これを和服と言うのか!? | 上田紬の伝統工芸士 リョウマがゆく!
2019年02月17日(日)

これを和服と言うのか!?

テーマ:着物

子供の頃、祖父母がNHKの番組ばかり見ているのが不思議で仕方なかったんですが、アラフォーになって祖父母の気持ちが身に染みて分かってきた昭和枯れすすきリョウマです。

 

若い時は何時間見ていても平気だった民放のテレビ番組がアラフォーになった今では1時間も見ればお腹一杯でうるさく感じてしまいます。

そんな時にNHKにチャンネルを変えるとすごく落ち着くんですよね~。  

この気持ちに共感してくださる方は案外多いのではないかと思っていますが、どうでしょう!?

 

さて、僕は時々スナック菓子を買って食べることがあるんですが、先日久しぶりにかっぱえびせんを買ったんです。

それで何気なくパッケージの裏側を見たら、SOU・SOUという和ブランドのタイアップ広告が載っていました。

「SOU・SOU流のポップな和服」というキャッチフレーズでポップなデザインの和服風な衣服を纏ったお母さんと作務衣を着たお子さんの写真が載っていました。

 

 

そもそもSOU・SOUとは何かと言うと若者に人気の京都の和ブランドです。

自由で楽しい新ジャンルの和装の提案をされているそうで、それは見た目から伝わってきます。

 

5年ぐらい前に工房見学にお越しくださった上田市出身の若い女性がSOU・SOUで働いていらっしゃるとの事で僕はその時初めてSOU・SOUというブランドを知りました。

 

ネットでSOU・SOUのウェブサイトを見た時に最初は「これを和服と言っちゃうの!?」と思いましたが、同時に「面白いじゃんビックリマーク」とも思いました。

着物っぽいけど着物じゃなくて着物よりも気軽に着られる和装、それがSOU・SOUなんですよね。

気軽さとお洒落さが若者に人気の理由なんだと思います。

 

着物に興味があるけどいきなりちゃんとした着付けは大変だし、、、という方や着物にワンポイントで遊び心を持たせたいという方にもおススメです。

あ、ちなみに僕もSOU・SOUの足袋靴下を洋服の時ですが愛用してマッスル。

 

それにしてもSOU・SOUが国民的お菓子のかっぱえびせんとタイアップするまでになったとは、それだけ成長してきて勢いがある証拠だと思います。

今後、着物業界とどういう化学反応を起こしていくのか目が離せないですね。

SOU・SOU ウェブサイト

 

 

あと、最後にこれだけは言わせてください。

今も昔もかっぱえびせんはやめられない止まらないです。

あやうく一人で一袋ペロリといっちゃうところでしたニヤニヤ

 

 

 

お知らせです!!

上田紬の小物の生地をデザインする織りのワークショップ。

「KoMoNo時間」(こものじかん)の記念すべき第一回を開催します!

日程は3月30日(土)、31日(日)です。  

30日はすでに満席となっておりますが31日(日)はまだ残席があります。

ご興味のある方はお問合せくださいませ。  お問合せフォーム

こもの時間の詳細はこちらをご覧ください。→ KoMoNo時間

ブログランキングに参加してます!  下の「着物・和装」のバナーをポチッとして頂けますとランキングに反映されて、ブログを書く励みになります !

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←ここをぽちっとお願いします!
にほんブログ村

リョウマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ