義足ランナー | かんばらががんばるブログ

かんばらががんばるブログ

創業95年。宮崎県にある工務店、上原林業㈱のブログです。
“うえはら”が正式なのですが地元では“かんばら”の愛称で呼ばれ地域密着企業目指してがんばっております!


テーマ:

先週は佐賀と大分へ出張に行ってきました。

今年は木材業界や商工会の役職を務めているのでその分出張が多いのですが、せっかく貴重な時間を割いて繰り出すのですから何か一つでも吸収して帰らなければと思っています。

 

大分ではJR九州の唐池社長や義足ランナー中西麻耶さんの講演を聞いてきました。

 

特に印象深かった中西麻耶さん。

過去3回のパラリンピックに出場し世界選手権ではメダルをとった実績もあり、今現在サンデースポーツの9月マンスリーキャスターを務めてらっしゃいます。

 

高校卒業後もソフトテニスの競技を続けていた中西さんは当時働いていた建設現場で鉄骨の下敷きになり片足を切断します。

想像を絶する絶望感だったはずですが、両親の屈託ない振る舞いや事故当時履いていたのが父親のトランクスだったとか面白エピソードを交え、こちらを同情させるのではなくどんどん話に引き込んできます。

 

夢を実現させる為に必要なものが3つあるとのこと。

「お金」、「時間」、「エナジー」

若いときは時間はそこそこあってエナジーもあるがお金がない。

年をとるとお金と時間があるがエナジーがない。

私の年代(30~40代)ではお金とエナジーはそこそこあるものの時間がないといった感じでしょうか。

 

アスリートとして海外を転戦するには膨大なお金が必要です。

そこで中西さんはこれまでに鍛え上げてきた肉体と障害のあるところを「セミヌード」として表現し販売して活動資金にあてることにしました。

物凄い決断です。

しかし残念ながら「障害を売り物にするな」という世間の非難も凄かったそうです。

「足は失っても心は失っていない」

という強い想いで地道に歩んできた中西さんも心を失いそうになったエピソードは他にもたくさんあったようです。

 

それでも乗り越える強い精神力。

我々には計り知れない力を持っている女性。

明確でゆるぎない「夢」があるからこそ「お金」と「時間」と「エナジー」を限界まで捻出し上手く使っているのだと思います。

 

「小さな勇気を出す努力を続けること」という言葉は私の胸にささりました。

役職に立候補すること、会議で発言すること、知らない人とコミュニケーションをとること。

世の中に小さな勇気を出す場面はたくさんあります。

面倒くさいと思ったらそれまで。

別に恥をかくわけでも失敗する訳でもありません。

しかし成長もありません。

中西さんは幾多の場面で小さな勇気を出してきたのでしょう。

そして幾多の失敗を重ねた上で成長し、今現在アスリートとしても一人の女性としても充実しているのだと思います。

 

私自身はもちろんですが、従業員や組織のメンバーに小さな勇気を出させてあげる環境を作ることも大事なんだと思います。

 

今月のサンデースポーツは見逃せません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かんばらさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス