やっぱ、結局は「自分」であり

「孤独」であるなーと思いました。

(いきなり)

 

 

逆にいうと、孤独であり

でも、人とは愛で繋がってる。けど孤独。

 

 

ワケワカメですねw

 

 

んと、例を出します。

子供の頃から疑問に思ってたことで。

 

 

例えば、

目の前に「赤い」ものがあります。

そして、隣の人に聞いても「赤い」と答えます。

 

 

みんなが「赤い」って思ってても、

実際、みんなが同じように見えてるとは

限らないですよね?

 

 

極端にいえば、

わたしが思う「赤」が

他人から見ると「青」かもしれない。

 

 

他人が、わたしが思う「青」を見て

「赤」と言ってるかもしれないし

逆も然り。

 

 

残念ながら、本当にみんな同じように

見えてるのかなんて、確認できないじゃないですか。

 

 

「痛い」もそう。

わたしが「肩が痛い」っていうと、

隣の人は、実体験で想像はできても

本当にわたしが感じてる「痛い」を

知る余地はない。

 

 

わかりやすいように?

五感で言いましたが、

思ってること感じてること

そもそも本音、魂、使命、在り方などなど

全てにおいて、結局は「孤独」なんです。

 

 

でも、人は孤独が怖い。

人と同じようなことしていたり

つるんでると安心する。

 

 

しかし、孤独が怖くて逃げてる以上、

いつまでも、「自分」さらには「魂」で

生きることはできない。

 

 

そこをとことん突き詰めていくと、

もう自分の力、願望だけじゃない

魂レベル、使命レベル、で

見えない力に動かされていくんだなーと

見せてもらいました。

 

 

例えば、お手本にしてる

さやりんごさんの最近のブログ。

 

 

とりあえず、1つだけ抜粋しましたが、

最近、ナチュラルクリーニング投稿が多いです。

 

 

しかししかし

 

 

見る人から見ると、

絶対、土台というか奥底?に

何かある!って確信されてたわけで。

 

 

詳細は、クローズなコミュで

明かされてるので、書けませんが、

結論だけかくと、

 

 

「わたしの想像を遥かに超えたプランがある」

と言うことと、

「そのプランは、見えない何かに動かされている」

 

 

と言うこと。

 

 

で、「孤独」の話に戻ると、

こうして、とことん自分と繋がると、

「孤独」になる、というか感じやすくなる。

 

 

こうして孤独を受け入れた先には、

本当の愛での繋がりがあるわけで。

 

 

逆に、孤独を怖がり

孤独から逃れるために繋がった縁は、

どこか依存的であり、

本当の愛では繋がれない。

 

 

だって、その超魅力的な

「依存」の「何か」がなくなれば

その関係性が終わるわけですから。

 

 

なんかわかります?

説明下手くそですが。

 

 

パートナーで考える方が

わかりやすい人、多いのかも。

 

 

 

 

実は、毎年参加させてもろてる

イベントがあります。

 

 

音楽とダンスイベントです。

昨年は、コロナ禍でオンラインでの開催でしたが、

それまでたぶん6回くらい

開催されてて、ずっと参加してます。

 

 

ちなみに、ダンスでも1度参加したけど、

いつもバンドで参加してます。

 

 

今年は、もろもろイレギュラーな

要素がありまして、春の開催です。

(いつもは2月)

 

 

で、そろそろ決めないといけなくて、

いろいろ選択に迫られることがあります。

 

 

しかし、これも「きっかけ」だと思いました。

わたしが、上記で書いたようなことを

試されてるかのような。

 

 

正直、本音の本音は

まだわかってないのですが、

わかってることといえば、

 

 

・いつも参加してるのにしないと

 今後の繋がりがどうなのか気になった

・ダンナと一緒にいつも参加してるけど

 わたしだけ辞退とかすると、

 練習や本番でダンナが不在になると

 いろんな意味で「孤独」を感じるのが嫌だ

 

 

そんな理由で参加する方向で考えてました。

だから、「逆を」やってみようと思いました。

ズバリ「参加しない」方向で考える。

 

 

そうすると、さらにいろいろ

出てくるんでしょうが、

表面的に出てくることって全部ダミーで、

その根底がどうか?

 

 

ただただ、人前でイキリたいだけなのか?

人前でコスプレしたいだけなのか?

かっこいい写真を収めたいだけなのか?

実は、本当に死ぬほど歌うのが好きなのか?

 

 

今、そうかもしれないと思うことを

ザクっと並べましたが、

これも本当のところ、どうなのか?

 

 

 

 

って、ここまでいろいろ

たらたら書きましたが、

 

 

「怖い」か「安心」か

 

 

これが、わかりやすい判断基準ですね。

 

 

さらには、

「人目」をどこまで省けるか。

 

 

でしょうね。

まだまだ、認められようとしてますよ(わたし)

 

 

いわゆる「結果」主義ですね。

 

 

いくら稼いでる、稼げた!

YouTubeなら、視聴回数、登録者数!

お父さんに、お母さんに、ダンナに、師匠に

お手本にしてる人に、認められるぞ!

 

 

あー書くのも恥ずかしい💧

 

 

こんな要素がまだまだあって、

それ基準になってる自分がまだまだいます。

 

 

「孤独」「怖い」

 

 

「暇」もその一つです(わたし)

 

 

暇から逃れるために

認められるために

稼ぐ、数字を残す。

人様から見て、わかりやすい活動をする。

(上記のバンドなんかもそうかも)

 

 

そんなわけで、

やっぱ、うんこですね、わたし。

 

 

 

 

先日の「うんち焼き」