着物の世界は広いようで狭い!? | 上田紬の伝統工芸士 リョウマがゆく!
2018年11月06日(火)

着物の世界は広いようで狭い!?

テーマ:着物

昨日から「着物制作LABO」で着物ブロガーの花歌さんが半幅帯を織りにきてくださっています。

花歌さんは神奈川県の茅ヶ崎で着付けサロンをしていて色んなところに着物でお出かけしている着物アクティブな方です。

 

もちのロン、今回もガッツリ着物で織っています。

着物で機織りは絵になりますね~ニコ

 

花歌さんは織りQこと「織りの休日倶楽部」(上田紬ストール織り1日講座)にも何度もご参加くださっているので、半幅帯の織りもとても綺麗に織り進んでいます。

柄がランダムな縞の大作なのでちょっと時間はかかりそうですが、ゴイスーな作品になりそうです。

織り上がったらブログでもご紹介しますのでお楽しみにどうぞビックリマーク

 

さて、今日のブログの本題ですが、着物好きな花歌さんに東京のお気に入りの呉服屋さんを尋ねたところ2軒教えて頂きました。

1軒は高円寺のリサイクル着物屋さんでもう1軒は表参道の呉服屋さんでした。

驚いたのはどちらのお店も僕は知っていたというか、多少のつながりがあるお店だったのです。

 

高円寺のリサイクル着物屋さんは女性店主さんが4年ほど前に工房見学にお越し下さった事がありました。

その時のブログ→勉強熱心なお客様

 

表参道の呉服屋さんはこれも4年前に僕が東京の呉服屋さんを営業巡りしていた時期に訪ねていたお店でした。

当時、新宿から東京まで山手線沿線の駅をローラー大作戦と称して全部歩いて営業巡りしたのは今となってはいい思い出です、って言うかよくこんな大変なことやったな~と自分で自分を褒めてあげたいですちゅー

その時のブログ→山手線ローラー大作戦!

 

着物業界は市場規模がピーク時の6分の1になっていますが、それでもまだまだ広いと思っていました。

でもやっぱり狭いのかもしれませんね。

 

また東京の呉服屋さん巡りをしてみようかな。。。 今度は山手線内回りで(笑)

 

 

ブログランキングに参加してます!  下の「着物・和装」のバナーをポチッとして頂けますとランキングに反映されて、ブログを書く励みになりますデレデレ

よろしくお願いします! 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  ←ここをぽちっとお願いします!

リョウマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス