『Marvel ザ・ディフェンダーズ』 | 内田夕夜オフィシャルブログ「夕夜のブログ」by Ameba
2017-08-18 23:53:17

『Marvel ザ・ディフェンダーズ』

テーマ:ブログ

『Marvel ザ・ディフェンダーズ』

Netflixにて本日より全話配信開始!


今、正に観て下さっている方も多いかも。

だって、全話配信ですからね。

「もう1話だけ」にハマってしまいます。


私は、チャーリー・コックスさん演じる、デアデビル役の日本語を担当しております。



MARVEL作品の中の、ヒーロー達が、大集合。

最新鋭の武器と超能力を使って、世界を守る、世界のヒーロー!

全世界のファンが待ち望んだ、その名は!



『アベンジャーズ』


そうです。それは『アベンジャーズ』です。

うちらは『ディフェンダーズ』ですから。


MARVEL作品の中で、友人に恵まれた奴らが、成り行きで集合。

基本素手と棒で、NYの下町を守る、ご当地キャラ系ヒーロー?

ディープでコアなファンが支える、その名は、

『ザ・ディフェンダーズ』何故こちらは『ザ』?


これがうちらでございます。


でも作品的には全く負けていませんよ。

あちらは、『シビル・ウォー』で対立させてやりましたが、うちらは最初から対立してますから。

あちらは、CGをふんだんに使って見応えのある派手な戦闘シーンですが、うちらは「撮影中に怪我人続出だったろうな~」という地味ながら痛みのある格闘シーンをご用意。

しかも、デアデビル絡みの格闘シーンは暗くて速くて角度によっては画面が光っちゃって声をつけにくいつけにくい。

あちらは、MARVELヒーローが多数登場しヒーロー達の苦悩も描かれていますが、うちらは4人だけでしかも苦悩してる奴らがヒーローなっちゃった系ですから。

兎に角、かっこいいです。

『ジェシカ・ジョーンズ』
『アイアン・フィスト』
『ルーク・ケイジ』
『デアデビル』

それぞれシリーズドラマを経ての『ザ・ディフェンダーズ』なので、根の深いしっかりとしたドラマに仕上がっております。

合同作品ながら、シーン毎の色合いなどは、それぞれの作品感をしっかり守っているし、音楽の趣味も良い。


そして、日本語版チームの仲も良い。

{896E32EA-77EB-4896-A8A9-7A331E39D40D}
右から、
アイアン・フィスト役の森宮隆さん。
ジェシカ・ジョーンズ役の渡辺明乃さん。
ルーク・ケイジ役の竹田雅則さん。
そして、デアデビル役の私です。


時間がある方はNETで探して見て下さい。

どこかにこれと同じ構図の出演俳優陣の写真があるはず。

ちょっと酔って真似てみました。


収録中は『情報交換』という名の飲み会に毎回行っていました。

その初回の飲み会を何故YouTUBEにアップしなかったのかと、後々皆に叱られるほど面白かったんですよ。

隣の芝生は青く見えるものですから。

『いいな、拳が光って』とか、

『コスチュームあるの一人だけじゃないですか』とか、

『弾丸跳ね返すの最強じゃん』とか、

『3階くらいまでジャンプ出来るんでしょ?』とか。


でも、酔いが回って来ると、、、。


『鋼鉄の肌なのにSEXしたら相手痛くないかな』とか、

『急に悪人見つけたら着替え間に合わないよね』とか、

『お金はあるけど世間知らず過ぎる』とか、

『お酒さえ飲めれば何とかなる女の子なんですな』とか。

ここには書けない事が満載で面白かったです!

{0B026FB6-69F4-4C67-8B10-290961B79242}

日本語版チームの皆んな!

配信始まったから同窓会しようね。


そうだ! 日本語版では、木下紗華さんにもご注目を。

デアデビルのカレン役と、ジェシカジョーンズのトリッシュ役の両方を演じておられます。


愛しき我らの『ザ・ディフェンダーズ』どうぞ宜しくです!

夕夜さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース