2014-08-15 10:32:13

その名は 「エル」

テーマ:福島


ウィズキャトルさんの活動に同行した時に 


一匹の猫と出会ってしまいました

                                                                 

                                                                   

                                                              










その前兆は この子


餌を頂ける農家さんのところにいた弱っていた子


すわ保護か! と思ってご主人に聞いてみたら


飼い猫で 白血病を発症してしまったらしいのです


病院にも連れて行ってもらっているようなので 


これ以上してやれることはありません



悲しいやら ほっとしたやらで複雑な気持ちのまま


ロールの積み込み作業に入ります











しかし本当の出会いはこのあとにやってきました


作業の合間に 牛を撮影したりしながら牛舎前を通りかかった時・・・





















子牛小屋の前に うずくまる小さい塊

















おまえ・・・猫か?


顔が良く分からなくなってる・・・














鳴いているようだけど声は出ていません


左目は完全に塞がっていて 右目はかろうじて見えているようです


そんな状態ですが私を認識して寄って来るのです





















きっと この子も飼い猫なのでしょう


私にできる事があるでしょうか


動物の飼い方の温度差があることは


福島に関わってからイヤというほど知りました


自分が普段こうしているからといって 


それを強要する事など出来る筈もありません


また本当に愛護の世界にいらっしゃる方々から見れば


私のやり方だって全然なってないんだと思っています












この子は ここの子・・・


ここで生まれ ここで暮らし ここで一生を終えるのでしょう


今は風邪を引いていますが


きっとご主人が顔をきれいにしてくれる


そして狭い家の中ではなく 広い世界で行きたい所へ行き


自由に走り回りながら 屋内の飼い猫より少し短い生涯を終えるのでしょう



私は福島に通っていて


最近 猫にとって何が幸せなのか良く分からなくなってきていて


どこか 諦めにも近い気持ちが頭の中を侵食し始めていました


だから この子も ここに置いていくという結論を出そうとしていました














そのとき



















子猫は 近くにいた子牛に よろよろと近づいていきます














すると子牛は・・・


それはもう見ていて涙が出てくるほど


優しく子猫を舐めてやるのです
















短いロープがぴんとなるほど首を伸ばし舐めてやります


子猫の体は子牛の唾液でベタベタ


優しくといっても 吹けば飛ぶような小さい子猫の体


子牛の舌の圧力に負けそうになりながらも 踏ん張って舐めてもらうのです

















子牛の表情を見ていて---




はっ と気付きました


この牛は黒毛和牛の子牛


あと3年以内の命なんです


30ヶ月で出荷され 人間のためにお肉になってくれるんです



自分の運命を知らないとはいえ


そんな子が自分より弱い生き物を守ってやっている















このままにしていって いいのか















生物界の頂点にいる私たち人間が


手を差し伸べてやらなくてどうするのですか

















母親も兄弟も 近くには見当たりませんでした


少し怖いことがあると牛舎の中にそそくさと逃げます


この牛舎が安全な場所なのでしょう






私は子牛より薄情なのか


苦しんでいる子猫一匹も救えないほどの人間なのか


私は そんな想いから行動に移しました


こちらの牧場のご主人に子猫のことを聞くと


なんと 「見たことがない」 そう



では保護して行って良いでしょうかと聞くと


是非お願いします と
















ウィズキャトル代表 永澤さんの車の中にあった


買い物カゴと新聞紙をお借りして即効で保護


とりあえず顔だけは拭いてみたら 何となく目は開いているよう















希望の牧場に停めてある 私の車ココアまで行けば小ケージがある


それまではこれで辛抱してくれ


脱走を繰り返すので上にバッグを載せています(笑)













車内脱走 永澤さんに捕まる




永澤さん 和田くん 神原さん


牛の餌のために来ているのに 猫でお騒がせして本当に申し訳ありませんでした


でも皆さん快く保護に協力してくださいましたよ


感謝いたします











その後 永澤さんに撮ってもらいました


んー 風邪は引いているけど元気な感じはします

















希望の牧場に着き


ケージに移して ココアに積み換え もう安心


これで脱走することはありません


早く帰らなければと気は急くのですが


もう眠くて休憩ばかりでなかなか進まず


お天気が曇っていたのでさほど暑くもなくて良かった


0時に牧場を出発して8時に到着


殆ど寝てしまってました・・・・













うちに連れて帰ってきました


病院に行き 駆虫と風邪のお薬 目も診て貰いましたよ


食欲はそれほどなかったけれど少しは食べてくれました















どんな生物(一応哺乳類)でも子供は 頼りなく自力では生きていけない生き物


誰かが見守ってやらなければいけないのです



子牛が見守ってくれていたからこそ この子は生きていられたのかもしれません


いずれは自分の命を差し出さなければいけなくなる あの子牛のおかげです


子牛が繋いでくれた子猫の命


次は余裕のある人間が繋いでやります


余裕がないない なんて言っていても ちゃっかり残している私


飼うことが無理でも里親さんを何としてでも見つけてやります


自分より弱い小さな命に


自然に手を差し伸べてやることが出来る世の中になればと願っています






この子の名前は 「エル」


「え~る」


車の中で大声で鳴いていたのです


アメリカ帰りの和田くんとカナダ駐在経験のある永澤さんが いい発音だと(笑)


エルは今日もお腹が減ると鳴いています



え~~~る













AD
いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)

もうーすさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

30 ■(T_T)感動しました

ただただ感動です。
エルちゃん、やさしい人たちに会えてよかった。。

29 ■もう、泣きながら...

エルの命、子牛の命、はあ...ため息。
わがやのさんにゃん、家の中で一生を終える予定、以前一緒に過ごしたケーキ、センベにミーコちゃんは、内・外出入りするネコでした。ご近所問題で、出入り叶わなくなり...。地震や災害の危険察知能力が失われている?
ネコの自由を奪っている?と、自分を責めながら4年が過ぎ、こうやって生きて行くことに慣れてしまいました。本当にネコが猫らしく生きるのは...わかりません。エルちゃん、もーすおじさんに出会って良かったねえ。

28 ■子牛は…

絶対に助からないのですよね…。
子猫を助かったと喜ぶ人達…
子牛にありがとうというのなら…
子牛にもありがとうと言って貰えるように
なるにはどうしたらいいのか…考えませんか…。

そこまで考えるべきだと思うのですが…。

いつもありがとうございます。

27 ■無題

もうすさん ありがとう! ありがとう!
本当にありがとうございました。

自分の子どもを見守っているような牛さんの優しい瞳に、今私たち人間が学ばなければならないことがいっぱい映っていた気がします。

牛さん ありがとう! ありがとう!

エルちゃん元気で大きくなるんだよ!

脱走なんかするんじゃないよ!

成長したあなたに早く会いたい!


とても幸せな清々しい一日を過ごせそうです。

26 ■ありがとうございます

そうとしか言えません涙とまりません

ありがとうエルありがとう生きていてくれて!

25 ■ありがとう

もうーすさん、ありがとう。いつもありがとう。
子牛さん、ありがとう。ありがとう。ありがとう。

24 ■ありがとう

と言うのはなんだか気が引けるのですが。
エルちゃんの代わりに・・・本当にありがとう!!!です!
もうーすさんたらエルちゃんと同じ笑顔ですね

23 ■無題

保護されてよかったと、心から思います。
毛が濡れていたのは子牛の唾液だったのですね。最後の写真では毛がふんわりしてきれいになってましたね。
本当によかったです。

22 ■よかった

読んでてドキドキしました。
きっと保護してくださるだろうと思ってましたが、もし、置いて行かれたらどうしょうと・・・!

子牛さん、優しいね。
皆が子牛の様な優しい気持ちになれたらいいですね。
子猫を守ってくれてありがとね。
胸がしめつけられる思い出読ませていただきました。本当に感動しました。

も―すさんありがとうございましたけど

21 ■無題

やっぱり最後はもーすさんらしいですね。
読んでる途中は、おいて行かれるかもしれないと心配しましたが、期待どうりの結論で嬉しくなりました。本当に有難うございます<(_ _)>
仔牛がエルちゃんを舐めてやってる姿に感動しました。動物は優しいですね。人間も皆もーすさんのような考えの人だったら、もっと動物との共生がうまくいく気がします。

20 ■無題

子猫1匹といえども、保護するのは精神的にも経済的にも大変な負担です
先住猫さんがいらっしゃればなおのこと、お仕事や福島での重労働を思えば、やりたいこと=できることでは決してなく、諦めや区切りを自分の中で付けなければならず、太田さんの葛藤とご決断がどれほどのものだったかと、また心を動かされました

先月、子猫1匹を保護しました
母猫は手術してリリースしました
たったそれだけのことをやるのに沢山悩みました
今の自分の器量以上のことをやるのが怖かったのです
私に一歩踏み出す勇気をくれたのは、太田さんとおにぎりくんの記事でした
おなかをすかせて彷徨っていたおにぎりくんが、おなかいっぱい食べてへそ天で寝ている姿と、目の前にいる子にどうか手を差し伸べてください、という太田さんの一言に勇気をもらいました

きっと世間から見ればただのノラ猫に過ぎないかもしれませんが、外猫として細々と短い生涯を終えるかもしれなかった子が飼い猫になれるのは、この子猫にとっては天国と地獄ほどの差があります

子猫は来週里親様の元にお泊まりに行きます
きっと幸せになれると思います
太田さんが手を差し伸べたこの子もきっと幸せになります
この記事を読まれた方々が、自分の足元に来た猫と出会ってしまったとき、太田さんのように勇気をもって手を差し伸べられますように

19 ■ありがとうございます。

子猫ちゃんが出てきたところからは涙涙でした。写真もあまりに儚い子猫ちゃんで正視できませんでした。子牛さんの優しさは健気で泣かせます。元気に育って優しい家族に貰われることを祈っています。保護していただきありがとうございました。

18 ■無題

初めまして、ブログ読ませて頂きました。

子牛ちゃんと子猫ちゃんの二匹寄り添う姿に、胸が締め付けられる思いがしました。

子牛ちゃん、すごく優しい目をしてますね。
子猫ちゃん、お顔拭いたら元気そうに見えて良かったです。
助けて下さって本当にありがとうございます。

17 ■無題


朝から泣けました
エルちゃん大田さんに出会えて命拾いしましたね
優しい里親さんに出会えますように

16 ■無題

あおーーーん
言葉になりません
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!
ありがとう

15 ■いかった

動物よさしいね 子牛さんありがとう 子猫をたすけてくれてありがとう 子猫を保護してくださってありがとう 

14 ■福島の人って....

種の線引きにつぃて考えます。
子牛のとった行動。
「 助けたいと思ったら助けようよと」言った佐草一優先生の言葉を思い出しました。
そしてさっき菜食食材を初めて注文しました。
食生活を変えたいなと思っているところでした。この記事を読んで何か吹っ切れたような気がします。

13 ■無題

あのー。エルのことが気になってるのですが、エルはひなたろうなのですか?それとも別々のコなのですか?ツイッターやブログを何度も確認したのですが、わからなくて。

12 ■無題

エルちゃん良かったね
何故?一匹で牧場にいたのでしょう?
はぐれたのかなぁ

それより子牛の優しさに泣けてしまいました(T-T)

思いやりの気持ちが写真で伝わりましたよ。

白血病の飼い猫ちゃんも少しでも長生き出来ます様に!

11 ■無題

出会う運命だったとしか思えません(T_T)
生きるために、幸せになるために、もうーすさんの前に現れたのでしょうね。
早く回復して良縁に恵まれる事を祈っています。
本当に良かった!

もうーすさんの行動に感謝しますm(_ _)m

10 ■感謝

ありがとう!ありがとうございます!
私も温度差に苦しむ1人です。
だけど、保護して欲しいと!勝手な思いを抱いてしまいました。
顔を拭いて貰ったら、可愛い顔が現れましたね(*^^*)
幸せになりますように!

9 ■無題

たった一人でうずくまっている姿が不憫です
子牛ちゃん、子猫のことを気にしてくれてありがとね(泣)
もうーすさんの心は最初から決まっていましたよね?
ねっ?(笑)

8 ■無題

心から、ありがとうございます。

7 ■(;_;)

ありがとうございます!

6 ■無題

ツイッターで見てました。
エルちゃん、保護してもらえて本当によかった!
でも、あの優しい黒毛和牛の仔牛さんの事が忘れられません…

5 ■無題

もう~すさんの表情!!

なんだかシヤワセこの上ないって顔してます。

エルちゃんは男の子かな?女の子かな?

拾われた命、守られた命、早く元気になって新しい飼い主さんに可愛がられておくれ~

4 ■よかった・・

ありがとう
ありがとう
ありがとう
ただただ感謝です

3 ■本当に本当に本当に本当に

感動しました。
もうさん、もうさんの今日の記事は
すばらしいの一語では足りないです。
永澤さんもお疲れ様でした。

もうさん、子牛さんの表情を忘れられません。
人間はもっとしっかりしなきゃですね。
もちろん、自分を含めて。
いやまず自分が・・・・・・

すばらしい記事をありがとう!!!

2 ■写真を見て。。。


泣きながら読みました。
その場所に置いてゆかれると想った時は
胸が痛みました

けれど 考え直して頂いて
本当に 良かった

本当に
ありがとうございます.

1 ■え~~~~~るっ!!

もうーすさま
ありがとうございます!

関わってくださった皆さま
ありがとうございます!

折しも、お盆・・・
この子をよろしく、と
御霊が働きかけてくださったのでしょうか。

今の私は、祈るしかできなくて
ごめんなさい。


コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。