人生って?!

久しぶりにアップします。


先日、すごく親しくなった友達と話した事が、すごくプラスになる話しでした。


「あなたは、あまり笑わないね!何をしてても楽しくなさそう!なぜ?」


おもわず、ドキッとしました。


思えば、3年前にに、大事にしていた後輩に裏切られ、


おまけに彼女にも裏切られてから、空白ができて、ずーっと立ち直れずにいました。


そのことを必死で忘れようとしていました。


言われてみれば、笑顔も忘れていました。


たった4日ほど、一緒に居ただけで、見抜かれてしまいました。


自分より、年下の人間に、そんな短期間に見抜かれてしまうほど、悲壮な顔してたんですね。


その人いわく


「どんなに辛い事があっても、楽しい事があっても人生は一度きり。」


「くよくよして、送る人生も自分の人生。」


「辛くても、笑いながら生きても自分の人生。」


「あなたなら、どっちを選ぶ?」


「当然、笑って生きるよ!」


「そうでしょ。今のあなたは、それができていないですよ。」


「イルカさん、すごいなぁー。そんな事、指摘されたの初めてや!」


「なんかすごく、さみしい瞳をしてるよ。」


「ホントに? でもこれからは、気をつけるよ。」


「そうだね、その方があなたらしくていいよ。笑っていれば辛い事も忘れるよ。」


なんか《ビューン》って感じで、その一言で人生観が変った気がします。


「イルカさん本当にありがとう。」


「あなたの人生も、イルカの人生も一度きりだから!」


サンキュー!







続・おめでた!? 

テーマ:

久しぶりにブログします。


先日の後輩からの頼まれ事で、就職先を探す事になって、


自分の知り合いの方にお願いして、やっと見つかったじょうたいです。


今の時代は厳しいですね。


やっとの事で聞いてくれました。


それでも35歳という年齢を考えると、充分すぎる会社です。


全国ネットの会社で、遜色のない会社です。


しかも無試験で、面接と健康診断だけですましてくれました。


うまく行きすぎです。


本人もビックリしてるくらいです。


なにより、嫁さんが一番驚いています。


本人との会話は、また明日アップします。


今日はこの辺で。


サンキュー!








曇りでも日焼け!?

昨日はジェットスキーをやりに、海へ行ってきました。


総勢25人で!


小さな砂浜が、貸切状態でした。


先乗り隊3人組が夜中の1時に行って、ブルーシートで場所取り!


聞くと場所を押さえてから、近所のスナックへ飲みに出かけたらしいです。


自分たちは、6時に出発して7時20分ぐらいに着きました。


着いて、先乗り隊の車を覗くと、「グーグー」 


イビキをかいて寝ていました。


海を見ると砂浜は満潮を迎え、ブルーシートが半分以上、海水に浸かっていました。


チングが切れて、さぁ大変です。


「起きらんかえー!」


「・・・・・?!」


「オマエら、何のために早行け、言うたんじゃ!」


「ど、どうしたんですか?」


「どうしたも、こうしたもあるかー!ブルーシート、海につかっとるやんけー!」


「ほ、ほんまですか?」

「海の中入って、ブルーシートはずしてこい!ボッサリ!」


「わかりました、すいません。」っていうことで、ブルーシートを張ったんは、干潮時だったようで、


だいたい、寝ていただけでも気に入らんのに、ダブルで頭にきたようです。


ブルーシートの上に砂が載っていて、中々はずれません。


ようやくはずれた時には、もうジェットもおろして、テントやいすもセッティングした後でした。


10時近くになって、バーベキューセットの買出しへ例の3人組がゴー!


ピリピリした雰囲気で、何を買うか聞いていました。


ややこしいんで、先輩も付いて行く事に!


残った人間で、炭熾し!


みんなで笑いながら、お腹一杯食べました。


少し昼寝をして、再びジェットでブッ飛ばしてから、


子供たちのために、バナナボードを引っ張ってあげました。


キャーキャー、言って楽しんでいます。


昼からほとんど、海の上だったので、まっ赤に日焼けしてしまいました。


帰路についても、ヒリヒリ!


家に帰って、水のシャワーを浴びましたが、それでもヒリヒリ!


子供にアロエの薬をぬってもらいましたが、治まるわけもなく、寝苦しい夜になってしまいました。


毎年、1回目はまっ赤ッカになってしまいます。


それでも、楽しい1日でした。


子供も楽しんでくれたみたいで、


「おとうさん!また連れて行ってな。」


それだけで、十分です!


サンキュー!






おめでた!?

テーマ:

昨日は、後輩の頼み事を聞きに、食事に出かけました。


「チョッと話があるので、先輩出てきてもらえませんか?」


「電話で話でけへんのか?」


「はい、チョッと!」


「わかった、8時に家に迎えに来いや!」


ということで、知り合いの居酒屋へ行きました。


「何の話や?」


「それが、嫁が腹大きくなってしもて。」


「ホー、良かったやんけ!それはおめでとう!」


「いや、それが困りましてん。」


「何でや、めでたいやないか。」


「自分、フリーターの身で、保険掛けてませんねん。」


「おまえ、アホか!時給なんぼで仕事してんのに普通のもんより、ちゃんと掛けとかんとアカンやろ!」


「はい、そうですねんけど、どうしていいんか?」


「ボッサリか!ええ年しやがって、何考えとるねん。」


「すみません!」


「ほんで、何ヶ月やねん?」


「6ヶ月です、まだ仕事してますけど。」


「おまえ、アホか!いつまで働かすんじゃ!」


「すみません!」


「ほんで、俺に頼みってなんや?」


「働くところ紹介してもらえませんか?」


「アホ!そんな簡単にあるわけないやろ!」


「そやけど、保険無いと困りますし。」


「そんな事、前から分かりきってるやろ!ほんまに、おまえはアホやで。」


「すみません、何とかお願いします。」


「まあ、当てが無いわけと違うから、聞いてみたるけど。」


「お願いします。」


「絶対、いけるわけちゃうぞ。」っていうわけで、後輩の就職の面倒を見る事に!


今日はこの辺で!


サンキュー!









昨日からの続きです。


今日が帰国の日だというのに、朝もゆっくり寝て、シャワーを浴びて


「飯、行こうか?」


「うん!ゆっくり寝たわ。」


昨日のバイキングには行かずに、ラマダプラザの通りの海鮮屋で朝食!


美味しかったですよ、アワビ粥!


朝から、元気ハツラツですよ。


スープや何やかんやで、お腹一杯!


チェジュに来てから、太った感じがします。


それから、部屋へ帰って、帰り支度


その前に、もう一度△×○×△!ゴロン


風呂に入って、すっきりして、帰りの服に着替えて、韓国の友達をチングと一緒に見送りました。


12時に金さんが、迎えに来てくれるので10分前に部屋を出て、チェックアウトしました。


ルームサービスやいろいろ、ホテルで使ったお金は、2人で65000円!


高いか安いか、中途半端な金額でした。


金さんが迎えに来てくれたので、タクシーに乗り込みました。


「ミスターたちは、楽しかったですか?」


「ムッチャクチャ、ゆっくりできたし、楽しめたよ。」


「そうですか、それは良かった。今日はどこに行きますか?出発時刻までまだまだありますよ。」


「そしたら、シュリの丘まで行ってください。」


途中、競馬場や田園風景を見ながら、中文へ向かいました。


シュリのラストシーンに出てくる、ベンチで記念写真を撮り、しばらく心地よい風に吹かれていました。


はじめて見る東シナ海の水平線に見惚れていました。


それから、ロッテの免税店に寄って射撃場へ!


射撃は初めてじゃあないんですが、10発中7発しか当たりませんでした。


チングは上手かったですよ、10発中10発しかも、直径10センチに入っていました。


「腹、ヘッタのー!ここで食べていくけ?」


「おお!キジしゃぶって書いてるし、1回食べてみるけ。」


という事で、キジしゃぶを食べました。


淡白な味で、とても美味しかったです。


チェジュへ行くことがあれば一度食べてみてください。


そろそろ空港へ向かわないと!


空港に着いて、金さんが手続きをやってくれて、カムサハムニダ!


最後に韓国の友達に電話をいれて、カムサハムニダ!


チェジュを後にしました!


チングとの旅もこれで、終わりです。


「また行こうな!近いうちに。」


「おお!来月行こうか!」 《笑》


長い事、お付合いありがとうございました。


カムサハムニダ!  ト マンナヨ !


昨日の続きです。


朝ゆっくり寝て、ウトウトしていると、韓国の友達は朝が早いらしく、


「お腹がすいて目が覚めた。」と言ってたたき起こされました。


チングの部屋へ電話をかけて、


「朝ご飯食べに行こうか?」


「おお!腹減ったのう。」


ロビーにあるティーラウンジで朝食バイキングをやっていたので、レジのところで


「10時までです。」って言われて、時計を見ると、まだ9時40分やから大丈夫って思って


4人で入って行きました。


席について料理をとって、一皿目を食べ終わって、次に行くと料理を引いて無くなっていました。


韓国語は全くと言って良いぐらい分からず、文句の言いようも無いのですが、


自分たちに代わって、韓国の友達がおもいっきり文句を言ってくれました。


日本だと10時までなら、10時までに行けば、11時ぐらいまでは料理はさげないですよね!?


朝早くから、すっごく気分を悪くしました。


部屋に帰ってゆっくりしてから、1時ぐらいに韓国の友達が


「1回家に帰って、また4時頃迎えに来るわ」って言うもので、チングに電話を入れて


「1回帰るって言うてるから、4時までサウナに行くけ?」


「そうしょうか!」っていう事で、2人でサウナに行ってゆっくりしました。


4時に迎えに来てくれて、買い物へ出かけました。


いろんな物を買って、いったんホテルへ戻って荷物を置いてきました。


チングが、「今日、何食べる?」


「今日は海鮮にしょうや!ホテルの近くにあるし!」


「ほんだら、行こうか!」


さっそく4人で、ラマダプラザの通りへ出ました。


何軒もの海鮮屋が並んでいます。


何処が良いのか、韓国の友達に任せました。


3軒目の店の前で立ち止まり、何やら店の人と話をして、2階の座敷へ


あまりパッとした店で無いのに、なんで選んだのか聞いてみると、やっぱり凄いですね、感性が!


「他の店は水槽が表に出ていたから。」


「えっ!なんで外に出ているとアカンの?」


「水槽に雨や車のほこりが、入るからダメ!」


「なるほど!すごいなぁ!」


普通、水槽が表に出てると美味しそうに見えますよね。


選んだ店は、中にあって一見よさそうに見えなかったんで多分、


友達がいなかったらその店には入ってないですね


凄いと思いませんか?


今後、日本でも役に立つ知識をもらった気がして、感動しました。


さて料理は、海鮮鍋を注文して、ビールを3本とイカの刺身を言いました。


海鮮鍋も美味しかったですが、イカが新鮮で、ピクピク動いていました。


途中、ご飯を注文して海鮮鍋に、入れて雑炊にして食べたら最高に美味しかったです。


氷と水をいって、チングはウィスキーで自分は焼酎水割りを友達はジンロを飲んでワイワイ騒いで、


お腹いっぱい食べて本当に美味しかったです。


お勘定っていって、ビックリしました。


72000ウォン!


8000円ぐらいですよ、4人で腹いっぱい食べて!


「焼肉食べるより安いやんけ!」チングもビックリしていました。


そろそろ日も沈んで、いい感じになってきました。


むかえにチョッとしたスーパーがあるので、ホテルの部屋で一杯やるのに、つまみを買いに入りました。


夜も9時前というのに、いっぱいの人で賑わっていました。


何が美味しいのか、分からないので、友達にすべて買ってもらいました。


水やなんやかんや買って部屋に戻って、とりあえずゆっくりして


チングを誘ってバルコニーでイカ釣り船の灯りを見ながら4人で一杯やりました。


10時半頃、カジノへ行こうということになり出かけました。


カジノには韓国の人は入れないので、友達は部屋で風呂に入ったり、飲んだりしていました。


カジノへ行っていきなり、ルーレットで「33番」をスイッチで当てました。


いきなりチップがド~ン!


それからブラックジャックのテーブルへ。


チングはあまりルールが分からないらしく、いきなり凄いチップをかけて大丈夫かなぁ思ってたら、


いきなり、ウソみたいにブラックジャックがきて30000のチップが75000に!


50000が100000に!


酔うっているもんで気が大きいこと!


ビギナーズラックとでも言うのか、本当についていました。


二人合わせて、約26万円の勝ちです。


旅費やご飯代みんなタダになっちゃいました。


こんな事あるんですね!


それから部屋へ帰ってまた皆で飲みました。


午前1時頃、ベットへもぐり込んで○×○×○!


今日は長文になりましたが、お許しを!


サンキュー!

明日アップしますって言っといて、ごめんなさい。

葬式や法事やで大忙しでした。

申し訳ありません。


カラオケって言っても、日本のカラオケとは少し違っています。


曲を入れてくれるお兄さんがいて、一生懸命盛り上げてくれます。


一昔前のギャグを連発して、必死で笑わせようとしているんですが、ぜんぜん面白くない!


適度に酔いが廻ってきた頃、少し笑ってあげましたけど。


飲み放題で1人6000円は、高いように思うんですが、そんなモンでしょうか?


カラオケ屋を後にして、ホテルへ戻って、例の風呂へ入ってのんびりとしてから、


チングに電話を入れ、


「部屋で飲まへんか?」


「おお!バルコニーで一杯やるか?」


ということで、自分の部屋で飲むことになりました。


ルームサービスで生ハムサラダとチーズを注文して、ウィスキーと焼酎の水割りで乾杯!


バルコニーから龍頭岩が見えて、イカ釣船が海をネオンのように照らしています。


とてもキレイな夜でした。


ラマダプラザの裏の防波堤では、中学生くらいの男の子達が釣りをしています。


午前0:30を過ぎた頃、


「部屋帰って寝るわ!」


「明日、目が覚めるまで寝るで!」


「別に何処かに行くわけちゃうから、ゆっくりしょうや!」


「ほんだら、また明日」っていうわけでクィーンサイズのベットへ潜り込みました。


その途端、バケツをひっくりかえしたような雨です。


しばらくしてから、雨の音も気にせず、眠りに付きました。


長く楽しい1日が終わりました。


珍道中はまだまだ続きます。


サンキュー!







続・珍道中!


午後4時になったので、ロビーに降りていくと韓国の友達2人が待っていました。


チングと一緒に、ラウンジでアイスコーヒーを飲んでいると、現地添乗員が迎えにやって来ました。


友達2人は、ソウルとプサンから、わざわざ来てくれたんです。


チェジュの事も詳しいので、ホントのところ現地添乗員は必要ないのですが、


とにかく店を紹介すると、現地添乗員にバックマージンが入るということなので、


1日目だけ紹介で行くことにしました。


ウラを返せば、それだけ高いということですけど!


とりあえず、迎えの車に乗り込んで焼肉屋へ向かいました。


グランドの近くの焼肉屋で、骨付きカルピを4人前注文して、ビールを3本で乾杯!


韓国の食べ物屋さんでは、日本で言うと先付けや八寸のような感じで、


ナムル・キムチ・野菜・漬物などが、ところ狭しとテーブルに並べてくれます。


焼酎とウイスキーは持ち込んでも、いいって聞いていたので両方水割りにして飲みました。


チングはウイスキーがすきで、自分は焼酎が大好きです。(本当は酎ハイが好きなんですけど!)


友達はやっぱり、真露ですよね!


ロックで飲んでましたよ。 グイグイと!


飲むだけ飲んで、カルピスープとご飯を食べました。


スープの中にご飯を入れるのが、ツゥ らしいです。


美味しかったですよ、肉より!


焼肉は日本の方が美味しいです。(自分的には)


飲むだけ飲んで、食べるだけ食べて、いざカラオケへ!


明日またアップしま~す!


サンキュー!

昨日の続きです!


ホテルの客室に着いて、ベットでしばらく横になっていると部屋の電話が鳴り、


受話器を取ると、チングから


「4時まで時間あるし、サウナでも行こか?」


「えっ!サウナ」


「おお、インフォメーション見たら、ホテルの5階にあるで!」


「チョッと待ってや! 墨入っててもいけるか? フロントに聞くわ。」


「おお、そうやのー! 多分いけるやろ!?」


「まぁ、一回聞いてみるわ!」


「ほんだら聞いて電話くれるか? アカンかったら部屋の風呂入るわ!」


「わかった! 電話入れるわ。」っていう事で、


フロントに聞いてみたら大丈夫なので、1回6500ウォンのサウナへ行きました。


2人とも、サウナが大好きなので、2時間ぐらいアッというまに過ぎました。


帰ってきて、4時まで1時間あるので、チングの部屋で、ビールを抜いて


「とりあえず無事着いたと、いう事で乾杯しょうか。」


『乾杯!』


無茶苦茶、美味しいビールでした。


風呂上りのビールは美味しい!


   〔本当は日本のビールの方が、はるかに美味しいけど!〕


   補足しておきますが、ラマダプラザの客室の風呂は、湯船から部屋越しに、


   海が見える造りになっていて、湯船とシャワーブースが別々でとてもいいんですが、


   何しろサウナ好きなもので、サウナへ行ったという事です。


「ゆっくりできるのぉー! ホンマに癒しの旅やで!」(チング)


「ホンマやなぁ! 明日、何するかも決めんでええんやもんな!」


「ところで、今日は何食べる?」


「何でもエエけど、今日は肉にしとくけ?」


「そうやのぉー、とりあえず今日は肉でいくか!」


こんな具合で、普通の旅行じゃなく何をするのも2人しだい!


そろそろ、4時なので友達が来るはず。


珍道中は始まったばかり、これからも楽しみにしてください。


サンキュー!





関西空港を飛び立って約20分、機内食のサービスがありました。


和食のサービスです。


日本の航空会社で、1時間30分程のフライトで機内食のサービスってありましたっけ?


サービスがいいなって思いつつ、ビールのサービスがありました。


食事を済ませてしばらくすると、睡魔が!


ウトウトしてるうちに、もう着陸態勢に入っていきました。


チェジュ空港に着陸する直前、今夜の宿であるラマダプラザが見えてきました。


以前、チェジュに来たときには、まだ完成してなかったホテルです。


今から楽しみです。


アッという間に異国の地、韓国へ到着しました。


税関で並んで、やっとチェジュの土を踏みました。


あっ!そうそう何で、いつも税関の人っていうのは、無愛想なんですかね?


愛想よくすると、なめられたりするからですかねえ?


アメリカ映画なんか見ると、なんとなく陽気な感じですよね。


話はもとに戻りまして、空港からやっと外に出ると現地添乗員が出迎えてくれました。


表に出てすぐに、2人とも何をしたと思います?


そうですよ!


「金さん(添乗員)、ちょっとタバコ吸わせてや!」


2人とも日本から我慢していたので、たまらず火を付けていました。


それから、迎えのタクシーに乗り、免税店へ!


お決まりのコースですよね。


タクシーの中でもタバコを吸っていました、2人とも!


免税店の横にファミリィーマートがあったので、水とコーヒーを買って、ホテルへ。


ホテルに着くと愛想のいい従業員が、笑顔で出迎えてくれました。


回転扉を抜けて、1階からエスカレータで2階のロビーへ。


ラマダプラザは、まだ2,3年前にできたホテルということで、すっごくキレイです。


金さんが、チェックインを済ませてくれたのが午後1時ちょうどです。


「4時に友達とロビーで待ち合わせてるから、4時20分に迎えに来てくれる?食事に行くから!」と


金さんに言って客室へ!


まだまだ続きます。


今日はこの辺で、失礼します。   サンキュー!