非常識な着物ショー!? | 上田紬の伝統工芸士 リョウマがゆく!

非常識な着物ショー!?

時々、ショッピングモールに入っているサーティーワンアイスクリームを食べる時があります。

沢山あるアイスの中から「どれにしようかな~?」と一瞬考えるのですが、大体いつも口の中で弾ける食感がたまらないポッピングシャワーを頼んでしまうパチパチパンチリョウマです。

 

さて、ネットニュースで興味深い着物の記事を見つけました。

非常識な着物ショーが大盛況になったワケ」という何とも読みたくなるタイトルです。

どんな内容かと言うと、毎年GWに開催している「東京キモノショー」を主宰している中野さんとおっしゃる方のイベントへの思いや取り組みなどを綴っています。

東京キモノショーは僕はまだ行った事はありませんが、昨年から始まった和裁士大賞など画期的な取り組みが毎年開催されて気になっているイベントです。

 

記事の中で気になった箇所があるので抜粋してご紹介しますね。

 

中野さんがキモノショーを立ち上げた理由はもう1つある。

それはここ5年ほど運営に関わっていた既存のイベントが、一部の着物好きの集まるイベントとして業界の内側へ向いてしまったことだ。また、大手業者が参入することによって商業的になりすぎてしまったこと、それと同時に運営側も当初の伝統文化としての着物をもっと広めたいという純粋な熱が冷めてしまい、単に区画を売って儲けるだけの実行事務係になってしまったことへの反発である。

 

イベントが大きくなってある程度の集客が見込めるようになってくると売りたい気持ちも分かります。

でもイベントで着物を売るといった商業的要素が強くなってくるとお客さんが純粋にイベントを楽しめなくなって結果としてお客さんが遠のいていってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

僕も着物イベントを企画しているので中野さんの気持ちはすごく共感出来ました。

 

商業的になりすぎるのはよくないですが、ただ全く販売ブースがないのも味気ないイベントになってしまうのでバランスが大切ですよね。

来年こそは東京キモノショーへ行きたいなぁ。

あと、既存のイベントって秋にやってる着物イベントの事かな!?

 

話変わって、先週末に開催した上田紬のストールを1日で制作する織りのワークショップ織りの休日倶楽部に参加してくださった方が、早速ブログにアップしてくださっています。

しかも丁寧に分かりやすく、面白く書いてくださっています。 「織りの休日倶楽部」にご興味のある方は必見ですぞ!!

着付け教室「華華」 生徒さんと上田紬のストールを織ってきました!!

 

写真はブログを書いてくださった方が織っている様子。 普段は着付け教室やつまみ細工の先生をしているそうです。

織りの休日倶楽部にご参加くださる方には着物をお召しになる方も結構いらっしゃっいますアップ

ブログランキングに参加してます!  

下の「着物・和装」のバナーをポチッとして頂けますとランキングに反映されて、ブログを書く励みになります !

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←ここをぽちっとお願いします!
にほんブログ村