休憩している時に

ふと感じた(降りてきた?)こと。

 

 

それは、おばあちゃんって

ただ単に「自由人」だったのかも?

ってこと。

 

 

父方のおばあちゃんのことで、

もう亡くなってます。

 

 

おばあちゃんは、とにかく自分勝手で

子供である父親に対しても

ひどい扱いをしていたということを

聞いているので、なんてひどいババァ!

ってずっと思ってました。

 

 

わたしの子供の頃も

無意味に当たられた記憶もあるし💧

 

 

ですが、今日ふと降りてきた感じでは

上記で書いた「ただ自由人では?」ということ。

 

 

で、ただ自由人だけだったら

人に対しても憎まれることしないだろうし、

そこまで嫌われなかっただろうなと。

 

 

ってことは、おばあちゃん自身も

わがままで思うがまんま生きてる程だった

かもしれないが、

どこかで我慢してたり、

とにかく自分らしい人生を生ききれて

なかったのかなーと推測しました

 

 

で、なんでおばあちゃんのこと

書いてるかというと、

わたしが似てると思ってるからです。

 

 

性格見てると、残念ながら

似てる似てる💧

 

 

でも、そのおばあちゃんですら

自由人になりきれなかったと推測される事実。

 

 

もしや、それをわたしが今世で

やるべき課題なのか?って思いました。

 

 

これも推測ですが。

 

 

今、なんか前に進んだり

何か生産性のあることをやる気が

起こらなくて。

 

 

多分、わたし自身

てか、時期的に自分ととことん

向き合う時期の人が多いのかなぁと。

 

 

そんな中で、降りてきたこの感覚。

 

 

それも大事にしつつ、

もうしばらくモヤモヤする

日々が続きそうです。

 

 

 

おばあちゃんとわたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ぐうたら日記ランキング

 

 

★前のブログ

ウチュウジンゆきちゃんの徒然日記