午後、Y崎パンに乗り込む。
工場地帯。

きつい労働のかほりがあちらこちらから漂ってくる。
とはいえ、Y崎は学生時代に経験済みなので、それほどの緊張感はなし。

入口で体温をはかられる。
34.1°

もう一回はかられる。
34.1°

これはもう半分死んでいるんだなと思う。

6回くらいはかり直して、ようやく35.9°まで上昇。
生き返る。

受付に行き手続き。
超きれいなおねいさんでテンションアップす。

しばらく経って作業場へ移動。
ヘアネット、帽子、マスク、作業着、アルバイト用の臭そうな上履きなど着用。
目だけ晒して、中近東の女性のごときファッション。



月見だんごのブース。
だんごのかたまりをちぎって機械に乗せる作業。
が、機械に乗っただんごがなかなか減っていかない。
ものすごくひま。
手持ち無沙汰なので、だんごを押してみたりして過ごす。
こんな楽チンでいいのかな、と思うやいなや、
異動を命じられる。


あっちで拾ってください、と言われる。
全く意味分からず。

聞き返すと、ベルトコンベアーで流れてくるパンのなかから不良品を見つけてはじき、ちゃんとしたものをトレーに並べる仕事とのこと。
じゃんじゃん流れてくるコロッケパン。
じゃんじゃん通り過ぎていくコロッケパン。

確認などしているひまなし。

わたしの後ろのおねいさん(別の食品担当)が、コロッケパンを押し戻している。
それを受け取っている間に、前から来たコロッケパンがわたしの前を通り過ぎようとする。
で、通り過ぎる。
押し戻すおねいさん。

これは無理だと思ったところで、コロッケパン終了。


また異動。

こんどは肉まん。
「あみだし」してください、と言われる。
なにを編み出せばいいのか。

巨大な鉄のラックに16個の肉まんが乗った網×30枚。
網を出し、ベルトコンベアーの脇のトレイに肉まんを乗っける作業。
コンベアーの先端から、ばっこんばっこん吐き出されるプラスチック容器。
その速度にあわせて肉まんを容器に乗せるおねいさん×2。
そのおねいさんたちに肉まんを供給するわたし。
これはなんなくこなす。

次、肉まんとピザまんのコンビネーション。
肉まんの網出し、ピザまんの網出しを繰り返す。
肉まんピザまん肉まんピザまん肉まんピザまん肉まんピザまん、のエンドレスストーリが展開。
ラックが終わりに近づくと、わんこそばの要領で新しいラックがやってくる。

ラックが終りそうになる、新しいラックがやってくる、のエンドレスストーリー。
まったく先が見えず。
デスクワークに慣れきった体が悲鳴をあげる。

腕にたまる乳酸。
が、機械は疲れをしらないので、ばっこんばっこん容器を吐き出しつづける。
おねいさんたちも機械の動きにくらいつく。
わたしも乳酸こらえて網を出す。
ほんとに休みなく動く。
16個の肉まんが乗った網が、どんどん重くなる。
思った以上の重労働。

ひとつ向こうのコンベアーでは、わたしと同年代の男性が、
「食べられません」のちっこい保存剤をちんたら乗っけている。
どこへ行っても格差社会である。

とか思っている間にも、肉まんピザまんのコンビネーション。
5時間近くぶっ通しで動きまくる。

高速で同じ動きを繰り返していたためか、意識混濁。
ハイテンションなのか、ローテンションなのか分らない状態。
トランス状態に突入。

作業終了後、ほうほうの体で終電に乗って帰宅。

とはいえ、そこはかとない労働のよろこびを噛みしめる。