ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

ufu CAFEのコーヒー通販部の松岡です☕

 

先日の記事でコピルアクが2種類あるとお伝えしました。

 

・檻で飼育されたジャコウネコから採れたコピルアク

・野生のジャコウネコから採れた天然のコピルアク

 

どちらも同じコピルアクですが、

よく頂くご質問で、

「どちらが美味しいですか?」

「どっちがいいですか?」

「どっちが・・・」

と言った事です。

 

今日はその違いをご案内します。

これは、我々コーヒー屋の主観も含めてです。

 

ノーマル・・・メリット

日本並びに、世界中で通常出回っているものがこちらです。

・檻で飼育されているので決まった量が収穫できます。

・餌として与えるコーヒーチェリーを変化させれば味のコントロールも出来るでしょう。

・実際豆の大きさも均一です。(均一の豆を与えているからです)焙煎しやすい。

つまり、焼きムラもなく手間もかかりません。

 

ノーマル・・・デメリット

・檻の中で飼育される事でジャコウネコへのストレスがかかる。

 

次に天然の場合

 

天然・・・メリット

・ストレスのない野生のネコから採取される

・流通が少なく希少価値が高い

・簡単には手に入らない

 

天然・・・デメリット

・まとまった量の確保が難しい 読めない収穫量

・豆の大きさはジャコウネコが決める為、選別に手間暇がかかる

・味にばらつきがある

 

でしょうか・・・ニコニコ

ちなみに、肝心な味に関しては、正直どちらがどうとかは

皆様感じ方が違うので一概には言えません。

 

ただ、送られる(受け取り側)としては、

野生の方がテンションあがるかもしれませんね笑い泣き!!