本日6月2日の本会議で、天皇の退位等に関する

 皇室典範特例法案(内閣提出第六六号)に反対致しました。

 

昨年8月の陛下のお言葉を拝聴しておりますと、

 「象徴天皇」ということを何度も強調されていました。

 しかし、自民党の改憲草案の第一条は

 「天皇を国家元首とする」ことが記されてあります。

 微妙な言い方になりますが、陛下のお言葉は、

 安倍政権へのシグナルだと感じておりました。

 

私自身が陛下のお気持ちを斟酌させていただくと、

 特例法ではなく、恒久法でなければならないと感じます。

 今回、付帯決議が付されたということで

 野党は賛成にまわりましたが、それも苦渋の選択だとは思います。

 ただその付帯決議は検討期限すら明記されなかった。

 ですので、私は現在、無所属ですから、

 様々な意見を聞いて、最後は自分で判断しました。

 

陛下のお立場の問題ですから、

全会一致が大原則なのは私も重々承知しております。

 ただ、その中で私も考えに考え抜いて、

 自らの判断で退席ではなく、

 反対の意志を明確にさせていただきました。