本格派の着物の着こなしの前に立ちはだかる大きなハードル!? | 上田紬の伝統工芸士 リョウマがゆく!
2019年04月10日(水)

本格派の着物の着こなしの前に立ちはだかる大きなハードル!?

テーマ:着物

今朝の信州上田は季節外れの雪が降っています。 気温も1度しかなくて冬に逆戻りです。。

久しぶりに雪を見て寒い季節を思い出し、鍋が恋しくなった鍋奉行リョウマです。

 

さて、昨夜は久しぶりに飲みに行ってきました。

工房のある塩尻地区の若手自営業者とのざっくばらんな飲み会でした。

工房近くにある酒蔵、「沓掛酒造」の若き杜氏、ヒロ君も来ていたので、来月開催される蔵開放の話から始まって日本酒業界のあれやこれやについて聞きました。

 

僕は日本酒はあまり飲まないので知らなかったんですが、2年ぐらい前に日本酒はちょっとしたブームだったのだそうです。

若い層や女性をターゲットにしたシャンパンのような炭酸入りの日本酒など、本来の日本酒とは違う飲み方の日本酒が出てきたことでブームになったそうなのですが、結局は長続きしなかったようです。

日本酒業界はシャンパン日本酒を入り口として本来の日本酒が広がっていけばと考えていたと思うんですが、それは思うようには広がらなかったわけですね。

 

そんな話を聞いていたら今の着物業界と何か被る部分もあるなぁと思えてきました。

最近は洋服感覚で簡単に着られる着物が続々と出てきています。 それは日本酒で言うなればシャンパン日本酒です。

そこを入り口として着物デビューした方はそこから本格派の日本酒へとステップアップしていくのかなぁと考えてみたんですが、そこには大きなハードルがあるように感じました。

 

いわゆる本格派の着物の着こなし方というのはYoutubeなどの動画を見ても出来るとは思いますが、着付け教室などで習った方が良いというのは言うまでもありません。

気軽に着物を着るのに慣れてしまった人の中でどれぐらい本格派の着物の着こなしを習う方がいるんだろうか?という事ですね。

そんなことをウーロンハイを飲んで酔っ払いながら思っていた4月の夜でした。

 

写真は1次会からの2次会のラーメン屋でビールで乾杯ビックリマークの様子。 もうすでにみんな出来上がってます(笑)

右手前のチェック柄のシャツを着ているどんぐり君が「沓掛酒造」の若き杜氏、ヒロ君です。

その奥2人が工房のご近所の味噌醸造元&酒販売店「原商店」のご夫婦。

 

〆でラーメンとチャーハンと味噌カツ丼のトリプル炭水化物を食べた猛者がいました(笑)

ブログランキングに参加してます!  

下の「着物・和装」のバナーをポチッとして頂けますとランキングに反映されて、ブログを書く励みになります !

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←ここをぽちっとお願いします!
にほんブログ村 

 

 

 

 

リョウマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ