気になる呉服屋に行けない理由 | 上田紬の伝統工芸士 リョウマがゆく!
2019年02月14日(木)

気になる呉服屋に行けない理由

テーマ:着物

最近、娘がリカちゃん人形に目覚めたようで毎日保育園から帰ってきて遊んでいます。 

2歳の娘のおままごとの相手をしながら娘よりも楽しんでいる自分に気がついた43歳のオッサンリョウマです。

 

さて、皆さんは気になるお店ってありますか? 

僕は気になっているシャレオツな飲食店が何軒かあります。  気になってはいるんですが、未だに1人でランチングに行けずにいます。

もしかしたらお客さんは女性ばかりでオッサン1人で行ったら完全アウェーな状況で食事をしなければいけないかもしれない。。。 そんなことを考えているから行けないんですよね。

 

呉服屋に対してこういうちょっぴりネガティブな考えを持たれてなかなか行けずにいる方は少なからずいらっしゃると思います。   

特に着物を始めたばかりの方は予備知識や呉服屋での経験も少ないのでそう思っている方は多いのではないでしょうか!?

 

なぜ行きたくても行けないんでしょうか?    それはお店の事をよく知らないからです。

お店の事を知らないとイメージでこんなお店じゃないかな?と推測するので、マイナスなイメージがつきまとう呉服屋はそれが結果として来店するハードルを上げてしまっているんですよね。

 

ですので全国の呉服屋さんを紹介するサイトがあったら行きづらいハードルを下げてくれるのできっとそのサイトは人気になると思います。

お店の内観や商品だけの紹介だけだとあまり意味ナッシングなので、そこで働く人の紹介も出来れば動画でやれたらいいですね。

実際に動画配信している呉服屋さんは全国に沢山ファンがいるそうなので、やっぱりそういう事なんだと思います。

 

ちなみに僕は呉服屋に1人で行くのはもちのロン全然へっちゃらです。

以前、とある呉服屋さんに勉強を兼ねてお客さんとして行った時に店員さんがごり押ししてこないかなぁと密かに待っていたんですが、やはり加齢臭、いえ、同業者臭が出ていたようで当たらず触らずの対応でした。

ごり押ししてきたら専門的な質問ラッシュしようと思っていたんですけどね。。。

 

最後になりますが、皆さんが気になっているけど行けない呉服屋さんがあったとしたら、まずはネットや周囲の友達などから情報収集してみるのがいいですね。

それであまり情報が得られなかった場合は何か買う物を決めて行ってみるといいかもしれません。 

店内の商品を色々と見ている時にもしも店員さんが高そうな着物をごり押ししてきて何か買わないと帰れなそうな雰囲気になったら、「実は足袋を見に来ただけなんです。」と言って足袋を買って早々と退散しましょう走る人

 

写真は織り上がりたてホヤホヤの着尺(着物用の生地)です。

赤みがかった紫の地色に多色の縞柄をあしらっています。 

縞の色合いを途中から変化しているので仕立て方で雰囲気がガラッと変わるシャレオツなデザインとなっております。

工房で展示、販売しておりますのでご興味のある方はお問合せくださいませ。

ブログランキングに参加してます!  下の「着物・和装」のバナーをポチッとして頂けますとランキングに反映されて、ブログを書く励みになります !

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ ←ここをぽちっとお願いします!
にほんブログ村

リョウマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ