僕が展示会に出なくなった理由 | 上田紬の伝統工芸士 リョウマがゆく!
2018年10月12日(金)

僕が展示会に出なくなった理由

テーマ:着物

10月になり秋の味覚を堪能出来るのは嬉しいんですが、アレルギーで鼻水が止まらなくなったりするのはつらい今日この頃ですえーん

 

さて、今日のブログでは僕が展示会に出なくなった理由について綴ってみたいと思います。

 

僕は5年ぐらい前までは東京の展示会にも積極的に出るようにしていました。

出ていたのは主に百貨店の催事場で開催されている「職人展」や「伝統工芸展」などです。 

上田紬のアピールをする事が展示会での1番の目的でしたが、東京で展示会に出ると1週間ほど滞在するので経費分ぐらいは売り上げなければいけないですし、ゆくゆくは着物も販売出来ればと思っていました。

 

ですが、、、出展を重ねていくうちに現実が見えてきたのです。

 

百貨店は確かに多くの方がお越し下さり伝統工芸品の中でも普段使い出来るブラシや包丁などは飛ぶように売れていましたが、着物のブースに興味をもってご覧くださる方はほんの一握りだという事。

実際に僕の体験談として新宿の百貨店に出展した時は宿泊費などかかった経費の3分の1ぐらいの売上で、しかも着物に興味がある方はほとんどいらっしゃらずにアピールもあまり出来なかった苦い思い出があります。

 

そして僕が展示会に出なくなった理由の決定打となったのは全国の百貨店の催事場を渡り歩いて販売している方から「こういうところで実績(売上)を作るには毎年出なければ意味がない」とお聞きした事です。

 

ブラシや包丁とかなら展示会場で仕事をしながら販売が出来たりしますが、僕の場合は展示会に出ている間は仕事を完全にストップしてしまいます。 

もしも毎年、全国の百貨店の催事場を渡り歩くというスタイルにした場合、今のうちの規模では仕事が回らなくなってしまうので無理が生じてしまうのです。

 

そのような理由から積極的に展示会に出る事は控えるようになり、それよりも工房へお越し頂くにはどうすればいいかを考えるようなりました。

 

それで誕生したのが織りQこと織りの休日倶楽部」(上田紬ストール織り1日講座です。

参加してくださる方には織りを通して上田紬をアピールが出来るので1日7名様、4日間で28名様には確実に上田紬を知って頂けますし、実際に織りを体験して頂く事によって上田紬を身近に感じて頂けるのです。

これってゴイスーな事ですよね!!

 

さらに展示会に出展すると交通費、宿泊費がかかりますが、織りQの場合は工房で開催することで経費がかからない分、参加費もリーズナブルに抑えられて参加してくださる方にとってもハッピーな企画なのですアップ

織りQの参加費は9,300円で特製激ウマお弁当とおやつも込みで、とってもお得なので皆さん驚かれますがお得な理由はそういうところにあるんです。

 

おかげさまで2015年に開催して以来、ずーっと満員御礼で大人気の企画に成長しています。

その発展形として着物制作LABOもこの春からスタートしまして、これも段々と参加してくださる方が多くなってきました。

さらに来春からは財布やがま口、ポーチなどの小物の生地をデザインして織る企画「こもの時間」(仮)もスタートする予定です。

どうぞお楽しみにビックリマーク

 

織りQやこもの時間の開催日の事前のお知らせをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

 

ちなみに展示会のお問い合わせも時々頂くので、今年から自発的に東京で展示会をしていくようになりました。

5月に開催した展示会では織りQに参加してくださった方が大勢遊びに来てくださって盛況だったので、今後は展示会も無理がない範囲で開催していけたらと思っていますアップ

 

写真は最近作った織りQのチラシです。  シャレオツな出来栄えに仕上がりましたニヤニヤ

沢山印刷したので設置させて頂けるところがありましたら是非よろしくお願いしますビックリマーク

ブログランキングに参加してます!  下の「着物・和装」のバナーをポチッとして頂けますとランキングに反映されて、ブログを書く励みになりますデレデレ

よろしくお願いします! 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  ←ここをぽちっとお願いします!

リョウマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス