View this post on Instagram

‪#顔 ⠀ 今回撮った写真の中で、これが1番好きかも…! ⠀ 私はずっと自分の容姿に自信が持てません。‬ ‪⠀‬ ‪「お前はビジュアルが中の下なんだから、見た目で勝負できねぇんだからさ」‬ ‪「ブスのおまえが…」‬ ‪⠀‬ ‪幾度となく面と向かってかけられるこのような言葉の数々に、この数年整形したいと真剣に考えていました。 いつもこう言われるたびに「自分の顔くらい自分でわかってますよー!」なぁんて笑い飛ばしてきたけど、どれもこれもスタッフさんからの言葉だからしんどかった。 ‪⠀‬ ‪「そんな顔でよくアナウンサーになれましたね」‬ ‪「ブスでなんの取り柄もないくせにテレビに出ないでください」‬ ‪⠀‬ ‪SNSを介して直接来る一般の方からのメッセージに、悲しさとか恥ずかしさとかいろんな感情がごちゃまぜになって苦しかった。 もちろん、こういう仕事を自分で選んでいるわけで、何を言われても仕方がないという部分はあるし、もちろん覚悟はしています。 気にしないとは思っていても、やっぱり気になるものです。 ⠀ 愛がない「ブス」はただの悪口だし、嫌がらせ。 私はそう思います。 プラスに働くことなんて何もないのに、なぜわざわざ言葉にして、直接伝えるんだろう。 言われて嬉しい「ブス」もあります。 それは相手との関係次第です。 ⠀ ‪一方で、いろんな人からブスブス言われすぎて慣れてきている自分もいました。 でも、慣れていても、やっぱり苦しみは消えるどころか大きくなる一方。 容姿のことは努力だけではどうにもならない部分もあるから、結構ツライんですよ。 私のことを産んでくれた母や家族がいるわけですから。 ⠀ 体型や服装やメイクに歯並び。 自分でコントロールできる部分は努力しました。 もちろん内面を磨くこともあわせて、できることはできる限り! ⠀ 少しでも払拭したくて、今回いろんなパターンで写真を撮らせてもらいました。 ⠀ 眉毛は下がってて、目は釣り上がってるし、小じわも目立ってきたし、歯が大きいし、あご長いけど、私は今の自分が好きです。 ⠀ メイクの塩山千明さん。 スタイリストの矢羽々さゆりさん。 そして、カメラマンの尾藤能暢さん。 ⠀ プロのみなさまのおかげで今の自分と正面から向き合うことができ、新しい自分に出会うこともできました。 ありのままの自分を受け入れて、これからも背伸びすることなく、私らしく毎日笑って過ごせるように、日々のちょっとしたひと手間とたゆまぬ努力を積み上げていきます。 ⠀ こんなこと書くとまた情緒不安定とか言われちゃうんだろうけど、私はとっても元気です。笑 ⠀ ************************************* #上田まりえ #プロフィール写真 #タレント #キャスター #司会 #オフショット #カメラマン #尾藤能暢 #ヘアメイク #塩山千明 #衣装 #スタイリスト #矢羽々さゆり ⠀

上田まりえさん(@marieueda929)がシェアした投稿 -