口 あや ■

ufufu Osaka長野支部メンバーの山口 あやです。

 

長野県軽井沢町在住。 夫と小3の息子の3人家族。


子どものできたを育む【お片づけ講座】と【お片づけサポート】 を中心にお仕事をしています。

山口あやのホームページ・ブログはこちらからどうぞ。

長野 軽井沢│お片づけサポートmamaのて(ままのて)
https://yamaguchiaya.com

 

 

●ソフトパックティッシュ「場所に合わせた3つの使い方」

 

01ソフト朴ティッシュ

 

ティッシュペーパーと言えば、ボックスティッシュが一般的ですが、

数年前からソフトパック(箱なしタイプ)が 店頭でみられるようになりました。

当初は、派手な色味のパッケージが主流でしたが、
シンプルなものが出始めたのを機に使ってみると


とっても便利!


それ以来ずっと、ソフトパックティッシュを愛用しています。


今回は、

お気に入りを 気持ちよく使い
ゴミの分別も 無理なく


を大事にした

我が家のティッシュペーパー事情
”場所に合わせた3つの使い方”と合わせてご紹介します^^
 

 

 

ソフトパックの1番のメリット

 

 

ソフトパックには、
かさばらない、箱を省いてエコ、など
良い点が色々ありますが

何と言っても一番のメリットは、
”空きパックの処分が楽” なこと。

<ボックスティッシュの場合>
箱をつぶす → 取り出し口のビニールをはがす → 本体を雑紙(古紙)として出す
と、ちょっと手間ですが・・・

<ソフトパックティッシュの場合>
容器包装プラスチックごみとして出すだけ

面倒くさがりのわたしには、この手軽さが、本当に助かります。


 

 

ソフトパック と ボックス、環境に優しいのはどっち?

 

 

では、ソフトパックとボックス、環境に優しいのはどちらでしょう?

プラスチックゴミによる海洋汚染のニュースを見聞きすると


ビニールでできたソフトパックより、紙でできたボックスの方が

何となく環境によさそう・・・

と、感じることもありそうですが(←少し前の私(^^;))

私達にできることは、

土に還らないプラスチック製のゴミを、屋外でポイ捨てしないこと!

ソフトパックも、ボックスも分別すれば、
その後、プラスチックや紙の原料としてリサイクルされます。

つまり、分別すれば、いずれも環境に優しく
自分が無理なく分別できる方を選ぶことが、環境配慮につながる◎

というのが、今の私の見解です^^
 

 

 

わが家の愛用ティッシュは、この2つ

 

 

ちなみに 現在、我が家で愛用しているのはこの2つ。

 

  • イデシギョー シンプルスタイルティッシュペーパー (左)
  • ロハコ オリジナルソフトパックティッシュ (右)

 

02ソフトパックティッシュ



1. イデシギョー シンプルスタイルティッシュペーパー 150組5個入


 こちらは、近所のドラッグストア(マツキヨ)で購入しています。
パッケージが真っ白でシンプル。サイドに残量の見える透明な丸窓がついています。

 

03ソフトパックティッシュ

 

シンプルなだけでなく、やわらかく使い心地が良い点も、お気に入りです♪

薄くてやわらかいため、
同じ150組5個入りでも、↓こんなにカサ(高さ)が違います(゚д゚)!
 

02ソフトパックティッシュ

 

↓イデシギョー(左側)のやわらかさが、見た目(透け感)からもわかります。

 

04ソフトパックティッシュ 13ソフトパックティッシュ

 

 

 

2.ロハコ オリジナルソフトパックティッシュ 150組5個入


 こちらは、ネット通販で 送料無料にするための買い合わせとして、最近購入したものです。
パッケージデザインが優しい色味で、インテリアに馴染みます♪
 

05ソフトパックティッシュ

 

小口面の形状が、キャラメル包みのように四角くなっているので
箱に近い安定感があり、よりコンパクト!
 

06ソフトパックティッシュ

 

ロハコ(左側)は、空になってもぺちゃんこになりません↓

 

07ソフトパックティッシュ

 

 

 

場所に合わせた3つの使い方

 

 

ここからは いよいよ、我が家での
“場所に合わせた3つの使い方”をご紹介します^^


① ピンチにはさんで吊るす

1つ目は、ピンチにはさんで吊るす方法です。

 

洗面所やキッチンなど、カウンターをなるべく広く使いたい場所では、
イデシギョーのシンプルスタイルティッシュを、
ハンギングステンレスピンチ(100均4個入り)にはさんで
タオルバーに吊るしています。
 

14ソフトパックティッシュ

 

(※ロハコのような小口形状だと、残念ながらピンチではさめません( ;;))

 

 

② ケースに詰め替える
 

2つ目は、ケースに詰め替える方法です。

人目にふれるリビング・ダイニングでは、
無印良品のラタンティッシュボックスに詰め替えて使っています。
(イデシギョー、ロハコ、どちらもOK)
 

08ソフトパックティッシュ

 

上ぶたで抑える形状のため、ソフトパックだと、
ふたの重みでティッシュを取りだしにくくなりますが・・・

今まで使っていた ボックスティッシュの空き箱 を利用して、
横から ソフトパックを詰め替えれば

上ぶたの重みも問題ありません^^

 

10ソフトパックティッシュ 09ソフトパックティッシュ

 

ちなみに、ボックスティッシュの取り出し口のビニールをはがして
取り出しやすくしています↓

 

11ソフトパックティッシュ

 

 

③ そのまま置く

3つ目は、そのまま置く方法です。

比較的 人目に触れない場所には、
ロハコのティッシュをそのままポンっと置いています。

主張し過ぎない適度な存在感と、コンパクトさが〇。

 

12ソフトパックティッシュ




ここまで、


この1・2年で すっかり「ソフトパックティッシュ派」になってしまった


我が家のティッシュペーパー事情でした。





お店に行けば、少しずつ特徴の違う、
沢山の種類のティッシュペーパー
が売られています。

どんな理由で、
どんなティッシュペーパーを選ぶかは


お家によってさまざま◎
 

 

この「ufufu blog」が、


自分の暮らしにあったモノのことを考えるきっかけになったら嬉しいです(^^♪

 

 

 


● ufufu Osakaよりお知らせ ●

自分の暮らしに合ったモノのことを考える」
モノとキモチを繋げる 衣類の交換会
ufufu xChange


2019年7月6日(土)
gallrey&shop itoknitさんにて


楽しみ方はこちらをご覧ください。

 

2019年7月21日

豊中市立eMIRAIE環境交流センター

親子ぐるぐるフェスに「絵本の交換会」で参加します。

 

6月4日より絵本の回収が始まります。

くわしくは、豊中市広報やufufu OsakaのHPにてご確認下さい。


HPはこちら↓

イベントのお知らせやお問合せはHPをご覧ください。

 

 

 

整理収納からもったいないゴミを減らす取り組みを発信する

ちょうどe!ネットワークの運営団体として活動しています。