リサイクル着物が着物の決まり事をぶっ壊す!? | 上田紬の伝統工芸士 リョウマがゆく!

リサイクル着物が着物の決まり事をぶっ壊す!?

今朝の信州上田は冷え込んで車の外気温計は8度を指していました。 

家から外に出る時にYシャツを腕まくりしていたんですが、すぐにそのことを後悔したクールビズ男リョウマです。

 

さて、やっと10月らしい気候になってきましたが、まだまだ日中は25度を超える夏日になったりしています。

先週末に開催した着物イベント「キモノマルシェin上田」の当日も天気が良すぎるぐらいで30度近くまで気温は上がったんじゃないかと思います。

 

天気予報で暑いのが予想されたので僕は単衣の上田紬を着て参加しました。

着物姿で沢山お越しくださった方がいたんですが、袷の方もいましたし単衣の方も結構いらっしゃったようです。

 

一応の決まり事として10月からは袷の着物というのがありますが、もうその決まり事は段々と風化している感じがします。

これは温暖化の影響もあるでしょうが、リサイクル着物が沢山流通するようになったのも理由の1つではないかと個人的に思ってます。

 

リサイクル着物を購入する時にはまず着物の色合いやデザインが好きかどうかを見ますよね。 

それから自分の寸法に合っているかどうかを確認して、着れそうだったら値段を見て買うかどうかの決断をする、という流れだと思います。

袷か単衣かというのは購入する時の判断基準としてはおそらく重要度は低いのではないでしょうか。

 

例えば誂え着物だったらこの季節に着ようという風にちゃんと考えて袷か単衣に仕立てるわけですが、リサイクル着物の場合はそういうところが薄まっていてファッションとしての要素が強くなっているような気がします。

袷の時期でも単衣を着る方が増えているのはそれもあるかな?というリョウマ的仮説でした。

信じるか信じないかはあなた次第!(笑)  

 

着物を着る機会ってそんなに多くはないですから、10月と4月はいっそのこと袷と単衣を両方着れるWの季節という風に変えてもいいんじゃないかと思っています。

その方がもっと着物を楽しめると思いますのでね。

 

写真は染め上がって糊をはって乾かしているカーキ系濃淡と生成りの3色の糸。

乾いたら着物になるように下ごしらえをしていきます。

ブログランキングに参加してます!  

下の「着物・和装」のバナーをポチッとして頂けますとランキングに反映されて、ブログを書く励みになります !

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←ここをぽちっとお願いします!
にほんブログ村