着物を買う時に絶対に気をつけておきたいポイント | 上田紬の伝統工芸士 リョウマがゆく!

着物を買う時に絶対に気をつけておきたいポイント

この春で4歳になる娘は最近スキップを覚えたらしく歩き時にはスキップをして進んでいます。

そんな光景を見ていて懐かしくなり娘と一緒にスキップを共演している44歳中年の星リョウマです。

 

昨日はこの冬一番の冷え込みで今シーズン初めて水道管が凍みて染色場の水が出てきませんでした。

立春が過ぎたとは言え、2月は例年では一番冷え込みが厳しくなる時期なのでユニクロの極暖ヒートテックで防寒して信州の寒さを乗り切りたいと思いマッスル!!

 

今週末はガッツリと織りをしています。 織っているのはリョウマブランド第2弾です。

こちらの写真が織っているデザインでたて糸はモノトーン系のグラデーションをあしらっています。

織り上がったらブログでアップしますのでどうぞお楽しみに~。

 

さて、今日は着物を買う時に絶対に気をつけておきたいポイントについてお話したいと思います。

以前、ブログやYouTubeでご紹介しました「着物を買う時に気をつけたい3つの事」とタイトルは似ていますが内容は全く別物です。

ちなみに着物を買う時に気をつけたい3つの事というのは頭文字を取ってTPOと名付けました。

Tがtimesで着る回数、Pはpriceで値段、Oはobi(帯)でコーディネートでしたね。

 

今回ご紹介する着物を買う時に絶対に気をつけておきたいポイントというのは1つだけです。

それは「誰が作ったか?」です。

 

リサイクル着物ならともかく新品の着物(反物)に誰が作ったのか書いてない商品があるわけない!と思われるかもしれませんが実際に時々あるんです。

友禅染とか技法だけとか真綿紬といった素材だけ明記しているものもあれば、産地名は書いてあるけどどの工房が作ったのか書いてないものまで色々あります。

 

作り手が書いていない商品って言わば品質が保証されていないのと一緒です。

例えば皆さんは車の購入を検討されている時に高性能の車がリーズナブルな値段で売られていたとしてもどのメーカーが作ったのか分からなければ怖くて買いませんよね。

 

それにせっかくマイサイズに誂えるのでしたらやはり誰がどういうところでどういう思いで作ったのかが分かった方が愛着も湧きませんか!?

ですので着物を買う時に気をつけたい3つの事(TPO)をクリアした着物にプラスして誰が作ったのかも確認して頂ければと思います。

 

そんな内容の動画をアップしましたのでそちらも合わせてご覧くださいませ!!

チャンネル登録もよろしくお願いします!

 

ブログランキングに参加してます!  

下の「着物・和装」のバナーをポチッとして頂けますとランキングに反映されて、ブログを書く励みになります !

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←ここをぽちっとお願いします!
にほんブログ村 

 

 

 

手織り上田紬 オンラインショップ


 

*お取引をご希望の小売店様は『お問い合わせフォーム』よりお問い合わせくださいませ。