能あるカエルは | 内田夕夜オフィシャルブログ「夕夜のブログ」by Ameba
2015-03-15 10:43:31

能あるカエルは

テーマ:ブログ


先日の、王ジャン北海道の時に頂いたお手紙をやっと読み終わりました。

我ながら読むのが遅くて、申し訳ない。


北海道内は勿論、本州や遠く九州からもおいで下さって、本当にありがとうございました。

因みに今、差し入れで頂いた熊本県のお菓子を食べながらブログを書いています。



さて、

『北海道は、でっかいどう~!』ってCMが昔ありましたが、正にその通りでした!

同じ北海道でも、美唄から札幌までは電車で2時間以上かかるんですね。

函館から札幌は3時間以上。

それでもまだまだ近い方とは!

それだけ電車に乗っても県境を越えないのは、北海道ならではでしょう。


それから、頂いたお手紙のご住所。

『33丁目』って、、、。

10丁目くらいでも広いと思うのに、‘33丁目’ですから、スケールが違います。

もう一度言わせて頂きます。


でっかいどう~!



そうそう、

北海道ではないのですが、ご住所で驚いたのが、以前私が住んでいた家のすぐ近くから参加して下さった方がいらっしゃった事。

ビックリしつつも懐かしく、あの町を思い出させて頂きました。

いつもオマケしてくれたお惣菜屋さんまだあるのかなぁ~。



私、ありがたい事に、日本の全ての都道府県に行った事があるのです。

なので、お手紙に途中まででもご住所を書いて下さっていると、旅の思い出やその県の風景を思い出したりしてとっても嬉しくなります。

沢山旅公演に行かせてくれた全国の演劇鑑賞会の方と俳優座に感謝です。


俳優座と言えば、

イベント後に俳優座の方に改めてお手紙を下さった方も沢山いらっしゃって、ありがとうございました。

『北海道までは行かれなかったのでTwitterやブログを巡ってイベント気分を味わいました。』なんてお手紙を読むと、気持ちを飛ばして下さったんだ~と温かくなるし、支えになります。

ありがとうございます。

いつかきっとお会いしましょうね。




さて、

イベントには、お仕事を休んでおいで下さった方や、当日がお誕生日だった方もいらっしゃいましたし、

遠くからお一人でおいで下さった方、お友達同士、ネオロマ友達、姉妹、親子、等々。

『Twitterの知り合いに初めて会えました。』なんて方もいらっしゃって、思わずニッコリしちゃいました。



また今回は、平川君のおかげで『初めまして』のお手紙も沢山頂きました。

ありがとう平川ぴょん!


それと、何故かサンリオの封筒の方が多かったのですよ。

平川君好きの方は、‘可愛い’繋がりで、サンリオ好きな方が多いのかな?


やっぱり『初めまして』の方は、新しい出会いなのでとても嬉しいです。

そして、『いつもありがとう』な方は、文字やお名前を見ただけでホッと安心します。

『お礼は仕事でします。』と何度も言って来た私にとっての‘再会’は、『また会いたいと思ってもらえる演じ手でいられた。』、『仕事でお礼が出来た。』という確認でもあるので。

初めての出会いも、再会も、どちらも嬉しいものです。

どちらの方にも、ありがとうです。



それから、

『北海道初上陸!』な方も沢山いらっしゃいました。

『夕夜さんのおかげで北海道初上陸! 』 『私の世界を広げてくれてありがとう!』なんてお手紙を読むと、『こちらこそ!』と、お返事したくなりました。

貴女の世界を広げたのが私だったら嬉しいです。

でも、私の世界を広げて下さっているのも確実に貴女です。

だから、『こちらこそありがとう!』


それと、

『夕夜さん (失礼ながらお名前で呼ばせて頂きます)』は、

全くお気になさらずにどんどん名前で呼んで下さい。



沢山のお手紙を読ませて頂き、色々と思うところもあり、また世界が
広がりました。

ありがとうございました。

今回も、申し訳ありませんが、お礼状等は書きません。

お礼は仕事を通してさせて頂きます。



最後に、

ジャングル王国の国王様であらせられる、ポチ王の偉大さを讃えたいと思います。

{3A7DEA7A-5FD2-4729-A5EB-81F823F6C881:01}

今回のイベントは、ポチ王の御子息であるハチ王子への謁見でしたが、イベント中何度も平川君から、『夕夜さん、謁見なんですから。』と、ツッコミを入れられるほど、謁見を忘れてフリーにやらせて頂きました。

ですが、全てのお手紙を読ませて頂いた今、偉大なるポチ王家への謁見を忘れた自分が恥ずかしい!


ポチ王は、ただの‘カエルっぽい生物’ではない!

『能ある鷹は爪を隠す』と申しますが、能あるカエルっぽい生物が何を隠していたかと言うと、『徳』だと感じています。


『北海道に来て下さりありがとう。』

『地元を見てもらえて嬉しいです。』

『札幌までなら遠征出来るので。』

今回沢山頂いたこれらのお手紙を頂けたのは、参加して下さった方の想いと、参加したいと思って下さった方の想いと、そしてポチ王が治めるジャングル王国があればこそ。

『日常の中に演劇を。』と、創立以来70年、旅公演に力を入れている劇団に身を置く者として、ポチ王の偉大さを改めて感じました。

名君の名に相応しく、徳治政治の化身の様なポチ王と、その王家の方々に、もしまた謁見が叶うのであれば、

その時は、謁見という事を決して忘れる事なく、深く深く胸に刻み付けたまま、、、北海道以上にフリーに暴れまわらせて頂きたい!!と思っております。


大阪にポチ王が建国なされたジャングル王国。

九州、北海道と王国領を広げていらしたので、

次は、四国ですかね?

それとも、新幹線の開通した北陸ですかね?

兎にも角にも、建国以来の素晴らしい統治理念をそのままに、ジャングル王国の更なる発展を期待しております。


ポチ王をはじめ、今回関わらせて頂いた全ての皆様、ありがとうございました。

夕夜さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ