紬の振袖がマジョリティになる日 | 上田紬の伝統工芸士 リョウマがゆく!
2019年01月13日(日)

紬の振袖がマジョリティになる日

テーマ:着物

回転寿司は注文が新幹線で運ばれてくるタイプと回転寿司レーンでどんぶらこっこと回ってくるタイプのお店がありますよね。

新幹線タイプのお店に慣れていて久しぶりにどんぶらこっこタイプのお店に行ったら回ってきた注文のお皿を取り忘れたリョウマです。

これって結構あるあるネタだと思うんですが、どうでしょうか?

 

さて、明日は成人の日なので成人式ネタ、つまり振袖ネタを綴ってみたいと思います。

昨年はハレの日事件という最高の晴れ舞台の日に最悪な事件が起きてしまいましたが、今年は無事に式典が行われることを祈っています。

 

ところで振袖は友禅染めの着物が一般的です。 高いのだと絞りや刺繍をあしらったものもありますよね。

ですが大島紬の産地である奄美大島では大島紬を振袖として着るのが一般的になっているようです。

上田紬でも2年前から上田市の呉服屋さん「ゆたかや」と連携して上田紬の振袖を広めるプロジェクトを細々とですが開始しました。 

 

さらに先日、SNSでアップしているのを発見したんですが、僕がこの仕事を始めた時に一時期染めや織り、そして絣の勉強をさせて頂いた琉球絣の産地である沖縄県南風原町でも紬の振袖を制作していることが判明しました。

 

もしかしたら今後、紬の振袖がマイノリティ(少数派)からマジョリティ(多数派)へと変わっていくかもしれません。

個人的にも生まれ育った地の伝統織物を着て成人式に参加するってすごく素敵だと思うのでどんどん広まっていけばいいなぁと思っています。

 

写真はリョウマ作・上田紬の七色の振袖。 制作期間半年以上かかった大作です。

お召しくださっているのは演歌歌手の野村未奈さんです。 

7年前の上田場千本桜まつりのステージ衣装としてお召しくださいました。

この着物は片身変わりに織ってあります。 左と右の袖に注目して頂くとお分かり頂けると思います。

 

 

ブログランキングに参加してます!  下の「着物・和装」のバナーをポチッとして頂けますとランキングに反映されて、ブログを書く励みになりますデレデレ

よろしくお願いします! 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  ←ここをぽちっとお願いします!

リョウマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス