上田紬の展示会 in 上田市商店街 | 上田紬の伝統工芸士 リョウマがゆく!
2018年11月05日(月)

上田紬の展示会 in 上田市商店街

テーマ:着物

ご自分でデザインした着物や帯をご自分で織り上げるプログラム「着物制作LABO」で、今日から半幅帯を織りに神奈川で着付けサロンをされている花歌さんが工房にお越しになります。

花歌さんは織りQこと「織りの休日倶楽部」(上田紬ストール織り1日講座)に何度も参加してくださり、今回満を持してのLABOへの挑戦です。

ブログで半幅帯のデザインをアップされていたんですが、多色の色糸をかなり細かく縞にしていたので織り上がりが楽しみです。

 

さて、昨日一昨日の先週末に上田市立美術館主催で上田市街地の商店街で開催されたマチマチフェスティバルというイベントに出展させて頂いてきました。

今日のブログではその様子をご報告させて頂きます。

 

開催場所は上田市のメインストリートと言っても過言ではない海野町商店街にあるハナラボ・ウンノというところです。

こちらが展示室の外観です。  シャレオツなお店のような雰囲気ですね。

 

木枠を上から吊るしてあったりと見て楽しめるようになっています。

上田市立美術館の皆さんが夜まで準備してくださったおかげです。

 

展示室は染め、織りとカテゴリーに分けて展示してありました。 

こちらは染めブース。 鮮やかな化学染料と柔らかな色合いのりんご染め(植物染料)の展示です。

 

こちらは出来上がった製品(小物)のブース。

手前にある道具は真綿からつむいだ糸を巻き取る道具です。 今は糸染めからですが、戦後しばらくは工房でも糸をつむぐところからやっていたので、その当時の道具です。

今もスイッチを入れれば動くのでいつかは工房でも糸つむぎからやりたいですね。

 

圧巻だったのは天井から吊り下げた反物の展示です。

なかなかこういう風な見せ方はしないので斬新です。 ずっと見てたらゲゲゲの鬼太郎の一反木綿を思い出しましたニヤニヤ

 

上田の町中で出展させて頂けたことで普段会えないような方と会う事が出来て楽しかったです。

あと、なかなか上田の町を歩くことってないので何だか新鮮でしたね。

町を回遊するような着物イベントが出来たらきっと楽しいだろうなぁと妄想も膨らみました。

 

あ、それと地元ネタですが展示室の隣の隣にあった上田市民のソウルフード「じまん焼き」のお店「富士アイス」にひっきりなしにお客さんがいらしていて常に行列が出来ていました。 

やっぱりじまん焼きはゴイスービックリマーク

 

展示室では織り体験も実施して、友人知人を含めて多数体験してくださいました。

また町で出展したいですね~。

ブログランキングに参加してます!  下の「着物・和装」のバナーをポチッとして頂けますとランキングに反映されて、ブログを書く励みになりますデレデレ

よろしくお願いします! 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  ←ここをぽちっとお願いします!

リョウマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス