地の利を生かした展示会とは!? | 上田紬の伝統工芸士 リョウマがゆく!
2019年03月15日(金)

地の利を生かした展示会とは!?

テーマ:着物

サッカー日本代表に香川選手が復帰したとのニュースを見て、エースナンバーの背番号10番は中島選手と香川選手のどちらがつけるのかちょっぴり気になっています。

 

そういえば僕も大学時代にサッカーをしていたんですが、割り振られた背番号は18番だったので野球のエースナンバーだ!と密かに嬉しかった当時は巨人ファン、今はアンチ巨人ファンリョウマです。

 

さて、いよいよ来週の21日の春分の日から24日(日)の会期で上田市複合文化施設「サントミューゼ」で展示会を開催します!!

上田市のこのような公の場で展示会を開催するのは初の試みとなります。

 

今回この展示会を開催するに至ったのは、3年前に工房で開催した展示会がきっかけです。

その時は新作半幅帯展と題して、展示会の為に半幅帯を制作して開催しました。

2週間の会期でDMをお送りした方がお越しくださったり、たまたま工房見学におこしくださった方が半幅帯を購入してくださったりと、集客も売上も上々の結果だったと思います。

 

ただ、開催してみて今後も継続していくかどうかを考えた時に、何だか違和感がありました。

そもそも工房で展示会をしようと思ったのはギャラリーなどの会場を借りたりすると経費がかかるので、地元で展示会するんだったら工房でやったら経費もかからないし、仕事をしながらお客様がお越しになった時に対応すれば時間を効率的に使えるし、いいことづくめじゃん!と思ったからです。

 

ですが開催してみて、これって地元で開催する展示会の地の利を生かしていないのでは?と感じました。

マニアックなところで言うと、1993年のテレビドラマ「チャンス」で三上博史さん演じる本城裕二さんから「小さくまとまるなよ!」と言われているようでもありました。

 

どういうことかと言うと、工房で展示会を開催すれば確かに会場費などの経費はかかりませんが、工房の駐車場は車5台しか停められないですし、工房内も大人数を収容できる広さではないので、チラシやポスターを配って不特定多数の集客するのは無理があるからです。

 

それで閃いたのが上田市の公共施設「サントミューゼ」での展示会開催です。

市の公共施設ですから会場費はリーズナブルですし、駐車場はすごく広いので不特定多数の方にもお越し頂けますし、会場も大きいので色々な展示が出来ます。

市の公共施設なので販売はNGなのですが、これはデメリットではなくてメリットであると前向きにとらえています。

なぜならお越しくださる方に変に気を使わせることなく純粋に展示をご覧頂くことが出来るからです。

 

もしも展示をご覧くださった方の中で購入したいと思ってくださった方がいらっしゃったら工房はすぐ近くにありますので、そちらをご案内すればいいわけです。

これぞ地元開催の地の利を最大限に生かした展示会なのではないかなと思った次第でござる。

 

今回は上田紬をちゃんと見た事もない方も沢山いらっしゃると思うので、そういう方に上田紬を色々な角度からご覧頂き、楽しんで頂ければと思っています。

内容としましては3つのブースに分けて、1つ目は上田紬の歴史や特徴、そして上田紬が出来るまでの染織の工程を展示するところ、2つ目は着物好きな方に向けての着物や帯の展示、3つ目は近年の新しい取り組みをご紹介する展示の予定です。

あと、コースター織りの体験(500円)も会期中毎日やります。

 

そんな内容モリモリ盛り沢山の展示会に是非ともお越しくださいませ!!

僕は会期中毎日、着物で皆様をお出迎え致しますので、よろしければ着物でどうぞニヤニヤ

 

『手織り 上田紬 小岩井紬工房展 ~第1回 船出~』

日程・3月21日(木・祝)~24日(日) 10時~17時(最終日は16時)

場所・上田市複合文化施設 サントミューゼ  市民アトリエ・ギャラリー

入場無料

ブログランキングに参加してます!  

下の「着物・和装」のバナーをポチッとして頂けますとランキングに反映されて、ブログを書く励みになります !

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←ここをぽちっとお願いします!
にほんブログ村 

 

リョウマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ