教室展への想い2 | UCARI WORKS チョークアート

UCARI WORKS チョークアート

チョークアート オーダー制作販売・教室


テーマ:

 

◆UCARI WORKS チョークアート教室展 【JOY】【日時】10月18日(水)~22日(日)
【会場】Affidamento Bagel
   http://bagel.affidamento.jp/
   京王線・小田急線 多摩センター駅徒歩6分

 

 

私は超写実的な作風の先生に学んだため

 「いかにリアルに描けるか」という

チャレンジを自然と続けてきました。

 

先生の技術があまりに段違いに高いため

それを知っている身としては

比べてもしょうがないのに

いつまでも「自分なんかまだまだだ」という

意識を持ち続けてしまい、

自分の良さや成長を感じられなかった。

 

スナフキンの名言

「キミ!

あまりに誰かを尊敬しすぎるのは

自由を失うことだよ。」

ってやつですね。

 

 

でも生徒さんたちのおかげで

少しずつ自分の絵を描くことに

勇気をもらいました。

 

そして、次々とプロコースに進む生徒さんたちも

チョークアートを描くのが楽しくて

純粋にもっと描きたいから、という人と

いつか仕事にしたいという人がいて

 

さらにリアルさをそこまで求めていなくて

たとえば動物を描きたいんだけど

特徴をつかんで可愛く描けたら嬉しくって

リアルかどうかとか、写真とそっくりかどうかに

こだわっていない生徒さんたちもいて、

 

生徒さんたちがレッスン中

本当に楽しそうに描いてくれて

「うん、可愛い! aya

「わーい!描けたー!ぱちぱち

って喜んで、自分の絵を愛でてくれる笑顔と

その温かい素敵な作品たちを見て

ものっすごく感動したんです。

 

これだよ、これ!!って、泣けるほど

感動しました。

 

 

「あぁ、そうだ。

自分の絵が好きだっていう気持ちで描くことが

一番なんだ。

私ももっと自由に、楽しんで自分の絵が好きって

気持ちで描いていきたいな」

 

って心から思いました。

 

そして

いつからか私も以前ほど

「写真みたいなリアルさ」に

こだわらなくなったというか

 

「不完全さの中にある魅力」

心惹かれるようになりました。

 

 

眉間にしわ寄せて写真とにらめっこして

ストイックにリアルさを追求するより

ふわっと笑顔で自由に描いていたい。

そう思うようになりました。

 

そんな思いを表そうと思ったのが

先日の空シリーズでした。

 

 

 



またまた続く。

 

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
リンク  ホームページ
 

レッスン情報、オーダーの流れ等
詳しくはHPをご覧ください♪
 
☆ お申込み・お問い合わせは
ブログのメッセージ または
お問い合わせから お気軽にどうぞ!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ユカリ・ワークス 甲斐 ゆかりさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス