リサイクル着物屋でゲットしたお宝着物!!! | 上田紬の伝統工芸士 リョウマがゆく!
新型コロナウイルスに関する情報について

リサイクル着物屋でゲットしたお宝着物!!!

先日、テレビの歌番組で卒業ソング特集をしていましたが、卒業ソングと言えば斉藤由貴さんの「卒業」かユーミンの「卒業写真」の2つ以外思い浮かばない昭和へGO!リョウマです。

 

お知らせです。

YouTubeで「機巻き」(はたまき)の工程の動画をアップしました!!

織る前にたて糸を巻き取る工程です。 動画中にリトルリョウマが3回登場しますのでそちらもお見逃しなく!(笑)

 

https://www.youtube.com/watch?v=5N7qhG64Xq8&t=3s

 

 

さて、年々縮小している着物業界の中にあって活性化しているジャンルと言えばレンタル着物とリサイクル着物です。

特にリサイクル着物は大手チェーン店以外にも着物好きな方が個人で販売されているのでどんどん拡大している感じがしています。

上田市で毎年秋に開催している着物イベント「キモノマルシェin上田」でも着物フリマは大人気ですし、出店を希望される方も年々増えてきていますしね。

 

でもこんなにリサイクル着物屋が多くなってくると、価値のありそうないわゆるお宝モノの着物ってもう出尽くしているんじゃないかな?と思っていたんですが、まだまだお宝は沢山眠っているようです。

 

神奈川県茅ケ崎市で個人で着付けサロンを営んでいるドヤ顔ブロガーの花歌さんのブログによると、訪れたリサイクル着物屋で掘り出し物の紬の着物をゲットしたのだそうです。

着物や証紙の写真を載せてくださっていたので色々な情報が分かったんですが、作ったのは僕と同じ長野県の作り手で下井さんという方の作品です。

 

下井さんは飯田市で飯田紬の作り手として活動されていましたが5年ほど前に信州紬の組合を抜けて、現在は下井紬として作家的な立ち位置で活動していらっしゃいます。

銀座のもとじさんなどでも作品が出ていますのでご存知の方も多いと思います。

 

そんな下井さんが信州紬に属していた20年以上前の作品ですからある意味ヴィンテージモノですし、作品を見るとたてよこに紬糸を用いていて手織りで織っているので相当な手間がかかっていると推測されます。

値段で言うとおそらく今だったら30万前後はするのではないでしょうか。

それを花歌さんはお仕立て上がりで5000円でゲットされたというのですからまさにお宝ゲットですねアップ

 

他にも宮古上布もゲットされたそうで、花歌さんもいつもに増してドヤ顔でした(笑)

 

お宝着物について詳しくは花歌さんのブログをご覧くださいませ。

ブログランキングに参加してます!  

下の「着物・和装」のバナーをポチッとして頂けますとランキングに反映されて、ブログを書く励みになります !

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←ここをぽちっとお願いします!
にほんブログ村 

 

 

ふるさと納税の返礼品でも人気です。

 

 

まとめブログも書いてます。 よかったらご覧くださいませ!