きものサローネの立ち位置とは!? | 上田紬の伝統工芸士 リョウマがゆく!
2018年10月08日(月)

きものサローネの立ち位置とは!?

テーマ:着物

昨日までの3日間、東京の日本橋では今や全国的に有名となった着物イベント「きものサローネin日本橋」が開催されていました。

SNSを見ると、きものサローネの様子をアップされている方が結構いらっしゃったので、着物好きな方は行った方が多かったのかもしれません。

 

僕は昨日、一昨日と上田市立美術館で織りのワークショップをしていたので行く事は出来ませんでしたが、2014年と2015年の2回行った事があるので、今年は無理に行かなくてもいいかなという風に思っていました。

それにこのような着物関連の展示会やイベントはどうしても作り手目線で見てしまって、内容を楽しむというよりも勉強するというスタンスになってしまうので、そこまで楽しめないというのもありますね。

 

でも以前、今年のきものサローネに行くという方から「全国の着物友達と久しぶりに集まったり、お世話になっているお店が出店するのでご主人に会いに行ったりするんです」というお話しを聞いた時に、きものサローネはこういう立ち位置なのか~!とちょっと分かった気がしました。

つまりきものサローネはイベントの内容を楽しむと言うよりも、サローネを通して着物好きな仲間とつながる為のイベントなんですね。

 

確かにきものサローネは呉服屋が主催するような展示会やイベントのように無理やり着物を売りつけるような事はないので気軽に行けますし、開催地である日本橋という地名も着物が似合いますしね。

 

主催者側は企画、準備、運営等で大変でしょうが、今後も是非続けていってもらいたいですアップ

僕も着物文化を盛り上げられるように微力ながら信州上田で「キモノマルシェin上田」を続けていきたいと思いマッスル!!

 

そんなキモノマルシェin上田ですが、いよいよあと3週間後に近づいてきました。

内容はきものサローネin日本橋に負けてません。 是非お越し下さいませ。

ブログランキングに参加してます!  下の「着物・和装」のバナーをポチッとして頂けますとランキングに反映されて、ブログを書く励みになりますデレデレ

よろしくお願いします! 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ  ←ここをぽちっとお願いします!

リョウマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス