こんにちは

激安内窓クラブのスタッフAです。

 

 

寒い季節、朝起きると窓は水滴でびしょびしょ…毎日拭き取るのが面倒な結露の季節です。

 

室内を暖房で温めても、窓が冷たいためにそこで冷やされた室内の水蒸気が水滴をつくります。これが結露です。

 

結露が起きる原因は、いくつかありますが、まず「室内の湿度が高い」ということ。マンションなどは、部屋の気密性が高いため湿度が外に逃げにくく、結露が出やすい傾向にあります。

これは「換気」をこまめにすることで室内の湿気を追い出すことができます。今の季節に窓を開け換気するというのは寒いしやりたくない、という場合は、換気扇を常時回す、という手段である程度緩和できます。

 

また、ガスファンヒーターのような火を使う暖房器具は、結露を起こしやすくなるため、エアコンでの暖房がおすすめです。

加湿器の使いすぎも室内の水蒸気量を増やしますので、ほどほどにしましょう。

 

しかし、どれだけ室内を暖房で温めても、窓の断熱がしっかりしていない場合は、暖気の大部分が窓から逃げて行ってしまいます。

冬は暖房熱の52%が窓から出ていってしまうのです。これは全てエネルギーの浪費といえます。

 

 

いくらエアコンを回して部屋を温めても、窓は外気にさらされて冷たいまま。その状態で室内の水蒸気量が増えれば、どんどん窓に結露が付いていきます。

 

この元凶は、ずばり「断熱性能の低い窓」です。家の中でダントツに冷えやすいアルミサッシをしっかり断熱できれば、室内の温かい空気が冷えにくくなり、結露が減ります。

びしゃびしゃのガラス窓を毎日拭いたり、結露テープを貼ったり剥がしたり、というような結露のお悩みから開放されます。

 

 

では断熱性能をどうやって上げるのか。

 

 

下図は今ある窓に、もう一つ内窓を取り付けたところの図解です。

内窓があることで、既存窓との間に「空気層」ができます。

これが外の冷気を室内に伝えず、室内の暖かさを外に逃さない役割を果たします。

内窓の設置で、しっかりした「動かない空気層」を設ければ、窓の断熱能力がぐんとアップします。

 

内窓の機能を例えると、ニットだけを着て外にいると、ニットの網目から風が通ってしまい寒いままですが、その上からダウンジャケットを着れば、体温が逃げにくくなってとても暖かくなりますよね。

内窓をつけるとそれと同じことが起こります。空気層がしっかり窓の周りを保温してくれるのです。

 

ポイントはこの「空気層」があるかないかというところです。

 

この空気層によって室内が温まりやすくなれば、結露も発生しにくくなります。

必要以上に窓辺が冷えないため、水蒸気が水滴になりにくくなるのです。

 

まずは内窓の効能として、「結露を減らしてくれる」という点を覚えていただければ幸いです!

ただ、内窓は結露の起きる部屋の窓全てに取り付けないと大きな効果が得られません。

 

例えばお試しに寝室の窓に施工してみてください。

朝起きた時の結露の量が全然違っているはずです。

 

結露でお困りの方は、是非一度内窓をご検討ください。

一度つけてしまえばずっと断熱してくれますし、断熱ガラスの性能はどんどん良くなっています。

また内窓をつけることは「エコ」に直結します。家の断熱性能が上がれば、無駄な暖房エネルギーが減り、夏も同様にエアコンの効率が良くなります。

このことから様々な補助金制度もありますので、是非ご利用頂ければ幸いです。

 

 

 

 

最強クラスの断熱ガラス!「アルゴンガス入りの高断熱ペアガラス」が今ならリーズナブルにご購入頂けます。

https://uchimado-club.com/campaign/algon.html

 

 

 

 

くわしくはこちらから